飲食店スタッフを即戦力に!スタッフ教育のコツやポイントは? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.7

4 views

飲食店スタッフを即戦力に!スタッフ教育のコツやポイントは?

飲食店スタッフを即戦力に!スタッフ教育のコツやポイントは?

飲食店スタッフは正社員でもアルバイト・パートでも、お客さんからしたら同じ従業員としての対応が求められます。
時勢によって変化しますが、飲食業界は慢性的な人手不足に陥っており、現場においてスタッフ教育は急務と考えられています。

この記事では、飲食店スタッフを即戦力に育てるためのコツ・ポイントについてご紹介していきたいと思います。
これから開業される方から、すでに飲食店経営されている方まで必見な情報ですので、最後までご覧ください。

マニュアルを分かりやすくする

文字だけのマニュアルだと解釈が違ったり、理解に差が生まれることがあります。
特に飲食店スタッフは年齢層や国籍が多様化しているので、より感覚的に分かりやすいマニュアルが必要となるでしょう。

しかし、個人店ではマニュアルは用意しておらずその都度言葉で教えるだけ、というスタイルのところもあるかもしれません。
臨機応変さを身に着けるためには基礎的な技術が必要ですので、最低限でもよいのでマニュアルを作成するとよいでしょう。

その際には、写真やイラストもいれて分かりやすくすることも大事です。
また、実際の作業を動画にとって一連の流れを見せると、新人スタッフも実際の業務が想像しやすくなるでしょう。

ただ教えるだけではなく実行と評価をセットにする

スタッフを育成するためには、ただ知識を教えるだけではなく実際に試して評価するといったサイクルが必要です。

例としては、
1.その日の目標を決めておく(作業・勉強の内容)
教育の進行度を確認し、その日行う作業内容を決めます。
アルバイトなど週に出勤する日数が少ない場合は、覚えてもらう作業内容に優先順位を付けてください。

その日に出勤するスタッフにも「新人の〇〇さんにこれをやってもらう」と情報を共有しておくことも忘れないでおきましょう。

というのも、例えば仕込みを教える予定だったのに他の人が済ませてしまった。となると、プランの順序がごちゃごちゃになってしまうからです。

飲食店のキッチンやバックヤードにはノートやホワイトボードなど、その日の予定を共有するものがあると思うので、それらも活用してみてください。

2.指示する(分かりやすく的確に)
自分が教える場合も他のスタッフに任せる場合も、指示内容を分かりやすく的確に言うようにしてください。
自分の中では当然のことでも、相手にとっては知らないことばかりということもあるので、かみ砕いて説明するよう心がけていきましょう。

3.ロールプレイング
説明が終わったら、次はロールプレイングを行いましょう。

4.評価
終わったら、その日の評価を伝えます。

できないからといって頭ごなしに怒るのではなく、良かった部分と改善すべき点を分かりやすく伝えるよう心がけてください。
これは若い世代は怒られ慣れてないから優しくというよりも、効率的に育成するために必要なステップです。

上記の1~4の流れを、研修期間中は繰り返します。
教育内容が重複しないよう、チェックシートを用意するところも多いです。
もちろんお店のルールがあれば、この通りでなくても問題ありません。

評価制度や面談の時間を設ける

仕事に慣れてきてダレるのを防ぐためにも、定期的に面談の時間を設けることをおすすめします。
人間関係や私生活とのバランスなど、普段は中々言いにくいことも聞くことが大事です。

大手チェーン店ではよく行われているのですが、半年に1回ほど普段の勤務態度や技術向上を鑑みた評価制度を設けるのもよいでしょう。
10円でも時給が上がって普段の仕事ぶりが評価されれば、モチベーションアップにもつながります。

評価方法として
・接客や調理といった項目ごとの成績順位
・理想となるスタッフと比較する相対評価
・本人と店長がそれぞれチェックシートを利用する

といったものがあります。

まとめ:飲食店スタッフを即戦力に!スタッフ教育のコツやポイントは?

飲食店は作業量が多いため、効率よく教育するのが難しいかもしれません。
実際お店によっても教え方が異なることもあります。ただ、どのお店でもスタッフ教育は順序だてて何度も確認することが基本となります。

本記事でご紹介したポイントを参考に、スタッフの教育を進めてみてください。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています