飲食店の人材確保を成功させるためにはどうすればよいのか? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.9.3

42 views

飲食店の人材確保を成功させるためにはどうすればよいのか?

飲食店の人材確保を成功させるためにはどうすればよいのか?

飲食店にとって人材は非常に大切な存在であり、優れた人材がなくては顧客に十分なサービスを提供することは難しいでしょう。
しかし、現在飲食業界では、求人に対して人材が不足しています。

人材を獲得するのは簡単なことではなく、ただ求人募集をすれば良いわけではないのです。
特に開業前の人材確保は、今後の店舗運営を左右する重要事項であると言えます。

そこで今回は、飲食店の人材確保を成功させるためにどうすればよいのか?を解説していきます。

飲食業界の人材確保が難しい理由

実際に約8割の飲食店では人手不足・人材不足(非正社員)に頭を悩ませており、中には人手不足を理由に閉店してしまう店舗もあるほどです。

参考:https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p190207.html

では、なぜ飲食業界の人材確保は困難なのでしょうか?その理由を調べました。

飲食業界は非正規雇用者が多い

飲食店で働いている従業員のうち、アルバイト・パートなどの非正規雇用者は全体の過半数を占めていると言われています。

長期就労を前提としない雇用形態なので、どうしても正規雇用のように長期的な就労は期待できない場合が多いでしょう。

過剰なサービスを求められる

顧客満足度を上げるために、給与に見合わないような過剰なサービス提供を求められるケースもあります。
日本の飲食店は接客レベルが高いと言われていますが、顧客が多くを求め過ぎる結果、従業員を疲弊させているのかもしれません。

人手不足による過剰労働

一度店舗が人手不足に陥ると、残った従業員の一人あたりの業務量が増えてしまい、体力的にも精神的にも大きな負担になるでしょう。
こうして人手不足は悪循環を繰り返すのです。

開業時の人材採用について

実際に店舗を開業する際には、どのような方法で人材を集めれば良いのでしょうか?具体的な人材確保の手順と方法を詳しくご紹介しましょう。

人材の必要人数と人件費を考える

店舗の広さや客席の数はもちろん、オープンキッチンかクローズキッチンかなど、店舗のレイアウトによっても必要な従業員の数が変わります。
時間帯によって変動する来客の数にも影響されるため、必要な人員を把握する目的で仮のシフト表を作成してみると良いでしょう。

時間帯によってキッチン・ホールだけでなく、可能であればポジションごとの必要人数を想定すれば、必要な従業員数・各従業員の労働時間目安・人件費が見えてきます。
予定している人件費を上回ってしまうのであれば、客席数を減らすなども検討しなくてはいけません。

開業前の人材採用の開始時期

正社員の求人募集は開業の3ヶ月程度前、アルバイトやパートの場合は開業の1ヶ月程度前を目安に進めると良いでしょう。
どちらの勤務形態でも、勤務開始日の目安を必ず掲載するようにしましょう。

人材募集の方法を考える

人材募集をかけるにはいくつもの選択肢があります。その募集方法ごとの特徴をご紹介します。
自分たちの求める人材が獲得しやすい募集方法を選ぶことが、人材確保成功の近道です。

人材紹介サービス

実力のある人材が採用できる可能性が高いのですが、紹介料が高額であるというデメリットがあります。

人材派遣サービス

期間を限定して優れた人材がほしい時に便利なサービスとして、人材派遣サービスがあります。
人件費は割高になりますが、開店時のみ経験豊富な人材に他の従業員の指導を依頼するというのも良いでしょう。

求人サイトや求人誌

求人サイトや求人誌で人材を募集するという方法もあります。
求人サイトであれば、インターネットを利用するため、全国あらゆるユーザーにリーチできる可能性を持ち、求人誌であれば、特定の地域に特化して求人募集を行えるという特徴があります。

料金に関しては、掲載期間や掲載する媒体など、利用するサービスによって料金がそれぞれ大きく異なります。

ハローワーク(公共職業安定所)

無料で使えるというメリットがありますが、多くの求人募集に埋もれてしまう可能性があり、地域や時期によっては人材の年齢層が高くなる傾向があります。

店舗の店頭やHPに求人募集を出す

HPを作成していれば、HPで求人募集を出しましょう。ただし、多くの人の目に止まるのは難しいという問題もあります。
また、開業前の店舗に求人募集の張り紙をするのも、近隣から従業員を募集するのに効果的です。

求人広告掲載時のポイント

求人広告を掲載する時に、同じ内容でも書き方によって応募してもらえるかどうかが変わります。ただ条件を提示するだけではいけません。

キャッチコピーにこだわり、店舗の魅力も伝えましょう。重要なアピールポイント「土日のみOK!」「まかない無料!」「交通費支給」なども目立つように記載してください。
その他にも店舗に勤めることで収入を得る以外のプラスαの魅力があれば、他の求人募集との差別化ができます。

例えば「一から接客の基礎が学べます!」「ワインの知識も身につきます」などです。
多くの求人情報の中に埋もれないような工夫をしましょう。

応募者には丁寧に接する

応募者側も自分が働くお店を選びに来ています。お客様と同じように対応しましょう。
条件が合わず採用に至らなかったとしても、応募者が顧客に変わることもありますし、丁寧な対応をして悪いことは何一つありません。

例え忙しい時間に求人募集への問い合わせが入ってしまっても、可能な限りしっかりとした対応をしてください。

面接での注意点とポイント

応募があれば面接を行いますが、面接ではどのような部分に注意して応募者の人柄を見れば良いのでしょうか?以下でそのポイントを解説します。
社員の採用面接には、この他にも将来の展望や仕事への考え方など詳細な情報を確認しましょう。

言葉遣い・態度・清潔感

飲食店は接客業なので、正しい言葉遣い・好印象を受ける態度・清潔感は欠かせません。

本人の希望条件と環境

週何回(何曜)勤務・勤務可能な時間帯などの他に、応募者が学生であればテスト期間の対応も考えます。
また、応募者の住まいからの通勤時間・交通費も考慮しましょう。

人材を確保するポイント

人材確保の流れをご紹介しましたが、最初にお伝えした通り、飲食業界は人材よりも求人募集の方があふれてしまっている状態です。
そのような状況の中で、多くの人材を確保するためのポイントをご紹介しましょう。

気軽に応募ができるようにする

多くの求人募集で面接時に必要と記載されている履歴書を不要にすれば、応募のハードルが下がります。
面接時に最低限必要な情報を記入してもらう書式を準備すれば、履歴書にこだわる必要はないのです。

迅速な対応をする

多くの応募者は、複数店舗に同時に応募している場合があります。そのため、優れた人材であればあるほど迅速に対応しなければ他店舗に流れてしまうでしょう。

応募から面接までの日程、面接から採用までの日程は最短にするよう努力してください。

まとめ:飲食店の人材確保を成功させるためにはどうすればよいのか?

飲食店の人材不足は非常に深刻な問題です。この状況下でも必要な人材を確保するための方法をお伝えいたしました。

お店の顔とも言える従業員の獲得には、開業時に何よりも力を入れるべき事項と言えますね。
優れた人材を確保するために、ただ求人情報を掲載するだけでなく工夫を凝らした募集を心がけましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています