人材を確保したい・・・人材採用戦略のポイントについて解説! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.9.9

41 views

人材を確保したい・・・人材採用戦略のポイントについて解説!

人材を確保したい・・・人材採用戦略のポイントについて解説!

事業を進める上で、人材の確保は大きなポイントです。事業が成功するかどうかは、事業者の希望に沿った人材を確保できるかどうかにかかっており、よい人材を採用するためには、経営者として考えておくべきことがあります。

そこでこのページでは、人材採用戦略のポイントを解説します。

よい人材を得るためにするべきこと

やみくもに求人をかけてもよい人材は得られません。
採用戦略をたて、順を追って準備していくことで本当に必要な人材を確保することができます。
必要な人材を確保するための採用戦略の考え方と、具体的な戦略についてみていきます。

会社の方針決定と欲しい人材像の明確化

会社が採用するべきは、自社にとってよい人材です。
総合的に優れている人であれば望ましいですが、何もかもが優れた人間はいません。
また、どんなに優れたスキルを持った人材であっても、事業所でそれを必要としないのであれば、必須の人材とは言えないでしょう。

たくさんの人材をとりあえず採用するというスタイルの事業所以外は、厳選して採用することになります。
具体的にどのような人物を採用したいのかを考えなければなりません。

そのために、まずは現在の自社の状況について知ることが大切です。
その上で、これから会社が目指すべき方向に必要なスキルと性質が何であるかをしっかりと見定める必要があります。
するとそこにあてはまる人物像は自然に導き出されてくるでしょう。

同時に、今の会社が採用するべきなのは新卒者なのか、それとも即戦力となる中途採用者なのか、またその両方を採用するのかについても熟考する必要があります。

採用しようとする人物の行動把握

採用したい人物像が決まったら、その人材を確保するために彼らの行動と、とりまく環境を知る必要があります。

新卒者を採用するのであれば、学生は大学3年生の半ばくらいから就職について意識し始めますので、それに合わせて採用説明会などを開催します。

競合の多い業種であったり、規模や知名度がまだそれほどではない会社であれば、大学4年生の後半にさしかかった学生も狙い目です。
公務員希望や大学院進学希望から方向転換をする学生や、留学等で就職活動に出遅れた学生が就職活動を行う時期ですので、スキルの高い学生に出会える可能性があります。

中途採用は基本的に一年を通して行いますが、賞与の時期は求職者は少ない傾向。年度替わりの時期などに求職者が増えます。
求職者の行動や状況を的確に把握して、タイミングよくアプローチすることでよい人材が確保できるでしょう。

求人では、会社の魅力を的確に伝える

人材募集を実施する場合、就職情報を掲載しているWEBや紙媒体を使ったり、ハローワークや民間の人材紹介業者の利用、学校への直接求人や、最近ではSNSを利用することも珍しくありません。

いずれの方法にしても、求人段階で会社の魅力や仕事内容が求職者にしっかり伝わらなければ、求める人材は集まってきません。

まずは労働環境について競合と比較し、自社が勝っている点と追いついていない点をみつけましょう。
比較点は、給与、休日、残業、年齢構成、福利厚生など。アピールできるところをしっかり見せ、同時に他よりも頑張ってもらうことがあるなら、それも見せておきましょう。

仕事内容についても、できるだけわかりやすく表記することで、求める人材が集まりやすくなります。
自社の強みと弱みの両方が分かる求人にすることで、ミスマッチ採用を防ぐことができます。

まとめ:人材を確保したい・・・人材採用戦略のポイントについて解説!

会社の繁栄のために人材の確保は不可欠です。よい人材に長く働いてもらうためには、最初の採用が肝心となります。

会社にとってよい人材を得るためには、まず会社の方向性が定まっていること。自社の強みと今後、補完すべき点を理解することが最も大切です。
それらを知ることで、会社のカラーに合った必要な人材が明確になり、的確に採用することができるでしょう。
人材採用戦略をしっかりと立て、未来につながるよい人材を確保しましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています