店内BGMの重要性・効果解説と店舗向け音楽配信サービスの選び方 – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2024.6.30

2024.7.1

21 views

店内BGMの重要性・効果解説と店舗向け音楽配信サービスの選び方

店内BGMの重要性・効果解説と店舗向け音楽配信サービスの選び方

店内BGM(バックグラウンドミュージック)は、飲食店や店舗の雰囲気を形成し、顧客の体験を向上させ購買意欲を高める重要な要素です。

そのため店舗の雰囲気やコンセプト、ターゲット顧客の年齢、性別、趣味嗜好を考慮して音楽を選ぶ必要性があります。

またブランドイメージを強化する役割、顧客滞在時間の延長など、店舗でかけるBGMには数多くの効果があります。

しかし商用利用となるため著作権問題などクリアしなくてはならないこともあります。

そこで、店内BGMの法的注意点を理解し、店内BGMとして使用できる著作権フリーの音楽や店舗用BGMサービスを活用する方法を紹介します。

 

この記事では以下のことがわかります。

・店内BGMの基礎知識

・店内で音楽を流す際の法的注意点

・合法的に店内BGMを使用する方法

・おすすめの店内BGMサービス

・店内BGM利用の成功事例

最後まで読んで店内BGMサービスをスムーズに導入し、店内BGMを通じて店舗運営を効率化しましょう。

店内BGMの基礎知識

店内BGMは、アプリや有線放送を利用して設定することができます。適切なBGMを選ぶことで、お客様の購買意欲を高め、滞在時間を延ばすことができます。

おすすめのBGMを選ぶ際には、店舗の雰囲気やブランドイメージを考慮することが重要です。

また、JASRAC(ジャスラック)などの著作権管理団体と問題が発生しないように、適切な手続きを行うことも忘れずに。

BGMは顧客の感情や行動に大きな影響を与えるため、選曲には慎重さが求められます。例えば、カフェではリラックスできる音楽、アパレルショップではトレンド感のある音楽を選ぶことで、店舗のコンセプトを明確に伝えることができます。

さらに、BGMは従業員のモチベーションにも影響を与えるため、従業員が働きやすい環境を作るための選曲も重要です。

業務効率の向上なども望めます。

店内で音楽を流す際の法的注意点

著作権の基本知識と店舗での音楽利用

店舗で音楽を流す際には、著作権に関する基本的な知識が不可欠です。

著作権とは、創作物に対して作者が持つ独占的な権利を指し、音楽もその対象に含まれます。商業施設や店舗で音楽を使用する場合、JASRAC(ジャスラック)などの著作権管理団体や著作権者から使用許諾を得る必要があります。許諾を得ずに音楽を流すと、法的なトラブルや罰則の対象となることがあります。例えばYoutubeなどで「フリー」と書かれているものでも、提供元が著作権違反を起こしている場合などもあるため注意が必要です。またYoutubeには業種別のおすすめBGMなどがアップされていますが、フリーで使用できるのか必ず利用規約を確認するようにしましょう。

著作権法では、音楽の公衆送信や演奏に対しても著作権が及びますので、適切な手続きを踏むことが重要です。店舗での音楽利用は、顧客の満足度や購買意欲を高めるためにも有効ですが、法的なリスクを避けるためには基本的な著作権知識を持っておくことが必要です。

例えば、USEN MUSICなどのサービスを利用することで、適切な契約を結び、合法的にBGMを提供することができます。また、音楽アプリのおすすめも参考にすることで、店舗の雰囲気に合った音楽選びが可能です。

違法使用時のリスクと罰則

アプリや有線放送で音楽を利用する際、違法に音楽を使用することは非常に危険です。

店舗運営者は、まず著作権法違反として民事責任が問われ、高額な損害賠償を求められる可能性があります。特にJASRACなどの著作権管理団体から警告や法的措置が取られることもあります。

さらに、刑事責任が問われる場合もあり、罰金や懲役刑が科されることがあります。違法使用が発覚すると、店舗の信用が失われ、顧客離れが進むリスクが高まります。結果として、売上の低下や経営の悪化が避けられません。

短期的なコスト削減を目指して違法に音楽を使用することは、バレなければ大丈夫だと思っている人もいるかもしれませんが、長期的には大きなリスクを伴います。合法的な方法で音楽を利用することが、店舗運営には欠かせません。

合法的に店内BGMを使用する方法

著作権フリーの音楽サービスの利用

ここでの著作権フリーの音楽サービスとは、プロの音楽家や作曲家ながそのサービス向けにオリジナルで作成した楽曲を提供しているものを指します。

著作権フリーの音楽サービスの利用により、店舗運営者はJASRACなどの著作権管理団体への手続きを気にせず、安心してBGMを提供できます。これらのサービスは有名曲などは流すことができませんが、プロの音楽家や作曲家が制作した高品質な楽曲を提供し、ジャンルやムードに合わせた多様な選曲が可能です。

商業利用においても追加の許可や料金が不要なため、コスト削減にも寄与します。一部のサービスは専用アプリやプレイリスト機能を提供し、簡単にBGMを管理できます。適切なサービスを選ぶことで、店舗の雰囲気を向上させ、顧客満足度も高まるでしょう。

ただし著作権フリーの音楽サービスは月額費用が発生するものがほとんどです。完全無料で店舗に音楽を流したい場合は著作権フリーの楽曲を探すなどの手間が発生します。

 

店舗用BGMサービスの活用

店舗用BGMサービスとは、JASRACなどの著作権管理団体との権利問題がクリアされたものを含め、多彩な楽曲を提供しているサービスを指します。

店舗用BGMサービスの活用は、店舗の雰囲気を劇的に向上させ、顧客体験を豊かにするための重要な手段です。これらのサービスを利用することで、店舗オーナーは手間をかけずにプロフェッショナルな音楽プログラムを提供でき、著作権に関する心配も軽減されます。

例えば、JASRACへの申請が不要なUSEN MUSICや、便利なアプリを利用することで、手軽にBGMを管理できます。

さらに、季節やイベントに応じたカスタマイズが可能で、顧客に常に新鮮な体験を提供することができます。

また、適切なBGMは顧客の滞在時間を延ばし、購買意欲を高める効果も期待できます。店舗用BGMサービスの多くは、おすすめのアプリを使って簡単な操作で導入でき、コストパフォーマンスも優れています。これにより、どの規模の店舗でも手軽に利用できる点が魅力です。店内の音楽が顧客に与える影響は大きく、適切なBGM選びは店舗運営において重要な要素となります。

おすすめの店内BGMサービス

各サービスの特徴と選び方

近年、さまざまな有料BGMサービスが登場し、音楽利用の選択肢が広がっています。特に株式会社USENのサービスは長年にわたり多くのユーザーに支持されており、「USEN MUSIC」「OTORAKU」が特に人気のサービスとなっています。

そのほかにも「モンスター・チャンネル」など有料BGMサービスは多数存在します。

それぞれのサービスでチェックすべき特徴は以下の通りです。

・チャンネル数は多いか

・楽曲数は多いか

・利用したいジャンルはあるか

・アーティスト本人の楽曲が流せるか

・アプリは使いやすいか

・サポートはしっかりしているか

・月額

・初期費用

 

上記を踏まえて特におすすめなのが「USEN MUSIC」です。特筆すべき点はJASRACとの契約がしっかりとしており、ヒットチャートや有名曲を流すことができるため、制約を感じずに安心して利用できる点が特徴です。豊富なチャンネルと機能、専用タブレットの快適な使い心地、24時間体制のサポートなどにより、店舗BGMサービスで圧倒的なシェアを誇ります。

 

人気のBGMサービス一覧

アプリを活用したBGMサービスは、店舗の雰囲気を大きく左右する重要な要素です。ここでは、現在人気のあるBGMサービスをいくつか紹介します。これらのサービスは

・USEN MUSIC

・USEN MUSIC Entertainment

・OTORAKU

・モンスターチャンネル

・スターデジオAir

・スターデジオ光

・NASH MUSIC CHANNEL

・Simple BGM

・らくネット

 

株式会社USENが提供するサービス「USEN MUSIC」「USEN MUSICEntertainment」「OTORAKU」は、JASRACとの連携もあり、長年の実績があるため、様々な業種に対応したプログラムが充実しています。豊富な楽曲ライブラリを持ち、ジャンルやシーンに応じた選曲が可能で、店舗BGMに最適です。また、USENのサービスで利用できるラジオ放送「radiko」も、多様な店内放送を楽しむ手段として人気があります。

「モンスター・チャンネル」は、手頃な価格で高品質な音楽を提供し、小規模店舗に特におすすめです。

これらのサービスを活用することで、顧客満足度の向上とリピーターの増加を期待できます。

店内BGM利用の成功事例

実際の店舗での導入例

近年、店内のBGMとして音楽アプリや有料音楽配信サービス、ラジオを利用する店舗が増えています。

例えば、カフェではリラックスした雰囲気を演出するために、落ち着いたジャズやアコースティックの音楽が流されています。これにより、心地よい空間が作られ顧客は長時間滞在しやすくなり、結果として注文数が増加しています。

また、ファッションブティックでは、最新のポップソングやトレンディな音楽を流すことで、店内の雰囲気が活気づき、商品の購買意欲を刺激しています。

さらに、レストランでは、料理のジャンルに合わせた音楽を選び、食事の体験を一層豊かにする工夫がされています。例えば、イタリアンレストランではイタリアの伝統音楽を、和食店では和楽器演奏の和風のBGMを流すことで、顧客は食事をより楽しむことができ、リピーターも増えています。

以上のように、適切なBGMの選定と導入は、店舗の魅力を高め、経営面でも多大なメリットをもたらします。

まとめ:店内BGMの重要性・効果解説と店舗向け音楽配信サービスの選び方

店内BGMは単なるバックグラウンドミュージック以上の役割を果たします。

適切なBGMは顧客の滞在時間を延ばし、購買意欲を高める効果があります。

例えば、リラックスした雰囲気を作り出すことで、顧客がゆっくりと商品を見て回ることができ、結果として売上が増加することが期待できます。

さらに、店内BGMはブランドイメージの強化にも寄与します。特定の音楽スタイルを使用することで、店舗の雰囲気やコンセプトを強調し、顧客に一貫したブランド体験を提供します。

店舗向け音楽配信サービスを選ぶ際には、法的な問題をクリアしているか、豊富な楽曲ライブラリがあるか、簡単に操作できるかなどを確認することが重要です。また、定期的にプレイリストを更新できるサービスや、カスタマイズ可能なオプションがあるサービスを選ぶと、常に新鮮な音楽体験を提供できます。

最後に、コストパフォーマンスも重要な要素です。予算に応じた最適なサービスを選び、効果的に店内BGMを活用しましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています