飲食店などの人材採用・スタッフ雇用時に注意すべきポイントとは? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.9.7

39 views

飲食店などの人材採用・スタッフ雇用時に注意すべきポイントとは?

飲食店などの人材採用・スタッフ雇用時に注意すべきポイントとは?

店舗のイメージはそこで働くスタッフによって作られると言っても過言ではないほど、飲食店にとって従業員は大切な役割です。

特に、開業前の人材採用は今後の運営を左右する重要事項だと考えなくてはいけません。
この記事では、人材を採用するために事前に考えるべきポイントや注意点をまとめました。

人材採用をする前のポイント

まず、人材募集を始める前にしておくべきことのポイントをご紹介します。できる限り応募を募る前に準備しておきましょう。

欲しい人材・採用人数を明確にする

店舗によってスタッフに求める人物像は違います。どのような人材を必要としているのか?またその人数もしっかりと考えておきましょう。

採用担当者が複数いる場合は、採用基準にズレが発生しないように気をつけます。

店舗のエリア内の競合の採用条件を調査する

人材不足が問題視されている飲食業界なので、多くの店舗が人材を募集しています。
可能であれば同じエリア内の競合店舗の求人を確認し、給与や待遇を調査しておきましょう。

同等以上の採用条件を用意しなければ、人材確保が難しくなります。

面接の準備をする

アルバイトやパートの場合は一度の面接で採用の有無を判断することが一般的なので、短い時間で相手の人柄や仕事への適性を見抜かなければいけません。

そのため、質問内容を事前に決めておくと良いでしょう。

採用後の予定なども準備しておく

採用が決まったとしても、あまりに時間が空いてしまうと別の店舗に人材が流れてしまうこともあります。

採用後は可能な限り迅速にトレーニングに入ってもらいましょう。マニュアルは事前に用意しておくのがおすすめです。

人材採用時に注意すること

ここからは、求人募集をして応募をもらった後に注意するべきことを解説していきます。
採用後のトラブルを防ぐために重要なことなので、忘れないようにしましょう。

労働条件の提示と確認

労働条件とは給与・勤務時間・福利厚生などのことですが、業務内容についても採用前に可能な限り細かな説明をしましょう。
就業規則を提示し、解雇を含めた退職時の規定もしっかり伝えます。

後々「聞いていた内容と違う」という問題を未然に防ぐことも可能ですし、就業規則の提示があるかどうかで採用後に発生するトラブルを回避できることもあるでしょう。

長期的な在籍が期待できるかを考える

採用後にすぐ退職されてしまうのは、店舗にとって大きな損失になります。そのため、すぐに辞めてしまいそうな人の採用は極力避けなくてはいけません。

過去の職歴の在籍期間が短い

経歴を見て、頻繁に仕事を変えている方には注意が必要です。
辞め癖があるなど、1ヶ所に長く勤めることを苦手としている可能性があるためです。

経歴が店舗に不釣り合いなほど良い

経歴が素晴らしいことは良いのですが、自分の店舗に不釣り合いなほどの実績や経験を持っている方にも注意を向けましょう。

経歴以外に何かの問題を抱えている場合もありますし、自分の経験が豊富なだけに店舗の方針に従えるのか不安点が残ります。

まとめ:飲食店などの人材採用・スタッフ雇用時に注意すべきポイントとは?

今回は、飲食店などで人材採用をする時の注意点やポイントをご紹介いたしました。

どの内容も難しいことではないと感じられたと思いますが、意識せずに確認が漏れてしまうと採用後にトラブルになってしまうことがあります。

人材の募集・採用にはコストも手間もかかりますので、無駄のないようにしっかりとした対応を心がけましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています