飲食店でフランチャイズは多種多様?様々なフランチャイズの形態をご紹介! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.10

10 views

飲食店でフランチャイズは多種多様?様々なフランチャイズの形態をご紹介!

飲食店でフランチャイズは多種多様?様々なフランチャイズの形態をご紹介!

フランチャイズの意味は多くの方がご存知だと思いますが、想像以上に様々な形態があり奥が深いものです。
中には、知らないフランチャイズの形態もあることでしょう。

このページでは、様々なフランチャイズの形態についてご説明していきます。

フランチャイズとは?形態と仕組みについて

フランチャイズとは、加盟する法人または本部からすでに確立されたサービスや商品を販売する権利を付与され、それをもとに展開する店舗経営のことを指します。

加盟したフランチャイズは、法人や本部に対してロイヤリティと呼ばれる加盟料を支払う必要があります。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズの本質は、加盟する店舗と本部の契約関係にあります。
雇用される側と雇用する側という契約関係ではなく、あくまでも「共同事業者」という関係になるのです。

本部はフランチャイズ店舗を利用して店舗数を増やし、フランチャイジー(加盟者)は創業のリスクをフランチャイズ加盟によって減らしつつ、本部からのサポートを得ることで効率的に事業運営を行うことができます。

フランチャイズの区分け

フランチャイズと一口に言っても、フランチャイズ契約ライセンス契約と言われる区分けがあります。
このライセンス契約も、フランチャイズの1種と言えます。

ライセンス契約はフランチャイズとは異なり、販売並びに店舗名を使用する使用料を支払うイメージです。
フランチャイズとは異なり経営に関するノウハウの伝授や指導がない代わりに、本部に支払うライセンス料はフランチャイズに比べると安価となっています。

飲食店におけるフランチャイズの種類

飲食店フランチャイズと言っても様々な業態があります。ここでは、代表的な飲食フランチャイズの業態についてご紹介します。

弁当屋

高齢化や共働き世帯の増加に伴って、弁当屋の需要は日々高まっています。
材料や調理方法は本部から提供される場合が多く、調理器具なども借り受けることが可能です。

食パン屋

TV等メディアでも取り上げられることが多い業態です。
食パンブームが起きていることも後押しして、フランチャイズも増加傾向にあります。

店舗の形態は経営者に任せられる場合も多く、カフェのようなスタイルやパン屋のような売り切りの店舗も多くあります。

ラーメン屋

最後はラーメン屋です。チェーン展開しているラーメン屋は直営ではなくフランチャイズが多くあります。

基本的にはセントラルと呼ばれる工場から食材の提供を受けますが、自店舗で調理をすべて行う場合もあります。

飲食店フランチャイズのメリット

飲食店フランチャイズの仕組みや種類について解説したところで、加入するメリットを確認していきましょう。

独自で起業するよりもリスクが低い

機材の借り受けや、経営ノウハウを提供してもらうことでリスクを抑えることができます。
起業資金もある程度抑えることができるため、独自で開業する場合よりもハードルが下がるでしょう。

加盟したフランチャイズの本部のブランド力を使うことができる

フランチャイズでは、知名度を借りることができるのもメリットです。
起業した場合は知名度が上がるまで集客に苦労する場合が多いですが、フランチャイズでは知名度がある本部のブランド力を使うことができます。

安定した商品や資材の提供を受けることが可能

本部からの機材、例えばレジや調理器具等の提供を受けることができます。また、食材についても安定的な提供を受けることができるため、安心感が高いです。

飲食店フランチャイズのデメリット

飲食店フランチャイズはメリットも多いですが、デメリットもあります。お店を出す前に、以下のポイントを確認しておきましょう。

ロイヤリティを支払う必要がある

前述のようにフランチャイズではロイヤリティと呼ばれる加盟金を支払う必要があり、経営が厳しい時には資金を圧迫します。
また、ロイヤリティが高額な場合もあるため注意が必要です。

本部の意向に従う必要があるため、自由度が低いことがある

本部の経営方針、営業方針に従う必要があるため、思い通りの店舗運営ができない場合があります。
売上や利益率も指示を受けることがあるため、雇われ経営者の様になってしまう可能性も否定できません。

本部のブランド力に影響が出ると自店舗にも影響する

本部のブランドに傷がつくような出来事が起こると、自店舗の経営にも大きな影響を受けてしまいます。
最悪の場合、本部が倒産してしまうとフランチャイズ店舗も閉めざるを得ない状況に陥る可能性もあります。

まとめ:飲食店でフランチャイズは多種多様?様々なフランチャイズの形態をご紹介!

今回は、よく耳にするフランチャイズの種類や業態についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

「独立して自分で稼いでみたい」という方は多くいらっしゃるかと思いますが、フランチャイズであれば独立までのハードルが下がるので、ぜひ参考にしてみてください。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています