独立できる仕事・独立しやすい仕事はどのようなものがある? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.10.8

2021.11.2

52 views

独立できる仕事・独立しやすい仕事はどのようなものがある?

独立できる仕事・独立しやすい仕事はどのようなものがある?

いずれ起業がしたいと考えていても、独立するためには何を仕事にするべきなのか悩んでしまいますよね。

実際に、仕事の内容によっては独立に向き不向きがあり、自分で独立が難しい仕事を選んでしまうと、希望の実現は難しいものになってしまいます。

では、どのような仕事が独立に向いているのでしょうか?この記事では独立しやすい仕事の紹介と、そのポイントをお伝えします。

独立しやすい仕事

インターネットの普及が進んでいる現在では、多くの仕事で独立が可能です。
まずは、独立がしやすい仕事を見ていきましょう。

クラウドソーシングを利用した仕事

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したいクライアント側と、仕事がしたい人を結びつける役割を持っています。

通常独立後は顧客を獲得することが一番の課題になりますが、クラウドソーシングを取り入れれば、宣伝費用をかけずに仕事を手に入れられますね。

取り扱われている業務は多岐に渡るので、自分の得意分野や挑戦したい分野が見つかるでしょう。

【クラウドソーシングにて取り扱われる仕事例】
・Webライター
・編集者
・Webデザイナー
・イラストレーター
・プログラマー
・カメラマン

アフィリエイト

自分でホームページを立ち上げ記事を書き、記事内のリンクをクリックしてもらう・商品を購入してもらうことで収益を得る方法です

収益を上げるためには魅力的な記事を多く量産しなくてはいけませんが、一攫千金も夢ではないと言われています。

また、商材は豊富にあるので、現在働いている業種もしくは近しい商材を選べば、どのような仕事であっても記事に反映できるでしょう。

ネットショップ運営

ネットショップの運営は、実店舗を持たないので初期費用と運転資金を大幅に節約しながら、自分の好きなものを販売できます

成功するためには、時代の流れを読んで売れる商材を見極める能力が必要でしょう。
また、ハンドメイド商品を販売するという手段もあります。

コンサルタント・カウンセラー

何かのスキルに秀でているのであれば、コンサルタントやカウンセリングを提供するという方法もあります。
ただ、能力があれば良いというだけでなく、自分自身を魅力的に発信する能力も求められますね。

独立しやすい仕事のポイント

さきほど紹介させていただいたものは、独立しやすい仕事のほんの一部です。
自分がやりたいと思っていることが、独立しやすい仕事かどうかを見極めるためのポイントを説明します。

初期費用が抑えられる・運転費用が少ない

まず、低予算で起業できることが独立のハードルを大きく下げます
独立後はすぐに収益を得られない場合もありますので、運転費用も少ない方が良いでしょう。

ネットショップ運営の場合も、可能な限り始めから多くの在庫を抱えることは避けましょう。

賃料を必要としない

実店舗・倉庫・事務所など、実際に場所を確保しなくては始められない仕事は、賃料が負担となります。

どうしても実店舗での販売を行いたいなどの強い希望がない場合は、できるだけ賃料の発生しない方法で独立を考えると良いです。
自宅で開業できる整体やサロンも、独立しやすいと言えるでしょう。

長期的な需要が期待できる

短期的ではなく長期的に需要が期待でき、供給が間に合っていない、または自分にしかできないようなサービスがある仕事は独立しやすいと言えます。

逆に言えば、どんなに独立しやすい仕事でも需要がなくては経営が成り立ちません

まとめ:独立できる仕事・独立しやすい仕事はどのようなものがある?

いつか独立したいけれど、その仕事内容を決めていないという方のために、独立しやすい仕事をまとめました

何をしたら独立が叶うのか分からないという場合は、ぜひ参考にしてくださいね。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています