週末起業とは?リスクの少ない起業のアイデアについて – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.10.9

22 views

週末起業とは?リスクの少ない起業のアイデアについて

週末起業とは?リスクの少ない起業のアイデアについて

最近は副業を許可する企業が増えていることから、現在週末起業を検討している方もいるのではないでしょうか。

しかし、あまりに多くの情報があふれているため、まず何から始めたら良いのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。

この記事では週末起業についての基礎知識と、成功のためのアイデア を紹介したいと思います。
週末起業に興味がある方も、すでに行動に移そうと決めている方も、ぜひ参考にしてください

週末起業についての基礎知識

週末起業とは、空いた時間を利用して副業を始め起業することを言います。
「週末」というのは空き時間の意味であり、週末だけでなく平日の夜間帯も合わせて利用されている場合もあります。

また、週末アルバイトをすることと同じと思っている人がいるようですが、それは違います。

週末起業は「会社に依存しない働き方」なので、本業とは違う収入源があったとしても、さらに他の会社に属して仕事をしている場合は起業になりません。

週末起業のメリット

週末起業には非常に多くのメリットがありますが、一番のメリットは本業を辞めずに起業ができることでしょう。

今まで一般的に多くの会社で副業を禁止しており、起業をするためには本業を辞めなくてはなりませんでした。
本業を辞めるということは収入源が起業後の仕事のみとなり、起業前に多くの資金を用意する必要があります。

起業後もいち早く収益を得られなくてはならず、起業自体のハードルが非常に高いものになります。

さらに、万が一起業に失敗をしても、元の仕事に戻ることは基本的に難しいでしょう。
自分の一生を左右する問題なので、とても「試しにやってみる」「チャレンジしてみる」というような感覚では起業できませんね。

週末起業であれば、今後副業を本業にする予定がある場合にも有効で、始めは副業として起業し、業務が軌道に乗ってから会社を辞める選択ができるでしょう。

また、起業をすると多くの知識や経験を手に入れる機会が増えますので、自分が新しく得た知識を本業に役立てるというメリットもありますね。

週末起業のデメリット

ローリスクで起業ができるという大きなメリットのある週末起業ですが、デメリットも存在します。

まず、空いた時間を副業に使うのですから確実にプライベートの自由時間が減り休息が足りなくなります
時間管理を上手に行わないと体調不良になってしまい、本業に支障が出る場合もあるでしょう。

また、副業に夢中になり過ぎて、本業へのモチベーションが保てなくなるという問題もあるようです。

将来的に副業を本業にしたいと考えているとしても、本業をおろそかにしてはいけません
モチベーション管理と時間管理を、しっかりとできるように計画する必要がありますね。

週末起業のアイデア

週末起業のアイデア
週末起業にはたくさんのアイデアがありますが、中でも成功しやすいものがあります。
起業に特別なスキルが必要なものもありますが、初心者でもチャレンジできるアイデアも少なくありません。

業務をしながらスキルアップをしていくことも可能なので「経験不足だから無理だ」と思わずに視野を広げて検討しましょう。

それでは、起業のアイデアを見ていきましょう。

ネットショップ運営

インターネットで商品を販売して収入を得る方法です。
店舗経営は高額な初期費用がかかってしまいますが、実店舗を持たないネットショップであれば比較的低リスクで起業できます。

商品は自由ですが、広く浅くさまざまな商品を取り扱うよりも特定の分野に特化した商品を取り扱った方がコアなユーザーのニーズをつかめます。

また、最近ではハンドメイド商品をインターネットで販売し、人気を集める方もいらっしゃいます。
これは、趣味を兼ねた起業であると言えますね。

転売・せどり

転売・せどりとは古本や家電などを安く仕入れてから、利益を乗せて販売することです。
在庫管理や梱包・発送の手間はかかりますが、スキルがなくても気軽に始められるビジネスでしょう。

アフィリエイト運営

ブログやホームページを立ち上げ、記事を執筆し広告のクリック数や広告商品の販売数で収益を得る方法です。

自分が得意なジャンルから始めれば、記事の執筆も難しくはないでしょう。
ただし、SEOなどの知識は必要ですし、良質な記事を更新し続けなくては継続して収益を得られません。

動画配信

YouTubeなどの動画メディアを利用して動画を配信し、クリック回数から広告収入を得る方法です。

人気YouTuberを目指すのは非常に困難なことですが、開拓されていないジャンルを見つければ、チャンスをつかめるかもしれませんね。

スキルを生かした仕事

自分が持っているスキルを生かして収入を得る方法です。
例えば、プログラミング・Webデザイン・ライティング・イラスト作成などがあります。

営業力も必要ですが、技術が認められて実績が増えれば、本業以上の収入を得られるようになるでしょう。

コンサルタント業

特定分野の専門知識を持っている方であれば、顧客の悩みや問題を解決するためのアドバイスを提供するコンサルティング業も良いでしょう。

初期費用がほとんどかからず、対面以外にもチャットや電話で業務を行えます。
自分が得意とする専門知識の専門度が高ければ高いほど、その分野の先駆者となり、大きな成果が期待できるでしょう。

【コンサルタント業の例】
・ダイエットコーチング
・人間関係の悩み相談
・資産運用の相談
・起業や独立の相談

など。

講師業

得意分野の知識を実際に顧客に教える業務です。教室自体をレンタル会議室などで開催すれば初期費用や維持費の心配もいりません。

【講師業の例】
・カメラ教室
・コミュニケーション教室
・運動教室
・起業セミナー

など。

週末起業のポイント

週末起業のポイント
成功しやすい週末起業のアイデアを紹介しましたが、どのような仕事であっても起業する前に押さえておくべきポイントがあります。

極力お金をかけずに始められるようにする

形から入ることは悪いことではありませんが、週末起業に関しては利益が得られるまで極力最小限の費用で抑えられる工夫をしましょう。

副業として少ない時間を使って収益化を目指すものなので、事業の拡大は収益化が確立してからで良いのです。

無理のない運営をする

本来は体を休ませる時間を使って起業をするのですから、無理をするのは厳禁です。
本業に支障のないような運営を心がけ、いずれ本業を退職し独立したいのであれば、基盤をしっかりと固める期間だと思いましょう。

週末起業で体調を崩してしまっては意味がありません。

目標を立てる

無理をすることは良くないのですが、目標を立てずに空いた時間でお小遣い稼ぎをするような感覚では、今後の成長が期待できません。

それで十分という意向であれば良いのですが、事業拡大を想定していたり、いずれは副業を本業にする考えがあったりするのなら、必ず目標を立てて行動しましょう。

「1ヶ月の収入◯円」など簡単な目標で構いません。目標が達成できなかった場合は、原因を考え対策を練ることで事業の成長が期待できますね

まとめ:週末起業とは?リスクの少ない起業のアイデアについて

週末起業の意味やアイデアを紹介いたしました。最小限のリスクで起業できる週末起業は、とても優れた起業方法であると言えます。
いずれ独立を考えている方でも副業として事業を開始し、一定の知識や経験を手に入れた上で本業を退職するという手段が取れますね。

独立を考えているのであれば、まずは週末起業から始めてみるのもひとつの手です。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています