事業計画とは?立てるメリットや経営計画との違いも解説! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.10.9

99 views

事業計画とは?立てるメリットや経営計画との違いも解説!

事業計画とは?立てるメリットや経営計画との違いも解説!

起業した会社の運営をしていくときに、行き当たりばったりでは健全な成長は見込めません会社の成長と利益を計画的に考えて動いていくことが求められます

単純になりたい姿を思い描くだけでは、周囲からの信用は得られません
具体的かつ実現性の高い計画を示すことで、他企業からの信用を得ることができ、さらなる成長につなげることができます。

企業がビジネスを健全に進める上で欠かせない事業計画について、経営計画と比較しながらその特徴についてみていきます。

事業計画と経営計画の違い

ビジネスを円滑に進める上で重要な事業計画と経営計画。それぞれの意味や内容について漠然と想像ができても、詳しくはわからないということがあります。

事業計画と経営計画について見ていきましょう。

経営計画とは

経営計画とは、会社全体の方針や長期的なビジョンを指します。経営計画は、10年後を見通した「長期経営計画」、5年後を見通した「中期経営計画」、1~3年以内についての「短期経営計画」を立てます。

長期経営計画では、具体的な数値目標ではなく企業としての姿勢や、10年後に目指すべき姿について計画をします。

中期経営計画は、長期経営計画で掲げた目標を達成するために、具体的に3~5年以内達成するべき売り上げ目標や、市場の拡大状況などについての計画です。
実際に目標を達成するために会社として実践するべき環境整備などをたてていきます。

短期計画
では、中期計画を実現するために直近の1~3年間でどのように動くかの計画です。
中期目標で掲げた数字から、1年単位で何をどれだけ売っていくらの利益を出すのか、それを行うためにかかる経費はどれくらい必要かなどを算出します。
できるだけ、短い期間内の目標に落とし込み、達成できなかった場合には適宜調整をかけながら、中期計画にすり合わせていくことになります。

事業計画とは

事業計画とは、経営計画を実現するために何をいつどのように実行するのかという計画です。事業計画では、目標を達成するためにどのような手段、手法を使うのか
実際にどのようなマーケティングを行うのか。キャッシュフローなど経理計画をたてて、収益見込みについての計画を練ります。

事業計画をたてることで、会社として今すぐやらなければならないこと今後やるべきことがはっきりしますので、目標に向かって動きやすくなります。

事業計画では、これから行う事業の内容や具体的な収益見込みを示して、融資を受けようとする銀行や、取引をしたい企業など対外的に、事業が成功するものであることを説明するための資料にもなります。

事業計画はなぜ必要なのか

事業計画をたてることが必要な理由のひとつは、対外的な信用を得るためです。
成功する見込みのない企業に対して銀行は融資をしません。
具体的で実現性の高い事業計画書があれば計画の信憑性が高まり融資や取引が成立する可能性が高まります
また、事業計画をたてることで、会社の方向性が見えます。
方向性や目標が定まることで、やるべきことがわかってきますので、動きやすくなります。
今後、何かを判断するときにも、それが今後の会社の成長に今すぐ必要であるかどうかを事業計画に照らし合わせることで、的確な答えが導き出せるでしょう。

まとめ:事業計画とは?立てるメリットや経営計画との違いも解説!

事業計画と経営計画について、その性質の違いと、事業計画がなぜ必要なのかについて解説しました。

会社を健全に動かし、発展させていくために事業計画はマスト。そしてその大枠となる経営計画についてもしっかり練っておくことが必要です。

事業を始めるときには、まず経営計画と事業計画をたて、それに準じて行動しつつ壁があればしなやかに修正など対応しましょう。

綿密な事業計画の作成は対外的な信用が得られるだけでなく、会社そのものの未来のためにも有効です。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています