飲食店の物件選びは非常に重要!物件探しのポイント・コツをご紹介! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.6

2 views

飲食店の物件選びは非常に重要!物件探しのポイント・コツをご紹介!

飲食店を開業する際にまず悩むのが物件選びですよね。
腕のよいシェフがいて美味しい料理を提供できたとしても、物件自体が悪ければ経営が軌道に乗らないこともあります。

また、雰囲気がよい物件であっても、立地の悪さによって潰れてしまった飲食店は多くあります。
つまり飲食店にとっての物件選びは、お店の売上やお店が成功するかに大きく関わってくる重要な要素なのです。

そこで今回は、飲食店の物件選びで失敗しないようにするためのポイントやコツを紹介します。
物件選びに悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてください。

立地の重要性

飲食店を開業する物件選びで大切にすべきポイントは、第一に立地です。
ただし、人の多い繁華街がすべてにおいて良いというワケではありません。
静かで落ち着いた雰囲気のなかで料理を提供するような、コンセプトが確立された飲食店の場合、ガヤガヤした繁華街には向きませんよね。

また、立ち食い店のようなお客さんの回転率を上げることで売り上げを伸ばすビジネスモデルの飲食店を、住宅街のような人通りの少ない立地で開業すれば、すぐに経営が立ち行かなくなります。

飲食店の物件選びには立地が重要ですが、店のコンセプトに合った立地はさらに重要です。

予算に合った物件

飲食店のコンセプトに合致する立地の物件であっても、無理をして予算を遥かにオーバーしてしまう物件を選ぶ事はおすすめできません。
物件を借りる場合は、初期費用だけでなくもちろん月々の家賃を支払う必要があります。

そのため飲食店を開業する物件を選ぶ場合には、現実的な目線で計画をしっかり立て、月々の家賃がきちんと支払っていけるか?という点を熟考しましょう。

当初予定していた予算をオーバーしても、開業すれば売上で何とかなるだろうという軽い考えはよくありません。

何事も、戦略的に選ぶことが大切です。
・立地がよい物件だからきっと成功する
・しばらくすればきっと店の売上は上がる
・予算オーバーをしても恐らく家賃が支払っていける

などという甘い見込みで物件を決めないようにしましょう。

席数、単価、集客回転数などから月間の売上予測としっかりとした家賃比率を算出し、毎月の家賃が支払っていける物件なのかを、冷静に判断する必要があります。

また、甘い見込みではじめから多額の借金を抱えない事も大切です。自己資金ですべて賄うというのは難しいですが、融資額は現実的なものにしましょう。

何度も足を運ぶ

飲食店を開業する物件を選ぶ場合、1度見ただけで決めるのは危険です。
大きな道路に面している物件であっても、ほとんど人通りがないことも少なくありません。
また、昼と夜でまったく人通りが異なることもあります。

例えば、昼間の人通りの多さから開業場所を決めた場合に、休日や夕方以降の時間には人通りが少なくなる土地もあります。

物件を選ぶ場合、不動産屋の都合で時間や曜日が決まる事もありますが、昼間の時間帯だけでなく夜中の時間帯でも内覧することをおすすめします。

本当に飲食店を開業するのに合致した立地の物件なのかを、よく見極める事が大切です。

まとめ:飲食店の物件選びは非常に重要!物件探しのポイント・コツをご紹介!

飲食店を開業する物件を選ぶのに最も重要なのは、何度も熟考し慎重に決めることです。
飲食店の開業は、住まいのアパートなどを選ぶのとわけが違います。

アパートは住んでみて、自分の想像していた物件と違っていたら、再度引っ越しするのはそれほど難しい事ではありません。
しかし、飲食店の場合は実際に営業してみて想像と違っていたとしても、再度物件を選び直すのは費用的に厳しいものがあります。

不動産屋のなかには契約を急がせてくる場合がありますが、そうした場合でも、何度か実際に足を運んで物件やその周辺の状況を、納得いくまで確認する慎重さが必要です。
また、よい物件であったとしても、予算を超えた物件ではなく、計画内で手堅くいく慎重さが大切です。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています