飲食店の人手不足はどのように解消すればいいのか? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.6

3 views

飲食店の人手不足はどのように解消すればいいのか?

現代社会では、さまざまな職種で人手不足が問題化しています。
そのなかでも、特に人手不足だと言われているのが飲食店です。
飲食店は、正社員だけではなくアルバイトやパートの定着率も他の業種と比べて低く、常に人手不足となっています。

そのため、求人募集を行っているのに、なかなか従業員が確保できないお店も多いです。
なぜ飲食店は常に人手不足となっているのでしょうか。その原因を改善しなければ、飲食店の人手不足は解消されることはありません。

今回は飲食店が人手不足となっている原因や、改善方法について解説していきます。

どうして飲食店は人手不足に陥るのか?

飲食店が常に人手不足になるのは、飲食店で働きたいと考える人が減ってきているからです。
以前は、若者がアルバイト先として、まず思いつくのが飲食店でしたが、現代ではアルバイトでも飲食店で働こうと考える人は少なくなっています。

ここでは、その理由について解説していきます。

理由1:シフトが不規則だから

飲食店で働きたくない理由として、シフトが不規則になりやすく融通が利きにくい環境だということが挙げられます。
最近の若者たちは、アルバイト先として働く職場を選ぶときに、シフトの融通が利くかどうかを重視する傾向があります。

飲食店はシフトが不規則になりがちですし、急に休みたくてもシフトの融通が利かず、休んだことで給料を減らさせてしまうことも多いので、人材が定着しづらくなっています。

理由2:仕事が過酷だから

飲食店の業務は、立ち仕事が多いうえに、休憩時間も取りづらかったり短かったりすることがあります。
繁盛している店であればトイレなどに行く時間もなく、ずっと働き続けなければなりません。
このような環境から、仕事が過酷ですぐに辞めてしまう方が多いです。

理由3:精神的につらい

お客様さんに対して従業員の立場が弱いのも飲食店の特徴です。
なかには、必要以上に横暴な態度や理不尽なクレームをしてくる方もいます。
特にアルコールの提供をしている飲食店だと、マナーが悪いお客さんがみられます。
飲食店は肉体的にも精神的にもつらい職場のため、飲食店で働きたくないという方もいます。

飲食店の人手不足を改善するにはどうすればよい?

飲食店の人手不足を改善する一番の方法は、職場環境・待遇を改善することです。
例えば、営業時間が長いとそれだけ多くの従業員が必要になります。

そのため、24時間や深夜帯の営業はやめて、今いる従業員で余裕のあるシフトが組めるようにすれば、融通を利かせることができるようになるでしょう。

また、食洗器を導入して2名体制で行っていた食器洗いを1名体制にして調理スタッフを増やしたり、手書きのオーダー表をスマホアプリに変更して、ホールスタッフの業務負担を減らしたりするなどの方法もあります。

また、環境だけではなく待遇の改善も必要です。
長く働いているメンバーの時給を上げる、売上が良かった月には従業員に還元するなど、待遇面での満足度も上がれば人手不足を改善できるはずです。

まとめ:飲食店の人手不足はどのように解消すればいいのか?

人手不足になっているのは飲食店だけではありませんが、その要因になっているのは労働環境と待遇によるものです。

それらが改善できなければ、せっかく雇用ができたとしても退職に繋がってしまいます。
従業員を定着させて働く従業員を増やしていくために、働きやすい労働環境を整えて、お客さんの満足度だけでなく従業員の満足度も高めていけるように努めましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています