起業準備期間中にやっておくべき事とは? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.10.8

3 views

起業準備期間中にやっておくべき事とは?

起業準備期間中にやっておくべき事とは?

起業をしたいと考えているのに「何から手を付けたら良いか分からない」と思ってしまい、起業への準備が進められない場合もあるでしょう。

起業は準備期間が短ければ良いものではありません。
すぐに起業を決めている場合でなくても、事前から実行しておくべき起業準備はいくつもあります。
この記事では、起業準備中にしておくべき事項を紹介していきます。
漠然と起業を考えているような段階の方でもできることはありますので、ぜひ参考にしてください。

起業時に必要な情報を集める

起業に関する情報は多ければ多いほど良いですし、データであれば期間が長いほど正確な数値が得られるでしょう。

起業予定の業務が決まっているのなら、必要な情報を集めていくことは起業の何年前から開始しても良いのです。

一度得た情報は時間とともに変わるものが多いと思いますが、アップデートしていけば良いだけです。

競合調査をする

同じ事業をすでに行っている会社のサービス内容や価格を調査しましょう。
インターネットでほとんどの情報を得られることが多いですが、実際に使用してみた上で弱点や改善点まで検証すると良いですね。

提供予定のサービス・商品の需要を調査する

起業予定の会社で取り扱うサービス、または商品の需要を調査しておきます。
一番有効な手段は小規模でも実際に販売・提供してみてお客様の反応を見ることですが、なかなか難しいことも多いでしょう。

その場合は、ターゲットとする客層に近い知人などの協力者に、ヒアリング調査をする方法もあります。

業界の最新情報を入手できるようにしておく

ほとんどの業界で、情報は常に流動的です。起業をするなら、自分のいる業界の情報の流れを把握していく能力が非常に重要となり会社の存続に関わる影響力を持ちます。

しっかりとアンテナを張り、最新の情報を入手できる環境を整えておく必要があるでしょう。
起業前に業界の流れが先読みできるようになっていれば、事業の成功率も上がりますね。

必要な知識を身につける

自分が取り扱う予定のサービスや商品の知識だけでは起業はできません。起業はもちろん起業後の運営にも多くの知識が必要です。

いざ起業時期を決めてから不得意分野まで勉強をするのは非常に困難なことなので、可能な限り事前に最低限の知識と技術を習得しておきましょう

WEBの知識を学ぶ

インターネットで多くの手続きや宣伝が可能な現代では、どのような業界でもWEBの知識がなくては起業が難しくなるでしょう。

ホームページの作成は予算が確保できるなら外注する方法もありますが、業者への指示の仕方も含め多少の知識は持っていた方が良いです。
また、外注する場合は予想外に時間がかかる場合もあるので、余裕を持って依頼しましょう

経営を学ぶ

事業を成功させるためには、経営やマーケティングの知識が欠かせません。
時間に余裕があるうちから積極的に経営セミナーなどに参加し、少しずつ知識を身に着けておきましょう。

時間が用意できないのであれば、インターネットや書籍を利用しても良いですね。

成功事例を聞く

可能なら、同じ業界で起業に成功した方の話を聞く機会を探しましょう。
起業支援団体による企画を利用したり、有料のコンサルタントに依頼したりする方法もあります。

まとめ:起業準備期間中にやっておくべき事とは?

いつから起業準備をしたら良いか分からないという方が多いようですが、起業準備は早くて悪いことはありません

じっくりと知識を身に着け調査をすることで、万全の準備を整えられると言えるでしょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています