スタートアップ企業はどのようなホームページを用意するべき? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.10.8

5 views

スタートアップ企業はどのようなホームページを用意するべき?

スタートアップ企業はどのようなホームページを用意するべき?

企業をアピールする手段の一つに、「ホームページ」があります。現代社会ではホームページを持っている企業の方が普通です。

スタートアップ企業でもホームページがあった方が事業を有利に進めていくことができます。
ホームページを制作する企業も多くありますが、予算を抑えるために自社で作ることもあるでしょう。

今回は、スタートアップ企業がホームページを作る際に気を付けなければいけない点を解説していきます。

スタートアップ企業がホームページを作る際に注目すべき7つのポイント

では、スタートアップ企業ホームページを作っていく際に注目すべきポイントを、7つに分けて簡単に解説していきます。

目的の明確化

ホームページを作る上で最も重要になってくるのが「なぜホームページを作る必要があるのか、このホームページの目的は何なのか」というコンセプトです。

計画性を練ったホームページだからこそ、魅力的なものが完成します。
おすすめなのが、「ホームページだからこそ実現できること」を盛り込むことです。

ターゲット層の明確化

「どういった人に見てもらいたいのか、どういった人なら見る意味があるのか」を明確化していくと良いでしょう。
若い人向けなのか、男性向けなのか、女性向けなのかによって、デザインや文面などを変えていく必要があります。

自社の強みやアピールできる点を上手く伝える

ここで重要になってくるのが、「自社だからこそできること・実現できる」という強みを上手く伝えていくことです。

他社にはないアピールポイントというのは印象に残りやすく、口コミで紹介する際にも伝えやすく集客にも期待できます。
強みが分からない場合は従業員に聞くのも良いですし、コンサルタント会社に依頼するなど外部組織に頼るのも良いでしょう。

ページ毎に伝えたい内容を固定する

ホームページの規模によって、数ページから数百ページまで構成は様々です。
ページ毎に内容が違うだけでなく、見てもらいたい人のターゲット層も変わる事があります

そして、ページ毎に対策を行っていくことが重要で、大切なポイントとしては、1つのページは1つのテーマに絞ることです。

質・量・更新頻度を気にする

ホームページの良さは、「量・質・更新頻度」で決まります。

量が多ければ多いほど与えられる情報量も増え、知りたい情報がすべて網羅されていれば、より効果的です。
更新頻度が高ければそれを期待して再訪問するユーザーも増えますので、定期的に行いましょう

この3つの中で最も大切なのは「質」です。量が多くても内容が薄くては意味がありません。印象にも残りませんし、途中で読むのをやめてしまいます。

内容としては、読みやすさを意識しながら、何回でも来たくなるホームページを作っていきましょう

SEO対策をする

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」という言葉の略で、検索エンジンで検索した際に、検索結果の上位に表示されるように対策することを指します。

例えば、「パン 作り方」と検索した場合に一番上に出てくるホームページは、「『パン 作り方』と検索した際にユーザーが求めている情報」として認められているということです。

継続して改善していく

ホームページに確実な正解はありません。
そのため、限りなく正解・成功に近付くためにも定期的に改善していく必要があります。

ホームページで成果を増やすにはどうすればいいのか?という点や、どうやったら訪問者を増やすことができるのか?と模索する事が大切なのです。

起業時からホームページを無理して作る必要はない

スタートアップ企業として成長していくためにホームページは必要と書きましたが、起業時から絶対条件として無理をしてホームページを作る必要もありません

ホームページの必要性としては現代では非常に重要なものですが、事業に費やす時間を無理に削るのであれば、情報発信出来るのはホームページだけではないので、他のものに目を向けてもよいでしょう。

InstagramやFacebookなどのSNSや、様々な情報を掲載しているプラットフォームを利用するという手もあります。

企業が流れに乗ってきて余裕ができてから、ホームページ作成を外注してもよいでしょう。
もちろん企業にとってホームページは、ブランディングやマーケティングにおいて非常に重要なものである事は、覚えておきましょう

まとめ:スタートアップ企業はどのようなホームページを用意するべき?

ネット社会である現代にとって、自社・自店を知ってもらうのにホームページは非常に便利なコンテンツです。
読みやすく、それでいて情報が豊富なホームページを作っていきましょう。

ホームページ制作業者もありますので、予算に余裕があればその利用を検討しても良いでしょう

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています