マーケティングと経営戦略には違いはあるの?経営する上で知っておきたい基礎知識 – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.2

8 views

マーケティングと経営戦略には違いはあるの?経営する上で知っておきたい基礎知識

経営戦略とマーケティング、この2つの言葉の違いを問われた時に明確に説明できますか?
どちらも会社経営する上でとても大切なもので、共通部分もあるため混同されがちです。
しかし、経営戦略とマーケティングには明確な違いが存在します。
この2つの違いや基礎的な知識について、本記事の中で詳しく解説していきたいと思います。

経営戦略とマーケティングは視点が違う

経営戦略とマーケティングの違いとして、最初に上げられるのが視点やポジションの違いです。
BtoB、BtoCなど企業の種類に関わらず自社の事業を顧客目線で考えることは必要不可欠です。

まずは経営戦略とマーケティング、それぞれの特徴についておさらいしていきましょう。

経営戦略

経営戦略は、「自社事業が長期的に市場で生き残るための作戦、方針」のことです。
フレームワークなどを使って自社の事業の現状を分析し、経営資源である、ヒト・モノ・カネをどのように配分して有効活用すべきなのか?という目的を決めます。

市場でのシェア率や、会社の規模、業種によって最適な経営戦略は違うため、会社の数だけ経営戦略は存在すると考えていいでしょう。

マーケティング

マーケティングは、企業活動において、顧客となる層がどんな商品やプロダクトを待っているかを調査して、宣伝などを経て顧客に価値を与える企業活動の総称を指します。

簡単に説明すると、モノを売る全ての工程というようなイメージです。
そして、マーケティングは、どちらかと言うと企業全体というよりは、会社が提供する製品やサービスに焦点があたっています。

マーケティングは経営戦略に内包されている

先ほどご説明したように、マーケティングと経営戦略には違いがあることが分かりました。
経営戦略は企業の生き残りや発展の方法を考え、マーケティングはサービスや商品の需要を調査・売れるようにする企業活動です。

経営戦略は、
・全体戦略
・事業戦略
・機能別戦略

以上3つに分けられます。

マーケティングはこの内、機能別戦略に内包されています。
機能別戦略には、大きく分けて後方支援活動と消費者と直接関係あるマーケティング活動に分けられます。
マーケティング活動はさらに、
・セグメンテーション
・ターゲティング
・マーケティングミックス

の3部門に分かれます。

セグメンテーションは、市場細分化でニーズごとに顧客を分類することです。
ターゲティングは、セグメンテーションをした後に目的を定める行為を指します。
マーケティングミックスは、基本的な戦略を元にどのように顧客や市場にアプローチするかを決める実行戦略です。
・プロダクト
・流通
・宣伝
・値段

を考える非常に大切な戦略になります。

経営戦略を決めるためにもマーケティングは必要

マーケティングは機能別戦略の一部とご説明いたしました。
そう聞くと、「マーケティングはあまり重要ではないのかも?」と感じるかもしれませんね。
しかし、機能別戦略の中でも消費者や顧客に近い情報を扱うマーケティングは、どのような企業でも欠かす事はできません。

どのような事業でも、会社内外のデータを部門ごとに収集・分析して、はじめてその会社全体の経営戦略の枠組みが作られます。
マーケティングと経営戦略は似ているのではなく、経営においてこれらはつながっているのです。

まとめ:マーケティングと経営戦略には違いはあるの?経営する上で知っておきたい基礎知識

今回は、マーケティングと経営戦略の違いについて解説しました。
・マーケティングは機能別戦略のひとつで、顧客や市場のニーズを把握するために大切
・経営戦略はマーケティングなどの機能別戦略を含む会社全体の指針を決めるもの

それぞれについて詳しく知ると異なる部分が大きいことに気づきますが、どちらも会社経営や事業の成長において欠かせない存在であると覚えていただければと思います。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています