中小企業の経営者が抱えがちなよくある悩みとは? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.2

86 views

中小企業の経営者が抱えがちなよくある悩みとは?

中小企業の経営者であれば、仕事に関する悩みはお持ちだと思います。
経営者の決定ひとつで、会社がうまく軌道にのることがあれば、その逆もあるのでプレッシャーがあって当然です。

そこで今回は、特に中小企業に多いお悩みを解決策と合わせて解説したいと思います。

中小企業経営者に悩みは尽きない

会社を経営する上で、利益は生命線ともいえるほど重要です。
・思ったよりも売上が伸びない
・資金繰りに余裕がない
・コストと利益のバランスが取れない
・キャッシュフローの乱れ

などでお悩みの経営者はたくさんいらっしゃいます。

キャッシュフローの乱れによる悩み

掛け売りは、言うまでもないですが取引先の支払い遅延や貸し倒れとなった場合、キャッシュフローが乱れてしまいます。
入金される予定だったお金を他の支払いに充てる事ができなくなり、結果として倒産してしまう原因にもなり得ます。

資金繰りの悪化は、身動きが取れなくなってしまう原因になるので、経営者のよくある悩みのひとつになっています。
支払い遅延となってしまう原因としては、事務処理のミスがありますので、請求書の送付忘れが起こらないように徹底しましょう。

売上・利益が伸びないことによる悩み

単純に売上が伸びないという時は、問題の可視化と分析を行いましょう。
利益を伸ばす場合の対策としては必要コストを抑えて利益を最大化する、長期的な売上増加を見込んでさらなる投資をする、事業の整理を行うなどが考えられます。

こういった対策をするにしても、まずは原因を突き止めなければいけません。
問題が恒常化したり大きくなってしまう前に、本質を理解して対処しましょう。

また、コストバランスが悪い時は作業の効率化を進めるとよいかもしれません。
設備を整えたり、IoT化・システム化を進めることで業務効率が上がった事例はたくさんあります。

人材や社内の人間関係に関する中小企業経営者の悩み

人材は会社の財産でもありますが、希望通りにいかないのもまた人間です。
自社を成長させる為に、そもそもどのような人材が必要か分からないとお悩みの場合は、いきなり社員を確保するのではなく、アウトソーシングで一時的に雇い入れるのもひとつの手です。

そうする事で、組織に必要な人材が明確化するはずです。
社内の人間関係が悪化しているという時は、積極的にコミュニケーションの見直しをしましょう。
一方的に自分の要求を押し付けるだけでなく、社員やアルバイトの人からの意見を聞いて、環境改善について協力するとよいでしょう。
面接をする時も、肩書や経歴などだけではなく人間性も重視すべきです。
経営者には強い考えやリーダーシップが求められることも多いですが、1つの考えにとらわれず新しい考え方を吸収することを忘れないでください。

市場変化による中小企業経営者の悩み

近年は、短期間で市場の様相が変化するので、それに起因する悩みを抱えている経営者は多くいらっしゃいます。
「これまではこのやり方でよかったのに・・・」と言いたくなるような場面は、どのような業種であっても一度は訪れます。

ですので、時代の変化に順応できるよう、情報収集や市場調査は怠らないようにすることです。
経営者たるもの、マーケティングについて事前に学んでおくことをおすすめします。

「このままでいいのか、それとも変化しなければいけないのか」という悩みがあった際には、現状維持は衰退すると考え、時代に合わせた戦略を立案していきましょう。

まとめ:中小企業の経営者が抱えがちなよくある悩みとは?

いかがでしたか?中小企業の経営者が抱えがちなよくある悩みは、お金・人間関係・市場の変化であるという事でした。

中小企業の経営者の方は、悩みがあっても社員に共有することがためらわれるという方もいらっしゃるでしょう。
確かに、会社のトップが不安な状態だったり悩みばかりを言うのは、現場の士気低下につながることもあるかもしれません。

しかし、悩みは状態を改善するための原因特定に役立つことも多いので、伝え方や考えを整理して、役員や社員と話し合いの場を設けてみると、思わぬ改善策が見つかるかもしれません。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています