飲食店経営が厳しいと言われている理由とは?飲食店が生き残る為には? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.6

34 views

飲食店経営が厳しいと言われている理由とは?飲食店が生き残る為には?

飲食店は比較的参入しやすいビジネスではありますが、経営を続けていくのが厳しいと言われています。開業した飲食店を存続させることは、なぜ厳しいのでしょうか。

今回は、飲食店の経営が厳しい理由を検証しながら、開業した飲食店の経営を続けていくにはどうしたらよいかを考えてみたいと思います。

飲食店の経営が厳しいと言われている理由とは?

毎年飲食業界で起業する方は大勢いらっしゃいますが、経営を維持することが難しい理由についてまずは見ていきましょう。

飲食店は開業率が高い?

飲食店の経営が厳しい理由に、開業率が高いということがあります。
冒頭でも書きましたが、飲食店は比較的参入しやすいビジネスであるため、毎年たくさんの飲食店がオープンしています。
つまり、競合相手が常に多い状態なのです。

さらに、その競合相手のなかには資金力もノウハウもある大手飲食チェーン店もいます。それだけでなく、スーパーやコンビニなどで売られているお弁当や、インターネットでの食品購入など、外食産業以外も飲食店にとってはライバルになります。

また、飲食店の売上は景気や情勢によって左右されます。そのような中で、競合相手が多く存在するのですから、経営が厳しい飲食店は多いのも頷けますよね。

他業種と比較して飲食店は経費がかかる?

飲食店の経営が厳しいもう1つの理由が、飲食店は他の業種よりもかかる経費が大きいためです。
そのなかでも、特に大きな割合を占めるのが材料費と人件費です。

材料費は、天候や気候の影響を大きく受けるので、少し前まで安く仕入れることができていた食材が急に高騰することもあります。
また、仕入れた食材をすべて使い切れるわけではなく、売れ残って新鮮ではなくなった材料や、不注意で使えなくなったものなどは廃棄しなければなりません。

材料費が高くなってしまえば、利益率が下がってしまうので経営が厳しくなってしまいます。また、他業種と比べて人件費が高くなりやすいのも特徴です。

さらに、飲食店は常に人手不足です。
サービス業であるため、どうしても長時間労働になりやすいです。
休みが取りにくいなどの理由から、飲食店で働きたいと考える方は減ってきています。

働き手が少ないなかで人材を確保するには、給料やアルバイト代を高くしたり労働環境を整えていくしかありません。現代では、大手企業でも人材確保に四苦八苦している状況です。

飲食店が生き残るためにはどうすべき?

常に競合相手が多く、他の業種よりもかかる経費が大きいことから、多くの飲食店が厳しい経営を続けています。
しかし、なかには順調に儲けを出している飲食店も多数存在しています。
儲かっている飲食店には、次のような特徴があります。

・顧客ニーズを満たしている
・従業員の働く環境が整っている
・オリジナリティがある

このように、儲かっている飲食店の共通点を参考にしてみましょう。
逆に、儲かっていない飲食店は上記の特徴を満たしていないということです。
これらを改善するようにすれば、厳しいながらも生き残っていくことができるでしょう。

まとめ:飲食店経営が厳しいと言われている理由とは?飲食店が生き残る為には?

飲食店は、激しい競争が繰り広げられている業界です。何もしないままでは、生き残ることはできません。

その厳しい状況のなかでも、長年経営を続けており、儲かっている飲食店もたくさんあります。
ウェブサイトのなかには、儲かっている飲食店についての情報や、経営が厳しいために閉店してしまった飲食店に関する情報を掲載しているサイトなどもあるので、そうした情報をお店の改善に役立てましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています