業種に合ったおすすめオフィスBGMをご紹介! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.5.8

24 views

業種に合ったおすすめオフィスBGMをご紹介!

働きやすい環境作りの一環として、様々な業種でオフィスBGMを重要視するケースが増えつつあります。
しかしその一方で、音楽の持つ効果を十分に発揮させる様なオフィスBGMの運用を行えている企業は、まだまだ少ないのが現状です。

そこで本記事では、オフィスで流す際におすすめのBGMについて、その会社の業種ごとに分かりやすくご紹介します。

業種別:おすすめオフィスBGMの紹介

では早速、おすすめのオフィスBGMについてご紹介していきます。
ルーティンワークを基本とする一般的なオフィスと、クリエイティブな思考を必要とするデザイン・企画系オフィスという2つのパターン毎にそれぞれ見てみましょう。

一般的なオフィスに流すBGM

ルーティンワークを主な業務内容とする一般的なオフィスで流すBGMとしては、歌詞の入っていない落ち着いた雰囲気のインストゥルメンタルがおすすめです。
これは、歌詞が入っている曲を聴いていると言語中枢が働き、無意識の内に音楽に意識が向いてしまう事でデスクワークに集中しづらくなってしまう傾向がある為です。

また、ロックやポップスといったテンポが速く転調が激しいBGMや、普段の生活の中で聞いた事の無い馴染みの薄いBGMも、曲に対して意識が向いてしまうという意味では、一般的なオフィス向けのBGMとして適しているとは言えません。

そのため一般的なオフィス向けのBGMを選ぶ際は、音階の抑揚が少ないクラシックや、J-POPのヒット曲をアレンジしたインストゥルメンタルの中から選曲を行うのがいいでしょう。

企画系・デザイン系のオフィスで流すBGM

企画系・デザイン系のオフィスで働く人々にとって、やる気を高めて柔軟な思考を行えるか否かは重要な要素となります。
そのため、企画・デザイン系のオフィスに流すBGMには、テンポの良い洋楽POPSやジャズのヴォーカル楽曲の様な、眠気を飛ばしてフレッシュな気分にさせてくれる曲を選曲する様にしましょう。

また、オフィス向けのBGMを流す際には、時間帯の違いを考慮した選曲を行う様に意識しましょう。
例えばランチ休憩後には、眠気覚ましと午前中の疲労を解消する効果を狙ってヒーリング効果の高い曲を流す。
夜遅くの時間帯では、落ち着いた雰囲気のラウンジミュージックを流すといった具合です。

ホワイトノイズで集中力を高めよう

ホワイトノイズとは、あらゆる周波数の音が混ざったいわゆる「雑音」を意味する言葉です。
川のせせらぎや森で小鳥がさえずる音、雨がしとしとと降る音といった、適度な騒がしさの環境音を聞く事で、集中力を高める効果が生まれます。

「どの様な環境音を心地よいと感じるのか?」は個人差があるので一概には言えませんが、オフィスBGM選びに迷っている方はホワイトノイズにも注目してみてはいかがでしょうか?

まとめ:業種に合ったおすすめオフィスBGMをご紹介!

いかがでしたか?一般的なオフィス向けBGMとしてはインストゥルメンタルの音楽が効果的である一方で、クリエイティブな思考が求められる業種のオフィス向けBGMには、やる気をアップさせてくれるテンポの良い音楽が適している、という事でした。

本記事の内容と自身がどのような業種のオフィスで働いているかを照らし合わせた上で、仕事をサポートしてくれるオフィスBGMを探してみましょう。

店舗BGMストアでお気に入りの店内BGMを探そう!

「各業種に合ったおすすめオフィスBGMについて、もっと詳しく知りたい」「どの順番でどんな曲を流すか、具体的なプランを練りたい」といった方は、「店舗BGMストア」でBGM選びのプロに相談してみる事をおすすめします。

店舗やオフィス・飲食店におけるBGMの総合比較サイトである店舗BGMストアでは、店舗BGMサービスの比較のみでなく、専属コンシェルジュによる店舗BGM選びの無料サポートサービスを行っています。

「より効果的にオフィスBGMを運用する事で、働きやすい職場作りを実現したい」と考えている方は、ぜひ一度店舗BGMストアを活用してみてはいかがでしょうか?

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています