店舗BGMにおすすめの著作権フリー音楽とは? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.5.8

18 views

店舗BGMにおすすめの著作権フリー音楽とは?

店舗用BGMについて検索した方であれば、「著作権フリー音楽」「音楽フリー素材」といったワードを一度は目にしたことがあるかと思います。
そこで本記事では、「著作権フリー音楽とはどういった音楽を指すのか?」について解説した上で、著作権フリー音楽を配信・販売しているサイトについてご紹介します。

著作権フリー音楽とは?

著作権フリーBGMとは、著作者や管理事業者に対して著作権使用料を支払わずに使用出来る音楽の事です。
「音楽フリー素材」といった呼ばれ方をされる事もあります。

「著作権フリー」=「著作権が存在しない」とは限らない

著作権フリー音楽の意味する所について、「著作権フリー音楽」=「著作権が放棄されている、又は消滅している音楽」と文字通り解釈しておられる方がいますが、これは正しい解釈とは言えません。

実は、音楽フリー素材を提供しているサイトは、提供している素材の著作権を保持しています。
そのため、著作権フリー音楽を定められた利用範囲を逸脱して使用すると、著作権侵害に該当するケースがあるのです。

つまり、著作権フリー音楽における「フリー」の意味する内容は、サイト毎に微妙に異なる可能性があるという事です。
著作権フリー音楽とは、「著作権の存在しない、完全にフリーな使用が許された音楽」ではなく、「定められた範囲内における使用に限り、著作権利用料が要らない音楽」である点を理解しておく様にしましょう。

著作権が消滅している「パブリック・ドメイン」

パブリック・ドメインとは、著作物を始めとした知的創作物について知的財産権が発生していない、又は消滅した状態のものを指します。
音楽に関しては、以下の条件に該当するものがパブリック・ドメインとされ、著作権を気にせず使用可能となっています。

・著作者の死後70年を経過した楽曲
・国際条約に加盟しておらず、保護の対象になっていない国の楽曲
・著作者が不明又は存在しない楽曲(古くから伝わっている伝承音楽や民謡)
・真に著作権フリーのライブラリから提供されている楽曲

おすすめの著作権フリー音楽ダウンロードサイト3選

ではここからは、著作権フリー音楽を配信・販売しているサイトの中でも、特におすすめな3つのサイトについて順番に見てみましょう。

HURT RECORD

「HURT RECORD」では、1,600曲を超えるオリジナル曲と400以上のフリーSEを商用・非商用にかからわず無料で提供しています(商用で利用する場合、メールでの連絡が必要)。

様々なジャンルのフリー音楽を網羅している上に曲のクオリティが高いので、フリー音楽素材を提供しているサイトの中でも特に人気を集めています。
毎月定められたテーマに沿った新曲を第4日曜日にリリースしているので、興味のある方はぜひ一度公式HPから視聴してみて下さい。

WHITE BGM

「WHITE BGM」では、著作権フリー音楽CDの販売や、著作権の切れたパブリック・ドメインの音楽ファイルの提供を行っています。
テーマや業種別に豊富な音楽素材を取り揃えている事に加え、「和風2枚セット」「お店の朝昼晩3枚セット」といったユニークなセット商品も数多く販売されています。

フリーBGM・音楽素材 MusMus

個人運営の著作権フリー音楽提供サイト「MusMus」では、サイト管理人自らが制作した楽曲が提供されています。
どの曲も無料でダウンロード出来る上、曲の尺調整やアレンジを、ダウンロードした側が自由に行える点が特徴です。
※店舗で利用する場合は、公式サイトなどで表記することで使用可能となります。

まとめ:店舗BGMにおすすめの著作権フリー音楽とは?

いかがでしたか?本記事の内容をまとめると、

・著作権フリー音楽とは、「定められた範囲内における使用に限り、著作権利用料が要らない音楽」である
・著作権フリー音楽は、音楽フリー素材を販売・提供しているサイトからダウンロードや購入する事が可能である
という事でした。

著作権フリー音楽最大の強みは、著作権関連のトラブルを一切気にする事なく気に入った音楽を好きなだけ利用できる点です。
商業施設やオフィスで流すBGMにお困りの方は、ぜひ著作権フリー音楽の利用を検討してみてはいかがでしょうか?

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています