BarのBGMはどのようなジャンルを選ぶべき? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.5.7

4 views

BarのBGMはどのようなジャンルを選ぶべき?

店内でBGMを流すことは、お店の雰囲気やイメージを定着させるために欠かせない要素のひとつです。

しかし、音楽やジャンルにそれほど詳しくないとBGMを選ぶのは難しいですよね。
実際、Barを営業している方の中にも、どういったBGMを流したらいいのか悩んでいる方もたくさんいます。
そのような悩みを解決するために、このページではBarのBGM選びのポイントや注意点を詳しく解説していきます。

BarのBGMに必要な音楽のジャンルを理解しよう

BarのBGMに適した音楽はいったいどういったジャンルなのでしょうか?

・ロック
・ジャズ
・クラシック
・電子音楽
・ポップス
・ラテン

例として挙げただけでも、いくつも出てきます。もっと細かく分類すると数えきれないほど多くの分野が音楽には存在しています。
最初は王道なジャンルから、お店の雰囲気に合う音楽のジャンルを選ぶとよいでしょう。選び方のポイントは次の項目で詳しくご紹介します。

Barのテーマやコンセプトを決めよう

BarのBGMで流す音楽のジャンルを決めるためには、まずお店のテーマやコンセプトを決めるとよいでしょう。
例えば、若者向けのカジュアルなBarを目指すのであれば、ポップスなどのおしゃれな洋楽などをBGMとして流すと雰囲気が作りやすいでしょう。
流行りの曲のランキングをBGMとして流すのもおすすめです。

「ロック好きのお客さまと一緒に楽しみたい!」など、こだわりのBarを目指すのであれば、客層に合った洋楽ロックミュージックなどを選んでもいいかもしれません。
邦楽をBGMとして流してもいいのですが、歌詞が耳に入ってきて会話の邪魔になる場合があります。

音楽をメインにするのか、あくまで雰囲気作りを優先するのかは、目指すテーマやコンセプトによって変わりますので注意してください。
お酒やカクテルなどを美味しく味わってもらうようなハイクラスなBarが目的なら、メインを引き立たせるようなジャズやクラシックなどをBGMとして流しましょう。
歌詞のないインストゥルメンタルを選べば、お客さまとの会話の邪魔にならず、リラックスできる空間を演出できます。

このように、お客さまにお店を気に入ってもらい、リピーターになって頂くには、自分のBarがどのようなテーマやコンセプトを持つべきなのかをしっかり理解することが重要です。
お店のテーマやコンセプトをもとにすれば、自然と店内のBGMが決まります。

BarでBGMを流すときの注意点

たとえばギターなどを壁に飾っているのに、クラシックを流すと空間とBGMが合いません。そういったズレがないよう、注意しましょう。
インテリアとBGMは繋がりを持たせたほうが、テーマの一貫性が生まれます。すんなりと店内の空間に溶け込むことができる音楽を選ぶといいでしょう。

そして、音量が大きくなりすぎない、または小さくなりすぎないように注意しましょう。
音量が大きすぎると会話の邪魔になりますし、小さすぎてお客さまに聞こえないと、BGMを流す意味がそもそもありません。
その店に合った適切な音量を心掛けましょう。

スピーカーなどで低音や高音の調節ができる場合は、高音の部分を少し下げると、音量を下げなくても会話が聞き取りやすくなります。
声の周波数と同じ部分のBGMの周波数をカットするなど、工夫をすることも大事です。

まとめ:BarのBGMはどのようなジャンルを選ぶべき?

せっかくBarに入ったのに心地のよいBGMが流れていないと、寂しい印象を与えます。
また流すBGMによって、その店のイメージも大きく変わりますので、Barの営業にはBGMは欠かせません。
BGMを選ぶ際は、しっかりとお店のテーマやコンセプトを理解し、それに合った音楽のジャンルを選びましょう。

そして、店内の雰囲気を壊さず居心地のいい空間を作るためにも、BGMの音量は要注意です。会話の邪魔にならないよう、適切な音量を心掛けましょう。
店舗BGMストアでは、複数の店舗向けのBGMから比較して、お店のテーマや雰囲気に合うBGMを選ぶことができます。
BarのBGM選びで悩んでいる方は、是非一度お問い合わせ下さい。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています