良い仕入れ先を見つけるには?開拓方法を解説! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.10

12 views

良い仕入れ先を見つけるには?開拓方法を解説!

良い仕入れ先を見つけるには?開拓方法を解説!

商品販売を行うときに最も重要なことのひとつは、良い仕入先を見つけることです。
初めて商品販売を行っていこうとするときは、どうやって仕入れ先をみつければよいのか手探り状態。

選択肢の多い現代では、そのことが余計に判断を難しくさせています。
そこで今回は、良い仕入れ先の見つけ方、開拓方法についてご紹介します。

良い仕入先とは

ビジネスとして仕入れを行っていこうとするのであれば、できるだけ良い仕入れ先に出会いたいもの。しかし、良い仕入れ先とはどのようなところをいうのでしょうか?

基本的なこととしては、下記の条件を満たしているかどうかが目安といえます。
・企業として安定している
・担当者が商品に詳しく柔軟な姿勢を心がけている
・供給能力が高く、納期が守られる

どんなに安く仕入れができたとしても、これら基本ができていない仕入れ先は、ビジネスの相手としては不安です。安定的に取引できることを重視しましょう。

次に、商品自体についてです。
・ブランド力の高い高品質の商品を扱っている
・新商品の開発に積極的で、品数が多い

魅力のある商品を扱っているか、また品数が多いかどうかが決め手です。

仕入れたい商品が決まっている場合

商品販売の計画時点ですでに仕入れたい商品が決まっているのであれば、メーカーまたは問屋から仕入れることになります。

商品のバーコード等から製造元を確認して、メーカーに直接問い合わせてみましょう。メーカーとそのまま取引ができることがあります。

メーカーが小売店との取引を行っていないのであれば、問屋を紹介してもらいそこから仕入れることになります。

広く仕入れ先を探している場合

まだ販売する商品が決まっていないという場合や、魅力的な商品を積極的に仕入れて販売していきたいというのであれば、いくつかの仕入れ方法があります。
広く商品を探したいというときの、良い仕入れ先の探し方をご紹介します。

実際に足を運んで探す

良い商品が欲しいと思うのであれば、実際に足を運んで探すのが一番です。
・問屋さんを歩き回ってみる
・魅力のある商品を販売している店舗に仕入れ先を尋ねる

などの方法があります。
店舗に教えを乞う場合は、徐々に人間関係を構築する必要があるでしょう。

展示会やギフトショー(見本市)に出向けば、一度にたくさんの商品と仕入れ先に出会うことができます。
展示会やギフトショーの利点は、直接に商品を目にできること。仕入れ先の人と対面することができることです。

インターネットなどを利用していないメーカーや問屋、商品に出会えるかもしれないという宝探しのような面白さもあります。

インターネットを使って探す

インターネットを使って仕入れ先を探すこともできます。
商品のジャンルごとに仕入れ専用のサイトがありますので、そこに登録すれば仕入れが可能です。利用には審査が必要なことがありますので、準備しておきましょう。

問屋のオンラインショップや、Amazonなどを利用するのもひとつの手段です。
大手ネット通販サイトなども市価より安値で販売していることが珍しくありませんので、仕入れ先として有用でしょう。

まとめ:良い仕入れ先を見つけるには?開拓方法を解説!

今回は、商品を販売するにあたって良い仕入れ先を開拓する方法について解説しました。

商品販売を成功させるためのカギは、良い仕入先に出会えるかどうかにかかっています。
仕入れ先探しはひとつの方法にとらわれず、常にアンテナをはって開拓することが大切です。

より良い商品、より良い仕入れ先を探求し続けることで、着実に売り上げを伸ばしていくことができるでしょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています