事業用の口座はあったほうがいい?開設するならどこを選ぶべきか? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.10

70 views

事業用の口座はあったほうがいい?開設するならどこを選ぶべきか?

事業用の口座はあったほうがいい?開設するならどこを選ぶべきか?

開業する際に個人口座とは別に事業用口座を作成するのは、ひと手間が必要です。

しかし、そもそも事業用口座はあったほうがよいのでしょうか?
今回は、事業用口座をまだ開設するか迷っている人に向けて、その必要有無をテーマにすすめていきます。

本記事は、個人事業主として事業開業する方、もしくは最近開業された方に向けた内容になっていますので、当てはまる方はきっと役立つ内容かと思います。

事業用口座と個人口座を分ける必要はあるのか?

事業用口座と、個人用口座を分ける必要はあるのでしょうか?
結論から言えば、事業を立ち上げるのであれば、事業用口座は用意するのが理想的と言えます。

その理由は、以下の通りです。
・収支が分けられるので確定申告がしやすい
・抜き打ちの税務調査にも対応しやすい
・屋号の口座にすると事業としての信頼もされやすい

一番の理由は、収支が管理しやすくなることです。

口座を分けることで、年に1回必要となる確定申告の記入がしやすくなります。
また、税務立ち入り調査の際にも、すぐに収支の流れが提示できます。
税務調査では、重要なポイントとして「公私混同して経費を使い込んでいないか」を確認されるからです。

収支が混同しないように管理できれば別ですが、その手間をかけるならば事業用口座を開設したほうが、色々と楽な場合が多いでしょう。

開設する事業口座銀行を選ぶポイントとは

事業用口座を開設する銀行口座を選ぶのであれば、以下の点を確認しましょう。

・屋号で口座開設をするのか
・事業用口座を開設するのが簡単にできるかどうか
・諸々の手数料はどれくらいになるのか

事業用として開設するのであれば、屋号付き口座を検討すると良いでしょう。

ただし、屋号付き口座は、審査に時間が掛かる場合や、開設には直接銀行窓口に行く必要がある場合も。

また、事業用口座を開設する際、大手の銀行は審査が厳しく、運営実績がないと開設が難しいケースがあります。
そのため、はじめは比較的審査の厳しくないとされる地方銀行や信用金庫、インターネットバンキングを中心に考えると良いでしょう。

口座を使用した取引や、入出金の際の手数料も毎月積み上がると相当なものに。
ですので、他行(同行)振り込み手数料が比較的低額なものを選ぶとよいでしょう。

事業用口座開設におすすめの銀行をご紹介

今までの内容を踏まえて、はじめての事業立ち上げのときでも作成できるおすすめの口座をご紹介します。
今回は、個人事業主の方に向けて、審査の通りやすさからインターネットバンキングに絞りました。

楽天銀行/手数料が安く屋号開設ができてポイントも貯まる

楽天銀行の一番の魅力は、振り込み手数料にあります。同行への振り込み手数料は52円(消費税含む)と格安です。

<他の金融機関への振り込み手数料>

振込金額:3万円未満 168円(消費税含む)
振込金額:3万円以上 262円(消費税含む)

※上記は2020年7月27日現在の価格です。

楽天銀行で事業口座を開設するには、個人口座を開設しているのが条件となりますので気を付けましょう。

参考:
https://www.rakuten-bank.co.jp/smallbusiness/howto/interest.html
https://www.rakuten-bank.co.jp/info/2019/190722-02.html

ジャパンネット銀行/手数料が安くビジネスローンも同時に利用可能になる

ジャパンネット銀行は楽天銀行と同様に振込手数料が安いのが特徴で、同行への振り込み手数料は55円(消費税含む2020年7月27日現在)です。

<他の金融機関への振り込み手数料>

振込金額:3万円未満 176円(消費税含む)
振込金額:3万円以上 275円(消費税含む)

※上記は2020年7月27日現在の価格です。

もう一つのおすすめポイントとして、個人事業主も利用できて最大500万円まで回数制限なく借用可能な、ビジネスローンサービスも提供しています。

利用条件として事業用口座を開設していることが必要ですので、気になる人はチェックするとよいでしょう。

参考:
https://www.japannetbank.co.jp/information/fee/transfer.html?divid=business&cr=ba_gl08
https://www.japannetbank.co.jp/business/loan/soleproprietor/detail.html

まとめ:事業用の口座はあったほうがいい?開設するならどこを選ぶべきか?

事業用口座は、資金の流れを明確にし、クリーンに運用している事を証明するためにも重要なものです。

そして、個人事業主の方の事業立ち上げ時の口座開設には、審査が通りやすく振り込み手数料の安いインターネットバンキングがおすすめです。

それぞれの特徴を理解し、吟味した上で気になった口座を利用してみてください。
そうすることで、事業主として最初のステップを踏み出せたと言えるかもしれません。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています