コスト削減とは?コスト削減の考え方や実際のコスト削減方法をご紹介! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.2

93 views

コスト削減とは?コスト削減の考え方や実際のコスト削減方法をご紹介!

コスト削減は業種に関係なく、ほとんどの会社で課題となるテーマではないでしょうか?
ただやみくもに節約するのではなく、目的や方法に一貫した考え方がないと続けるのが難しくなってしまうかもしれません。

そこで今回は、コスト削減に大切な考え方から具体的な方法まで詳しくご紹介していこうと思います。

コスト削減で大切なのは無駄がないか?という視点

まずはコスト削減をする上で、大切にしたい考え方をまとめましょう。
コスト削減とは、事業にかかる費用の無駄を削ることを指します。
事業を続けていくには、あらゆるコストがかかります。
それを削減するということは「事業の負担を減らして利益を増やす」という事が目的になりますよね。

しかし、ただ切り詰めるだけではモチベーションは保てませんし、社内で足並みが揃わなくなってしまう可能性もあります。
事業の利益を増やすという目的を達成するために大切な考え方を、3つの項目に分けて解説いたします。

現状での無駄を減らす

コスト削減を重視しすぎた結果、必要な費用まで削ってしまっては意味がありません。
余分な所だけをカットできるように、まずは無駄があるものと必要なものを仕分けしましょう。
費用の見直しは一度だけでなく、定期的に行ってその都度最適な形で予算が組めるようにすると良いですね。

節約の習慣をつける

コスト削減は特別なことではなく「事業の無駄をなくす」という当たり前の行為です。
そのため、短期間だけ節約を心がけるのではなく、無駄を出さないように気を付けるのを、習慣になるまで続けましょう。

ひとつひとつの削減率は小さくても色々な部門のコストを削減し、それを続けることで一定の効果が得られます。
会社の規模によって、10%のコスト削減と同じ効果を得る場合、売り上げは従来よりも数十%アップしなければならないこともあります。
もちろん売り上げを増やす努力も大切ですが、無理な目標を立てて負担を強いるよりも、無駄なコストを削減する方が効率は良いですよね。

コスト削減が目的にならないよう気をつけよう

上記2つの項目では、コスト削減は重要だということをご説明いたしましたが、忘れたくないのが「コスト削減は事業の目的ではない」という点でしょう。

費用を抑えることばかりを重視してしまうと、軽く先述もしましたが、従業員のモチベーション低下にもつながりかねません。
本来必要なコストも削る状態が続くと、事業が縮小してしまう可能性もあります。

事業の安定のためには必要な出費もあるので、大規模なコスト削減は業績が悪い時など一時的にするにとどめておくとようにしましょう。
通常時はどちらかというと無駄を出さないことに意識を向けると、バランスがとりやすいかもしれませんね。

店舗や会社でコスト削減する手順


コスト削減を始めるときは、ただ節制を呼びかけるだけではなく根拠や具体的な目標を提示しましょう。
予算を一律カットする方法を取る経営者の方もいますが、事業や従業員のためにはあまり効果的な方法とは言い難いです。
コスト削減を実行するために必要な手順をまとめてみました。

まずはコストがどのくらいかかっているか把握しよう

まずは、コストが何にどのくらいかかっているかを調査しましょう。
内容の把握や分析をしやすいように、項目ごとにまとめたデータと総合的なデータの両方を用意しましょう。

従業員がいる場合は、それぞれに担当を付けて調査した結果を持ち寄り、予算会議を行うと事業全体でコスト削減への意識が高められるのでおすすめです。

優先順位を付けてコスト削減できる費用を算出しよう

現状でかかっているコストの内容が分かったら、費用の優先順位をつけましょう。
事業やお店ごとに大切にしているポイントは異なります。

それはオリジナリティにもつながっているので無理に削減するのではなく、まずは余計な費用がないか細かい部分まで検討しましょう。

コスト削減の目標や具体的な方法を設定しよう

費用が多くかかっている部分が分かったら、削減するための具体的な方法を設定しましょう。
経営者と従業員では、コスト削減に対するモチベーションが異なるのでいきなり「光熱費〇%削減!」と言われるよりも具体的にルールを作った方が実行しやすいはずです。

コスト削減方法を決める際には、そのやり方が事業に負担をかけないか?無理なく続けられる目標か?という点も考慮してくださいね。

社内によくお知らせしよう

コスト削減の具体的な目標や方法が決まったら、周知徹底を行いましょう。
社内や店舗の従業員全員に告知をして、会社全体で目標やルールを共有してください。
実際にコスト削減のルールが決まったら、張り紙をしたり定期的にミーティングなどで話し合いの場を設けるなどの行動も大切です。

一方的な押し付けにならないためにも現場の声を聞いて、方法を定期的に見直したり、結果を出した時のメリットなどを設定するとモチベーションも長く保てるようになるかもしれません。

こういった一連の行為はPDCAと言い、Plan(計画)・Do(行動)・Check(確認)・Action(改善)を行って、事業の効率化や合理性を高めるために用いられる考え方です。

コスト削減の方法やアイディアをご紹介


ここからは、実際にコスト削減に役立つ具体的なアイディアをご紹介していきますね。

毎月かかる固定費を見直そう

コスト削減では、固定費の見直しが重要になってきます。
固定費とは、売上に関わらずかかる費用のことです。
・賃料
・光熱費
・人件費
・広告宣伝費
・リース

などが固定費に当たります。
この中で節約できるものがないか検討してみましょう。
賃料などは下げられないとお考えの方も多いですが、適正サービスの活用や不動産会社・オーナーなどと交渉することで値段が抑えられるケースもあります。

固定費は仕入れ値などは含まれませんが、飲食店ではFLコストと言って人件費や仕入れ原価など経費をまとめて考えられます。
このFLコストは、一般的に売上全体の55~65%ほどが良いと考えられています。
業種やお店の方針によっても異なりますが、現在のFLコストが適正値かどうかは定期的に見直しをしてもよいでしょう。

宣伝方法の見直し

お店や会社の宣伝方法には、色々な種類があります。
テレビCMや雑誌広告など比較的高額な宣伝費がかかっている場合は、費用対効果のバランスを考えましょう。

近年はスマホで情報収集する人の割合も高いので、効率のよい広告の出し方がないか、宣伝の方法を見直してみるのもおすすめです。

ペーパーレス・IoT化による効率化

アナログな方法で作業をしている場合は、事業内の設備のIoT化を進めるのもよいでしょう。
どうしても手作業でなければいけないという理由がなければ、ぐっと効率的になります。
データで履歴も管理できるので、経営する側にも大きなメリットがあります。
最近はタブレットや不要になったスマホを使えるサービスも多いので、高額な専用端末など初期費用がそれほどかからない方法もあります。

エネルギーコストの節約方法

エネルギーコストは、色々な業種で必要不可欠な費用と考えられますが、以下の方法で削減が可能です。

・電力会社の見直し
・空調の適正化
・通信費の見直し

新電力会社の見積もりはオンライン上でも利用できます。
また、空調も温度を一度上げたり、新しい機種に変えるなどの方法で省エネにも繋がります。
現在使っているネット回線の料金が高いと感じている場合は、より安い月額料金で利用できる通信会社やプロバイダがないかチェックしてみましょう。

まとめ:コスト削減とは?コスト削減の考え方や実際のコスト削減方法をご紹介!

コスト削減は大事ですが、なかなか達成されないとお困りの経営者の方も少なくないはず。
本記事でご紹介した、
・コスト削減はまず無駄を知って対策を立てる
・具体的なルールを設けて告知し、定期的に見直しをする
・固定費や宣伝方法など、削減できる箇所がないかチェックする

この3点を意識してみてください。

始めは少ししか削減できなくても、継続していくことでより大きな効果を感じたり、事業に役立つ知識が得られるはずです。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています