店舗(飲食店・美容室等)のコスト削減アイデア厳選5選! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.2

31 views

店舗(飲食店・美容室等)のコスト削減アイデア厳選5選!

店舗経営は飲食店や美容室など、職種に関わらず多くの費用が必要です。
必要な費用を削減する必要はありませんが、削減できる部分はきちんとコストカットしたいものですよね。

この記事では、店舗経営にかかるコストを削減するためのアイデアを5つご紹介したいと思います。

必要経費に優先順位をつける

店舗のコスト削減の最初のステップとして、必要な経費の優先順位をつけましょう。
職種にもよりますが、店舗経営にかかる費用には、
・エネルギー
・設備
・オペレーション

の3つに分けられます。

最初のエネルギーコストですが、電気・ガス・水道などの水道光熱費は、飲食店や美容室などでは結構な割合を占めます。
設備費は、内装のメンテナンス・ネットなどの通信費・物件賃料・備品や消耗品にかかる雑費があります。
オペレーションにかかるコストは、人件費・物流などです。

これらの諸費用の中で、どうしても必要なもの、工夫次第で削減できそうなもの、あまり必要のない無駄な費用の分類をして優先順位を付けると、どの費用から削減すべきかが判断しやすいと思います。

節水グッズなども活用しよう

飲食店や美容室は、水道や電気・ガスを良く使いますよね。
「光熱費は削減できないんじゃないの?」と感じる人も多いでしょうが、実際は節約する方法はたくさんあります。

・新電力会社やガス会社を切り替える
・節水、節電のグッズを使う
・LEDに切り替える

などが手軽でおすすめな方法です。

節水グッズは、水道に取り付けるだけで蛇口から出る水量を削減できます。
また、水漏れを探知してアラームが鳴るという外付けの便利グッズも販売されていますよ。

電気代が高いという場合は、毎月の料金が安い新電力会社に切り替えたり、消費電力が少ないLEDに切り替えたりするとよいでしょう。

効率化を進めよう

小規模な店舗であっても、最初に設備を整えることで無駄な出費を抑えられたり時短に繋がることがあります。
飲食店の場合は、時間がかかってオーダーミスが発生しがちな手書き注文ではなく、ハンディ端末を利用するとよいでしょう。

専用の端末ではなく、スマホやタブレットがあればハンディ端末として利用できます。
履歴がデータとして残るので、仕入れ調整やレジ管理にも繋がります。

雑費を節約する

美容室では、カラー剤やタオル・フェイスカバーや雑誌など多くの雑費がかかります。
お店によっては、お茶やドリンク、カラーやパーマ中に出すお菓子なども必要です。
こういった消耗品等の雑費は工夫次第で削減できます。
たとえば、
・レンタルタオルサービスで洗濯やタオル管理の手間を抑える
・紙の雑誌を廃止して、タブレットなどサブスクリプションサービスを活用する
・カラー剤、トリートメント、パーマ薬液は割安な詰め替え用を使う
・通販用の割安な簡易パッケージのドリンクを買う

などの方法があります。

賃料を交渉してみる

賃料は立地によっては、毎月の負担が大きくなってしまいます。
また、利用している不動産によっては賃料が適切な価格ではないことも考えられます。
適正を調べるサービスなどもあるので、そういったものを活用して賃料の交渉をしてもいいかもしれません。

また、顧客と立地が合っていなければ移転することも、長期的に見たら節約につながることもあります。

まとめ:店舗(飲食店・美容室等)のコスト削減アイデア厳選5選!

本記事では、飲食店や美容室などの店舗にかかるコストを削減するアイデアを5つご紹介いたしました。

お店によってそれぞれの経費の重要度は変わりますが、必ずどこかに削減できるところがあるはずです。
まずは、雑費などすぐに対処できる所から節約してみることをおすすめします。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています