集客にも役立つ店舗装飾する際のポイントについて解説! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.10.6

65 views

集客にも役立つ店舗装飾する際のポイントについて解説!

集客にも役立つ店舗装飾する際のポイントについて解説!

集客に役立つ店舗装飾とは、どのような装飾でしょうか?
それは、お客様を「惹きつける装飾」です。お客様にどんなお店だろう?と興味を持ってもらうことで、集客アップが狙えます

今回は、お客様を惹きつける装飾とはどんなものか。また、店舗の外から店舗内までの装飾のポイントについてお伝えします!

店舗の外観・店頭のディスプレイ

店舗の外観や店頭のディスプレイは、集客率や入店率アップには欠かせません
では、どのようにすればお客様にお店の存在を認知してもらえるのでしょうか。

店舗に気付いてもらうには?

集客をするには、多くの方に店舗の存在を気付かせる必要があります。
一番手軽にできることは、看板を設置することです。
お店の存在に気付いてもらうと同時に、何を売っているお店なのかということを示すことができます。

飲食店などの場合は、メニュースタンドを置くことでその効果が期待できるでしょう。
おしゃれなカフェであれば黒板を使ってみる

居酒屋さんであれば、ホワイトボードでカラフルに仕上げるなど、店舗にあわせた看板選びをすることが大切です
そうすることで、より店舗の雰囲気が伝えられます。

入店率アップには入り口が重要

お客様に店の存在に気付いてもらえたら、次は入店率のアップを目指しましょう
入り口は分かりやすく開放感溢れるものが良いでしょう

開放感があることでどのような店なのか判断しやすいです。
くわえて店内の雰囲気も伝わると入店率アップにつながります。

店内のレイアウト

装飾というと、飾り付けることに重点を置かれることが多いですが、店内のレイアウトの工夫もリピート率アップには重要なポイントです

今度はその点についてチェックしましょう。

お客様が通りやすい通路幅

お客様が、店内を移動しやすい導線が確保されているかが重要
店内の飾りつけがどれだけ立派でも、移動しにくければ居心地が悪くなりリピート率は上がりません

例えば飲食店など、お客様が椅子に座られた状態だと通路が狭くなってしまう場合があります。
これでは、食事を楽しんでいる人が気を遣わなければなりません。
すると「リラックスできないお店」と判断されリピート率の低下につながります。

通路幅などを決める際は、飾りつけを増やすのではなく不用なものをそぎ落とすイメージで行いましょう。
そうすることですっきりとした店舗を作ることができます。

空間を演出!店舗デザイン

不用なものをそぎ落としただけでは、殺風景になってしまいます。そこで店舗全体の空間を演出することを考えてみましょう。

例えば、照明には明るさだけではなく色を工夫する。そうすると、店内の雰囲気を大きく変えられます。
もし落ち着いた雰囲気を演出したい場合は、オレンジ色の電球を使用すると良いでしょう。
また、商品をよりはっきり見せるためにスポットライトを使用することも効果的です。

照明以外にも、壁紙、床材などを工夫することによりイメージを変えることができます。店舗を作る際はどのようなイメージの空間にしたいのか、具体的に決めてから取りかかってください。

意外と重要なのがトイレ!

どのような店舗でも、トイレがきれいなお店は集客につながります
TOTOのアンケートによると、大半の人がトイレがきれいだとお店のイメージが良くなると答えています。

最近では、トイレもお店の雰囲気に合うように装飾しているお店がほとんど。店内だけでなくトイレにも清潔感を出しましょう。

参考:
https://jp.toto.com/products/public/machinaka/restaurant/questionnaires.htm

まとめ:集客にも役立つ店舗装飾する際のポイントについて解説!

集客率を上げるには店舗の装飾に力を入れるべきです
と言っても、単に飾りつけるのではなくお客様が過ごしやすい空間を作ることが大切。
そのためには、常にお客様目線でデコレーションを考えていく必要があります。

つまり目指すところはお客様を「惹きつける装飾」です。
どんなお店だろう?と興味をもっていただき、また来たい!と思っていただける、そんな装飾ができれば集客アップを狙えることでしょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています