開業前店舗の宣伝を成功させるポイントを解説! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.9.14

89 views

開業前店舗の宣伝を成功させるポイントを解説!

開業前店舗の宣伝を成功させるポイントを解説!

お店の開業が決まれば、開業日に向けて店舗の改装や店舗準備で毎日が慌ただしくなります。
そして、忘れてはいけない前準備のひとつが開業前の宣伝で、開業の前にどこまで宣伝することができるかで、スタート時の集客に大きな差が生まれます。

そこで今回は、開業前店舗の宣伝について、その方法や成功のためのポイントについて解説します。

開業前の宣伝の効果とその方法

お店の集客は開業前から始まっています。開業前宣伝を上手に行えばお店のイメージ付けや、集客につながります。
開業前の時期はそのお店にとって一度しかないチャンスですので、計画をたててしっかり利用しましょう。
オープン前の宣伝の方法について見ていきましょう。

O2O広告でプレ顧客をふやす

店舗集客の方法として、最近の主力となっているO2O広告。WEBで集客して店舗に足を運んでもらうよう誘導する宣伝方法です。

O2O広告のひとつで、TwitterなどSNSを使った情報発信は、やり方次第では費用を抑えながら広告効果を得ることができるため、中小規模の店舗でも取り入れやすいとされています。

情報発信によって集客につなげる方法は、効果が現れるまでに時間がかかります。じわじわと未来の顧客であるファンを増やしていきましょう。

お店の開業前から、情報を発信していくことで新しい店舗に敏感な層にアプローチすることができます。
また、開店前の様子を実況レポートなどすれば、親近感をもって開店を待ってもらえるでしょう。

開業前にも看板やチラシで地元の認知度をあげる

新しくお店がオープンしようとしていると、地元の人はそこにどんなお店ができるのかと興味を持っています。興味を持ってもらえた時こそ宣伝のチャンスです。
できれば、オープン前からお店の看板やポスターを掲げて、開店日、名称やお店の情報を通知しましょう。ホームページや、SNSのアドレスなども知らせるのがおすすめです。

開店日が近づけば、チラシの配布も有効です。オープン記念のお得なクーポンなどがついていればさらに興味をひくことができます。

プレオープン・内覧会の実施も大切な宣伝

開業日の直近で、プレオープンや、内覧会などを実施するのも宣伝のひとつになります。知り合いや、業者さん、近隣の方などに店舗を体験していただきましょう。

開業前の事前内覧会に参加することで、お店に対して親しみをもってもらえる可能性があります。
また、来店された方がSNSなどで情報を拡散することも期待できます。
プレオープンや内覧会の参加者を一般から募る場合は、お店のSNSや新聞の折り込みチラシなどを使って宣伝するのがおすすめです。

開業前の宣伝をするにあたり準備しておくこと

開業前の宣伝は、今後の集客につなげるために重要です。しかし、宣伝の方法や準備の仕方によってはマイナスに作用する危険があります。

まず、広告での宣伝内容と実際の店舗サービスに乖離がないよう注意しましょう。オープン直後は、スタッフの対応が十分でないことがあるでしょう。
宣伝でお客様が感じていた期待値と、実際とがかけ離れている場合、悪い口コミなどを書かれてしまうことがあります。
オープン前からスタッフ教育を充実させて、サービスに力を入れておくことが求められます。

また、オープンサービスと称して割引クーポン等を多発すると、平常料金での集客が難しくなることがあります。お得クーポンの発行は、さじ加減に工夫が必要です。

まとめ:開業前店舗の宣伝を成功させるポイントを解説!

開業前店舗の宣伝について、具体的な方法や実施する上での注意点をご紹介しました。
宣伝期間は開業前からすでに始まっています。スムーズに店舗が発展するよう、SNSや看板などできることから着実に準備を進めることが大切です。

また、お店の開業前は、集客をするための重要な時期です。時間を無駄にせず出来る限りの宣伝を行いましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています