オンラインから店舗に集客させるO2O施策にはどのようなものがある? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.9.11

11 views

オンラインから店舗に集客させるO2O施策にはどのようなものがある?

オンラインから店舗に集客させるO2O施策にはどのようなものがある?

集客のための広告媒体の主流は、紙からWEBに移行しています。オンラインで集客して、オフラインである店舗に導く方法はO2Oと呼ばれますが、その実際の施策はさまざまです。

「ネット集客をしたいけれど、何からスタートしたらよいのかがわからない」「できるだけ費用をかけずにO2O施策がしたい」など、悩みもそれぞれに違います。

そこで今回は、O2O施策の実例と成功するための考え方のポイントについて解説します。

店舗集客ができるO2O施策の実例

スマートフォンやパソコンが日常の風景となったいま、集客もネット上が主流となっています。WEBを使った施策にはたくさんのパターンがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

O2O施策をご紹介しそれぞれの特徴についてみていきます。

Twitter等のSNSを利用した集客

気軽に始められて、お客様の反応を直に感じたいという店舗におすすめなのが、Twitterを利用する方法です。

お店の名前などでアカウント登録をして日々情報を提供し続ける方法で、飲食店であれば、いまの一押しメニューや、お得な情報など。

日用品を販売する店舗であれば、自社製品を一工夫して使う方法の紹介などを発信。良い情報や、話題性のある情報であれば、拡散される可能性があり広告として大きな役割を果たします。

その他のSNSやブログの利用も同様で、ブログでお客様の興味を惹きそうな内容を発信します。客層が10~20代といった若年層であればインスタグラムによる発信も効果的です。

見た目にインパクトのあるメニューや、自社製品の着こなし例などを提示して、集客とお店のファン獲得につなげることができます。

情報を発信してファンを得て、集客につなげるというこの方法で成功するためのポイントは、とにかく発信し続けるということです。

また、情報発信の内容の基本はブレることなく、お客様のためになる情報であることがマストです。

競合他社がせめぎ合う中、ユーザーの「目につく」位置をキープできるかどうかは、充実した内容を継続して発信できるかにかかっています。

Googleマイビジネスとポータルサイトの利用

Googleマイビジネスは、Googleマップで情報を検索したユーザーに対して、店舗情報を宣伝することができるツールです。
そして、Googleの地図上で上位表示を目指す施策の事を、MEO対策と呼びます。
Googleマイビジネスは無料で利用できますので、試しに使ってみたいという店舗にもおすすめです。

認知度を上げる施策がしたいという場合は、ポータルサイトへの参加がよいでしょう。
業界ごとにひとくくりになったサイトで、飲食店を集めた「ぐるなび」などがその例です。

地域や業種から検索しユーザーがやってくる可能性があり、集客はもちろんですが、店舗そのものの存在を知らしめたいというときにも使えます。

Googleマップやポータルサイトでは、類似の競合と並ぶことになります。
勝ち抜けるためには、自社の特徴や個性をしっかりアピールして、他社とは差をつけることがポイントです。高い評価を得たり、クチコミの数を多く獲得できるように励みましょう。

まとめ:オンラインから店舗に集客させるO2O施策にはどのようなものがある?

オンラインから店舗に集客を促すO2O施策の中から、比較的取り入れやすい方法をご紹介しました。

ネットを介した施策、集客は、今後も広がり続けることが予測されます。
O2O施策で成功するためには、自社の強みと弱みをまずは理解し、自社の目指すべき方向にあった方法を取り入れることが大切です。

経費やパワーがどのぐらいかけられるのを含めしっかり施策を練りましょう。

長い目でO2O施策をとりながら、今できることに着実に取り組むことで、安定した集客につながっていきます。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています