O2Oの戦略はどのように立てればいいの?事例もご紹介! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.9.10

33 views

O2Oの戦略はどのように立てればいいの?事例もご紹介!

O2Oの戦略はどのように立てればいいの?事例もご紹介!

現在、O2O戦略は販売を行う側にとって、集客と切り離すことができない重要なポイントです。
O2O戦略とは、オンラインで集客し実店舗に誘導するという方法で、既存や見込みのお客様のスマホやパソコンに直接アプローチすることができる点が特徴。

上手に利用すれば、効率的かつタイムリーに顧客に情報を届けることができます。
このページでは、O2O戦略を実践し成功している事例を交え、自社にあった戦略の立て方や考え方について解説します。

実践!成功者に学ぶO2O戦略の立て方

O2Oを取り入れている企業・店舗は増えていますが、「O2Oで集客ができるから」という動機だけで、戦略をしっかり立てずにとりあえず手を出したところで成功は難しいでしょう。

O2O戦略の成功の代表例は、ファッションブランドのユニクロが挙げられます。
ユニクロのスマートフォンアプリをダウンロードすると、セール情報がタイムリーに配信されたり、割引クーポンを手に入れることができたりします。
プッシュ機能なども搭載され、見込み客を逃さない仕組みが構築されています。

ユニクロのO2O戦略はこれだけではありません。店舗にやってきたお客様が気になる商品のバーコードをスマホでスキャンして、商品情報や口コミを見ることができます。
また、紙媒体のチラシなどをスマホでスキャンすれば、ECショップに接続しそのまま購入ができます。

ネットから店舗への誘導に留まらず、店舗での商品購入の動機付けにネットを利用する、リアルからネット通販に誘導するなど、双方向で影響を与えあい購入につなげる方法と言えるでしょう。

顧客はより便利に買い物ができ、販売者は売り上げがあがるという、双方に利を持たせた戦略で成功しています。

O2Oが目指すもの

O2Oの目的はもちろん顧客を増やし、売り上げを上げることです。
一時的に売り上げを上げるのであれば、割引クーポンの配布やセールを多発すれば目的の達成は難しくありません。

しかし、目指すべきは一過性の増収ではなく、定着し続ける顧客の獲得です。
O2Oを介して、店舗に親しみを感じてもらうことができれば、お客様をファンにすることができます。

例としては、ブログで商品の便利な使い方を紹介する。キャラクターを設定しそのファンをつけるなど。
店舗に親近感をもった顧客は簡単に離れないリピーターとなります。

O2Oで目指すべき方向のひとつは、ファンである顧客を作っていくこと。そして、顧客とブランドの関係をより密にし、顧客のニーズや動向をいち早く読み取り提供することです。

自社にあったO2Oの取り入れ方

O2Oと言っても、その方法はたくさんあります。自社のニーズにあった、より効果的な方法を取り入れなければ成果は少ないでしょう。
まず、自社・自店の戦略と課題をあぶり出し、O2Oを使ってできる対処を検討。中期的、長期的な目で戦略を立てます。

同時にO2Oにかける費用についても、考えましょう。O2Oは、やり方次第で費用に大きな開きがあります。予算を立て、その範囲でできる対策を考えるのが現実的です。

まとめ:O2Oの戦略はどのように立てればいいの?事例もご紹介!

ネットで集客し、店舗での購入につなげていく商法、O2Oの戦略の立て方について成功事例を元に解説しました。
O2Oは販売には欠かせない方法であり、多くの事業者が取り入れています。しかしO2Oで成果をあげるには、自社・自店の理念に基づいた綿密な戦略が必要です。

基本のことではありますが、何を、誰に、どんな風に提供したいのかを改めて明確にする必要があるでしょう。
目的を持ったO2O戦略に沿って、丁寧に実践していけば、お店のファンである息の長いリピート客を育てることができます。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています