飲食店の店舗デザインで考えるべきポイントをご紹介! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.10

61 views

飲食店の店舗デザインで考えるべきポイントをご紹介!

飲食店の店舗デザインで考えるべきポイントをご紹介!

店舗経営を考えている方のなかには、飲食店を出店したいと思う方も多くいらっしゃるかと思います。
飲食店を経営することになったとき、売り上げを伸ばすにはどのようなことに注意したらよいでしょうか?

メニューを充実させる、原材料費を安く抑える・・・など、多くの気を付けるべき点がありますが、店舗デザインを忘れてはいけません。

店舗の雰囲気や清潔感などは、集客に非常に大きな影響をもたらします。
そこで本記事では、「飲食店における店舗デザインの注意点」について解説していきます。

入りたいと思うようなデザイン

飲食店を経営する以上、「このお店に入ってみたいな」と思わせることが大切です。
アパレルショップの場合、入店したからといってその顧客が必ずしも購買するとは限りませんが、飲食店では入店すれば何かしらのものを頼むことになります。

では、「入りたいと思わせるデザイン」とは具体的にどのようなデザインなのでしょうか?

1つは、「調理をしている様子を見せる」ことです。
飲食店の主役は言わずもがな料理ですから、実際に調理をしている様子が見えると食欲がそそられます。

このように、通りすがった人に訴求するというのも手です。
しかし、隠れ家的なイメージで訴求したい場合はあまり向かない手法でもあるので、注意しましょう。

もう1つは、「口コミサイトで評価を得られやすいデザインにする」という方法です。
お店探しでは、口コミサイトを利用することが増えてきています。
口コミサイトから顧客が流入してくる前提の下で、評価を得られそうなデザインにするのもよいでしょう。

例えば、「隠れ家的な雰囲気を演出して特別感を感じさせる」「従業員と顧客の導線に配慮したテーブル配置にする」といった、顧客ファーストを実現した内装などが挙げられます。

回転率を考えた店舗デザインにする

続いて気を付けるべきポイントは、「回転率」です。
回転率とは、単位時間(1時間や1日など)あたりに何人の顧客が入れ替わったかを示す指標となります。

回転率は、提供するメニューによって大きく異なってきます。
例えば、牛丼屋とコース料理を出す高級中華料理店を想像してみてください。

1日あたりの回転率でみれば、明らかに牛丼屋の方が多くのお客さんをさばいていることは想像に難くないでしょう。
回転率はお店の売り上げに大きな影響をもたらし、客単価が一定の下では回転率が高いほど売り上げは高くなります。

では、回転率を上げるための方法としてどのようなものが考えられるでしょうか?
1つの方法として、「オペレーションにかかる時間を短縮する」ことが挙げられます。
注文を受けてから実際に料理を出すまでの時間が短い方が、当然そのお店の回転率は上がりますよね。

そのためには、「従業員の動線を短くする店舗デザインにする」といった方法や、「端末からリアルタイムで厨房に注文内容を送れるシステムを採用する」といった方法があります。

もう1つの方法としては、「お客さんが料理を食べ終わったすぐに退店する」というようなデザインにすることが考えられます。
一時期立ち食いのフレンチやステーキが流行しましたが、これは食事が終わった顧客をすぐに退出させ、新たな顧客を呼び込んで回転率を上げることを意図していたのです。

まとめ:飲食店の店舗デザインで考えるべきポイントをご紹介!

いかがでしたか?
今回の記事では、「飲食店における店舗デザインの注意点」について解説しました。

「お店に入りたくなるデザイン」「回転率を意識した配置」、これらが飲食店の店舗デザインを考える上でのポイントです。今回ご紹介した内容を意識して、店舗デザインを検討してみてください。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています