思わず入店したくなるようなテナント・店舗の外観について解説! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.10

38 views

思わず入店したくなるようなテナント・店舗の外観について解説!

思わず入店したくなるようなテナント・店舗の外観について解説!

「お店を出店したいと思っているが、外観はどのようにすればいいのだろう・・・」
「どのような外観にすれば集客効果が期待できるのだろう・・・」

お店の外観は、集客面からしてとても重要なポイントになります。
外観についての事前知識がなければ、開業した際に思ったような集客が見込めないこともあるでしょう。

そこで今回は、思わず入店したくなるようなテナント・店舗の外観について解説します。

何のお店であるのかを一目で判断できるようにすること

外観をパッと見て、すぐに何のお店であるのか?を判断できるようにすることは大切です。
居酒屋であれば居酒屋らしい外観を、カフェであればカフェらしい外観にすることは基本であり、まずはそのお店がどのような業態であるのか認識してもらう事が大切です。

何のお店であるのかが判断できなければ、お店の存在を認識してもらう事は難しくなってしまうため、外観をベースに合わせて、そこから個性を出せると良いでしょう。

コンセプトを明確にして外観を整える

居酒屋ひとつにしてみても、大衆居酒屋のようなサラリーマンが居心地の良い店舗もあれば、高級志向の居酒屋もあります。
どのような居酒屋なのか?という点はお店を選ぶ側からすると、とても重要です。

店舗の立地に合わせてコンセプトを明確にし、それを看板などから伝わるように外観を整えましょう。
また、立地による客層を判断し、ターゲットに絞ってコンセプトを設計すると、集客力ある素敵な外観に仕上がるでしょう。

外観から店内の雰囲気も伝わるような外観にする

何のお店であるかが判断でき、コンセプトも伝わり、さらに店内の雰囲気も伝わるような外観であれば、お客さんは安心して入店できます。
入店した事のないお店は、どのようなお店であるのか把握していないため入りづらいですよね?
少しでもそのような入りづらさを緩和する工夫が必要です。

店内の様子を伝えるために店内写真や映像を提示したり、メニューを入口にも設置したりすると良いでしょう。

照明ひとつで外観の印象も変わる

照明のあて方照明の色ひとつで外観の印象は変わります。
入りやすい雰囲気を演出したい場合はオレンジ色の暖かみのある照明を利用したり、雰囲気に合わせて明るさを調整すると、外観の質もワンランクアップします。

看板にもこだわること

看板はそのお店の存在や、どのようなサービスを提供しているかを示すことができますが、それだけでなくそのお店の雰囲気作りにも役立ちます。

例えば、木の看板を使えば和の雰囲気を演出できますし、黒板のメニュー看板に書き込む文字の書体・フォントを変えるだけでも、印象は変わります。

鋭さのある明朝体を使えば、優雅で上品な雰囲気。かくかくしたゴシック体を使えば、親近感が湧く楽しい雰囲気。まる文字を使えば、女性らしいかわいい雰囲気。書体を意識することで、このような印象を感じてもらう事ができます。

入口の清潔感も大切

店舗の外観はこだわりを持つ必要がありますが、入口を清潔に保つことも大切です。
例えば、衛生環境が悪い汚れた飲食店では食事をしたくないですよね?
入口付近を含めた外観はお店の顔ですので、清潔感がなければ店内もそのようなお店であると判断されてしまいます。

清潔感は店内・店外の両方で大切ですので、集客のためにも覚えておきましょう。

まとめ:思わず入店したくなるようなテナント・店舗の外観について解説!

いかがでしたか?
今回の記事をまとめると、
・外観はお店の顔であり集客のために大切な要素である
・どのような業態であるのか外観から伝えること
・コンセプトを明確にして外観を整えること
・照明や看板にもこだわりを持つこと

というのが今回のポイントでした。

今回の記事を参考に思わず入店したくなるような外観を構えて、素敵なお店を目指しましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています