【店舗戦略】店舗の売上を伸ばすための戦略まとめ – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.10

5 views

【店舗戦略】店舗の売上を伸ばすための戦略まとめ

【店舗戦略】店舗の売上を伸ばすための戦略まとめ

「これから飲食店を開業する予定だが、不安な事が多い・・・」
飲食店をオープンしようと思ったときに不安に思うことは、しっかりとした売上を生む店舗作りが果たしてできるか?という点でしょう。

そこで今回は、店舗を立ち上げる前にも必要な情報として、売上を伸ばすための店舗戦略をテーマにすすめていきます。

飲食店のオープン前に出来ることも含めましたので、最後までぜひご覧ください。

開業前から売上がどうすれば伸びるのか知っておこう

売上を伸ばす戦略の前に、店舗の売上は単純に言うと2つの数字で構成されているのを理解しましょう。

売上の基本は客数×客単価の公式で成り立っています

まず、立ち上げる店舗の方向性を決めておきましょう。
方向性は、席の回転率を上げて客数重視でいくのか、単価を上げてクオリティ重視でいくのかというようなものです。

方向性を定めたら、そのイメージを崩さないように戦略を練る必要があります。
客数を増やすアイデアとしては、リピーター獲得のための回数券やスタンプカードの作成。
オンラインからオフラインへの誘導(O2O)。客単価を増やすおすすめセット商品の開発などが挙げられます。

店舗への来店動機のアンケートなどもヒントとなります。自店の強みを把握し、それを伸ばしていくようにしましょう。

出前や出張、テイクアウトを考えよう

顧客のニーズの移り変わりに伴い、飲食店側にも多種多様な対応が求められています。
また、昨今の感染症を背景に、テイクアウト専門店やデリバリーに注目が集まっています。

出店する際は店内飲食にこだわらず、どうすれば商品を求めてもらえるのかを考える必要があると言えます。
より地元の人に長く愛されるお店を目指すのであれば、デリバリーやテイクアウトにも備えることをおすすめします。

しかし、出前や出張に対応する場合には、従業員をプラスアルファで採用しなければなりません。
オープンした後の利用客数や反応を見て正式に増員するか、テイクアウトのみにするかをジャッジする必要がある点は、覚えておきましょう。

ちなみに、従業員を採用せずとも出前サービスの認知とニーズは増えているので、そのようなサービスを利用して、出前の仕組みを整えてもよいでしょう。

開業前からSNSまわりは立ち上げておこう

コストが掛からずに集客できる手段として、SNSの活用が挙げられます。
Facebook、Twitter、LINE、Instagramの特徴を理解し、開業前から使用することで期待値を上げて集客が可能になります。

それぞれの特徴は以下の通りです。

・Facebook:コミュニティに強く人脈で情報が広がる
・Twitter:不特定多数にアピールでき拡散力が強い
・Instagram:視覚的にアプローチができる
・LINE:登録による特別感の演出やスタンプカードとしても使用可能。リピーター獲得におすすめ。

SNSごとの特色がありますので、店舗のイメージを具体化して活用することで、効果が実感できます。

SNSは、開設が早ければ早いほどフォロワー獲得に繋がりますので、SNSでの集客を考えるのであれば、なるべく早いうちに立ち上げておきましょう。

まとめ:【店舗戦略】店舗の売り上げを伸ばすための戦略まとめ

店舗の売上を増やすためには、
・客数×客単価を伸ばすイメージを持つ
・店舗の方向性を定めて強みについてはお客様の声も参考にする
・テイクアウトやデリバリーのできるメニューを用意する
・SNSの特性を理解して効果的に活用する

この4つが重要です。

また、大切なのは「新規顧客をどう集めるか」と、「どのようにしてリピーターになってもらうか」をしっかり考えることです。

どのような点に魅力を感じてもらうかというブランディング戦略を頭に入れながら、売上を伸ばす戦略を練っていくようにしましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています