商圏調査の方法は?分析の仕方やポイントを解説! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.7

37 views

商圏調査の方法は?分析の仕方やポイントを解説!

商圏調査の方法は?分析の仕方やポイントを解説!

「商圏調査を行おうと思っても、実際にどのようにすればいいか分からない…」このような悩みを抱えている方は少なくないでしょう。
とはいえ、分からないままなんとなく商圏を調査していても、求める結果を得ることは難しいです。

そこで今回は、商圏調査の方法について解説していきたいと思います。分析手法だけでなくポイントにも触れているので、ぜひ参考にしてください。

店舗に集客可能な範囲を商圏という

商圏とは、お店を経営する際に重要な集客の地理的範囲のこと。例えば飲食店など、実店舗がある業態は近くの環境に左右されるため、商圏のことを正しく理解しなければなりません。
以下で商圏調査の具体的な方法や、分析の際注意すべきポイントを解説します。

商圏調査の方法をステップごとに紹介

商圏調査のステップは以下の通りです。

1.企画

まずは調査をプランニングする必要があります。なぜならリサーチ結果をどのように活かすか考えておかないと、納得のいく結果が得られにくいからです。

商圏調査の目的はいくつかあります。まずひとつ目は、商圏に住む人の特徴や競合店の実態を把握すること。

ふたつ目は、顧客の満足度や売上を向上するための施策を考えて実行することです。
他にも建物の設備を整えたり材料の質を上げたりなど、投資判断をするためにも調査します。

2.商圏を定める(地図の作成)

商圏が決定したら、マップに記載する必要があります。しかし、紙面だとコストも時間もかかるためおすすめしません。

そこで活用したいのが地図を作成できるツールです。数ある中には無料で使用できるものもあります。

肝心なのは「誰がマップツールを使って地図を作るのか」ということ。商圏調査の経験がない人が操作するのと、キャリアが豊富な人が扱うのとでは仕上がりに差が出てしまうのも事実です。

商圏調査を成功させるためにも、抜かりなく商圏マップを作りましょう。

3.調査開始

続いて調査方法を定めてリサーチに移ります。対象者の行動範囲、地域の特性などをつかむために適した方法を選択しましょう。

4.結果を集計し分析する

リサーチが終了したら、結果に基づいた分析を行いましょう。そうすることで、顧客満足度や売上を向上させるための戦略を立てることが可能です。

商圏を調べるメリット・デメリット

ここからは、商圏調査によって得られるメリットやデメリットについて触れます。

商圏を調べるメリットは、調査対象や地域が明確になりどのように対策すべきかがわかる点。
施策の具体例としては広告を出したり新商品を生み出したり、キャンペーンを行うなどです。
いずれにせよ、自社を大きくさせるために必要な施策といえます。

対して商圏調査のデメリットは、場合によってコストがかかるのと時間を要することが挙げられます。また商圏は時代の移り変わりとともに変化するため、定期的に実施する必要があるのもデメリットです。

商圏分析のやり方や注意点

最後に、商圏分析のやり方や注意すべきポイントについて解説します。

商圏をどこにするか決める

分析を行うにあたり、まずは商圏範囲を特定することが大切です。
なぜなら限られた経営コストで顧客を集めるには、集客できる地域に対しピンポイントにアピールする方が効率的だからです。

そのため、商圏範囲の特定が成功のカギを握っていると言っても過言ではありません。

リサーチに必要な統計を集める

商圏範囲を決めた後は、その範囲内の統計を集めましょう。
統計データからリサーチするときは、定量的データと定性的データのどちらも使って消費者を理解することが重要です。

定量的データとは、商品の売上など数字で把握できる情報のこと。一方の定性的データとは、数値では表せない情報のことです。例えば「商品のどこを気に入って購入したのか」など、消費者の心理が絡んでいます。

まとめ:商圏調査の方法は?分析の仕方やポイントを解説!

いかがでしたか?
商圏調査を成功させるためにも、分析を継続的に実施することが大切だということが分かりました。

商圏においてターゲットの特定やリサーチに必要な情報収集などをしっかりと行ない、長い目で分析に取り組んでいきましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています