商圏調査って何が分かるの?商圏調査の意味と目的とは – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.7

8 views

商圏調査って何が分かるの?商圏調査の意味と目的とは

商圏調査って何が分かるの?商圏調査の意味と目的とは

商圏調査は文字通り商圏の調査を行うものですが、何が分かるのか?と疑問に思ったことはないでしょうか?
そこでこのページでは、商圏調査の意味や目的について、解説していきます。

商圏調査の意味をわかりやすく解説!

商圏とは、自社のお店に顧客を集められる地理的な範囲のこと。
その商圏をあらゆる要素から決定したあと、人口や土地柄などを調べます。
そしてマーケティングに役立てるために実施するのが、商圏調査です。

また、消費者がコンスタントに来店できる範囲と表現することもできます。この場合顧客がお店に足を運べるかどうかは、あらゆる条件によって変動します。
例えば、来店する動機、来店時間、どのような移動方法があるのかなどです。

そのため、商圏の設定は距離で区切ったり移動時間で定めたり工夫すべきです。

商圏調査でどんなことが分かる?

商圏調査をすることで、以下のことが把握できます。

1.お店にやってくる顧客の数が見込める

見込み来客数がわかると、新たに店舗を出すタイミングや既存店のマーケティングに役立ちます。

2.商圏地域ならではの特性をつかめる

商圏に定めた地域に住む人の年代や世帯構成年収などが予測できます。そうすることで、新しいお店をオープンさせたり、商品開発をしたりするのに活用可能です。

3.ライバル店の情報を集められる

同じ商圏に競合店舗がある場合、まずは情報を集めることが大切。そこで役に立つのが商圏調査です。リサーチをすることでライバル店の顧客情報や特性を把握できます。

商圏調査をする目的とは?

飲食店やホームセンターなど、複数の店舗を抱えるビジネスは近くの商圏が経営のカギを握っていると言っても過言ではありません。
そこで大切なのが商圏内の市場規模を見極めること。また、商圏地域の顧客が求めていることやライバル店の特徴をつかむことです。

ここからは、商圏調査をする目的についてお話しします。

商圏に適したお店づくりや店舗開発をするためのリサーチ

新規店舗を発展させるには、商圏の特徴に合わせてコンセプトを考えることが大切です。そのためには、商圏のことをよく知っておく必要があります。

お店を出そうとしている土地で、
・どのくらいのお客さんが見込めるのか
・地理的な条件(いい面も悪い面も)は何か

最低限でも上記の2点は把握しておきましょう。

一般的には商圏に住む人々の人口や交通量などの「定量情報」と、交通機関などの「地理的な調査」が実施されます。

また、店舗開発においては商圏の消費者について特徴を押さえるべきです。
仮に一定数の市場規模が見込める商圏であっても、自社が展開する予定の業態やサービスによって消費者の数は変動します。

そのため、顧客の年齢層に関しても分析し今後に役立てましょう。

売上がどの程度見込めるのか予測する

将来どれくらいの売上が見込めるのかを予測する意味でも、商圏分析は活かせます。
売上の見通しを立てることは、新規出店だけでなくすでに出しているお店への追加投資や、廃業の判断をするため必要な数字です。

現地におもむき、方向性を定める

単に数値を出すだけでなく、商圏調査を実施する際は現地に足を運びます。なぜなら机上の分析だけでは不十分だからです。
商圏におもむき、目で見て得た情報を元に新規店舗の方向性を定めます。

ライバル店舗・販促対象地域を把握する

商圏調査の目的は、自社のお店について考えるだけではありません。競合店舗や販促対象地域を把握する意味も含まれています。

なぜなら消費者は、お店のサービスや商品の値段などを見てライバル店舗と比べているからです。
いくら商圏内に売上が見込めたとしても、別の場所にリーズナブルで同等のサービスを受けられる場所ができたら、そちらにお客さんが流れてしまいます。

そこで競合店舗に負けないよう、サービスの質などを高めることが求められます。

まとめ:商圏調査って何が分かるの?商圏調査の意味と目的とは

いかがでしたか?今回は商圏調査について解説しました。
商圏調査は、自社の店舗を繁盛させるのに必要なリサーチです。
商圏地域の年齢層や地域柄を把握し、正しいアプローチを心がけましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています