市場調査の項目にはどんなものがある?調査の種類や方法について – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.7

3 views

市場調査の項目にはどんなものがある?調査の種類や方法について

市場調査の項目にはどんなものがある?調査の種類や方法について

市場調査とは、数値やデータなどから現在の市場(=顧客)の動向を把握し、マーケティング戦略を立てること。
これは顧客の要求に応えたり、適切な価格設定をしたりするために必要なリサーチです。

このページでは、市場調査を実施した後に作成するレポートや、報告書の項目について解説します。その他に、市場調査報告書の作成方法も見ていきましょう。

市場調査のレポート及び報告書の項目について

早速ですが、市場調査報告書にはどのような項目があるか解説していきます。
実際に書類を作成する際の参考にしてください。

トップページ(目次)

市場調査報告書の資料にトップページは必要不可欠です。

リサーチの概要

リサーチ結果を分析し、施策を考えるために調査概要をまとめましょう。

リサーチ結果をまとめたサマリー

サマリーを挿入することで、リサーチした結果、見えてきた課題への答えが明確にわかります。

調査の結果わかったこと

市場調査の結果なにを得たのか分かりやすいよう、それぞれの調査項目にグラフやコメントなどを記入しましょう。

資料

実際にどのような資料を用いて調査したのか、明確にしておきましょう。例えば調査票やインタビューシートなどです。
これらを保管し、報告書を作成する際に添付できるようにしておきます。

作成された市場調査報告書は、企業および個人が課題をクリアするために使うもの。今後の戦略を練るのに必要となってくるでしょう。そのため資料は豊富であればあるほど便利です。

記入の仕方に注意!市場調査報告書の書き方

続いて市場調査報告書の書き方について学びましょう。
もし初めて調査報告書を作成する場合、以下の注意点を押さえておくべきです。

大事なキーワードは5W2H

5W2Hという言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは以下の頭文字を取ったものです。
・Why(何のためにするのか=目的)
・What(課題)
・Where(どこ=場所)
・How(どのように=方法)
・When(いつ頃実現するのか=時期)
・Who(実現体制)
・How much(調査にかかるコストや価格)

上記のように、7つのポイントから思考を整理することで、分かりやすい報告書が完成します。

テキストのほか表やグラフを使用する

集めたデータを他者が見ても理解しやすくするには、文章だけでは足りません。
表やグラフなどを挿入することで、データの傾向をつかみやすくなります。

他にも、リサーチした結果を使って他社にプレゼンをしたり、説明したりするときに説得力を高めるのにも役立つでしょう。

市場調査にはどんな方法がある?3つご紹介

ここでは市場調査の方法を3つピックアップします。それぞれの特徴をつかみましょう。

1.インターネットを用いたリサーチ

ネットリサーチは、オンラインでアンケートに回答してもらい結果をカウントして分析する方法です。全ての調査がインターネット上で完結します。
そのため、他の方法と比べ費用が抑えられるのと、迅速にリサーチできるのが魅力です。

2.対面で調査(会場・取材など)

調査対象者を特定の場所に集め、商品を手に取ってもらい感想をもらう方法です。この他にも顧客と取材形式でリサーチを実施するパターンもあります。
こちらの方法は、顧客の心理やリアルな感想などをキャッチできるのがポイントです。

3.郵送を利用した調査

郵送調査の場合、ダイレクトメールで質問事項が送付されます。ほかにも、オンラインで回答できるアンケートのURLを記載した書類を送る方法もポピュラーです。

まとめ:市場調査の項目にはどんなものがある?調査の種類や方法について

今回は、市場調査を終えて報告書を作成する際に役立つ情報をシェアしました。
自分だけでなく他者にもリサーチ内容が伝わるように、必要項目など情報を整理した上で書きましょう。その際のご参考にしていただければ幸いです。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています