市場調査の意味は?マーケティングリサーチとは違うの? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.7

7 views

市場調査の意味は?マーケティングリサーチとは違うの?

市場調査の意味は?マーケティングリサーチとは違うの?

市場調査という言葉は誰でも聞いたことあるかと思いますが、具体的に何を行っているのか?何の意味があるのか?など、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?
また、似たような言葉である「マーケティングリサーチ」との違いも、分からない方が大半だと思います。

そこで今回は、市場調査の意味について掘り下げていきたいと思います。マーケティングリサーチとの違いにも触れているので、ぜひ最後まで読み進めてください。

市場調査の意味を解説

市場調査とは、企業が販売推進のため顧客のニーズや動向を調べることを意味します。
単純に調査するだけでなく、リサーチ結果をもとに売上げを伸ばすための戦略を練ることも目的です。

また、販売を伸ばすための対策をマーケティングリサーチと言います。これについては、後ほど詳しく解説します。

市場調査をする上で注意すべきポイント

市場調査を実施する上で注意すべきポイントは、主に5つです。それぞれの特徴を解説しますので、ご参考ください。

ポイント1:なぜ市場調査を行うのか考える

顧客のニーズを調べ、最終的に行き着くゴールはどこにあるのか?
このように、市場調査を実施する前にしっかりと目的を定めましょう。

市場をリサーチする本来の目的は、正しい情報収集をすることとその後マーケティング施策に活用することです。

ポイント2:前もって仮説を立てて検証する

市場調査において大切なのは、ファクトチェック(事実確認)だけではありません。前もって仮説を立てて検証することも大切です。

具体例を挙げると、売れ行きがあまり良くない商品の問題点を分析し、いくつか仮説を立てて考えることです。
これをくり返すと、販売数が伸びない商品を改善できることがあります。

ポイント3:市場調査の方法を数ある中から選択する

実際に市場を調べる前に、方法を選びましょう。アンケートや取材、覆面調査などあらゆる方法があります。
その中から、自社が調査結果に何を求めるのか考えた上で選択しましょう。

例えば商品の知名度や顧客満足度をリサーチするのが目的ならば、DMやインターネット上のアンケートなどが効果的です。
また、顧客の意見や要望などを集めたいときは電話調査や対面のリサーチが有効となります。

ポイント4:市場調査にかかる費用と時間を見積もる

市場調査を実施するために、万全の準備を整えておきましょう。特に、調査にかかる費用や所要時間などを見積もることは大切です。

仮に郵送によるアンケートを実施することにします。リサーチは短時間で終了したとしても、調査対象の数に比例して高コストなのがネックです。
そのことを踏まえて予算を割り当てなくてはなりません。

また、調査が始まってから結果が出るまでの時間もあらかじめ算出しましょう。

ポイント5:調査の前に質問項目を作り込む

納得のいくリサーチ結果を出すには、事前準備が大切です。例えば調査や質問の項目を作り込むなど。
そうすることで、調査で得られる情報量が異なってきます。これはアンケートなどの非対面式であっても取材のような対面式であっても同様です。

市場を調べる目的に対し、調査項目や質問の作成が不十分だと目的を達成することはできません。

マーケティングリサーチとは一体?

市場調査マーケティングリサーチはしばしば混同されがちです。そこで両者の違いを区別するために、マーケティングリサーチの意味を解説していきます。

まず、市場調査データや数字などで市場(=顧客)の動向を把握します。
対してマーケティングリサーチでは、未来の市場を予測・分析し、対策を考えるのが目的です。

つまり、過去から現在に関しては市場調査を実施することで把握できます。
一方マーケティングリサーチには過去のデータから顧客のニーズを洗い出し、臨機応変に対応することが求められます。

まとめ:市場調査の意味は?マーケティングリサーチとは違うの?

いかがでしたか?
今回の内容を総括すると、以下のようになります。

・市場調査は顧客や現場の声を集め、現状を把握する意味がある
・マーケティングリサーチとは市場調査だけでは洗い出せない、潜在的なニーズを察知し予測すること

上記の意味を理解し、効果的な調査を行えるようにしましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています