効果的な宣伝方法にはなにがある?ツール・施策・アイデアまとめ – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.5

5 views

効果的な宣伝方法にはなにがある?ツール・施策・アイデアまとめ

効果的な宣伝方法にはなにがある?ツール・施策・アイデアまとめ

集客するための宣伝は、どのようなビジネスにおいても重要な課題です。
そして、集客力をアップして売り上げを伸ばすためには、基本的な知識から柔軟なアイデアまで知見を広めておく必要があります。

そこで今回は、効果的な宣伝のためのアイディア・ツール・施策についてまとめた情報をご紹介していきます。

宣伝は中長期スパンで考えよう

宣伝は集客のために常に考えておくべき要素です。
集客は単にお客さんの数を増やすだけでなく、リピーター獲得や自社のブランディングに繋がります。

早く効果を求めるあまり、短期スパンの施策で判断してしまうことも多いですが、中長期スパンで施策を考えることも大切。

特に現代はSNSやサイトなどでサービス利用前に情報収集したり、口コミを確認してから購入・サービス利用にいたるというケースが多いですよね。

つまり、最初に大規模な宣伝を打って集客しても、実際の利用者による評判が良くなければ、事業を継続させることは難しいかもしれないのです。

もちろんパッと目をひく派手な宣伝も有効ですが、安定して売り上げを出すためにも長い時間をかけてファンを増やしていくという方法も、同じように大切と言えるでしょう。

宣伝方法の基本

宣伝の基本的な考えとして、
・お得感をアピール
・消費者の立場になって考える
・リピーター獲得のための既存データ分析

の3つのポイントが挙げられます。

このポイントを押さえるための考え方として、「4C」「4P」というものがあります。
4Cは、
・Customer Value(価値)
・Customer  Cost(消費者にかかるコスト)
・Convenience(利便性)
・Communication(対話)

の頭文字をとったもの。
消費者が製品・サービスを購入する際の基準となると考えられています。

反対に4Pは販売する側が考えるべき問題として、
・Product(製品)
・Price(価格)
・Place(流通)
・Promotion(宣伝方法)

を意味しています。
なにかを宣伝・販売するためには、これらの視点を持っておくべきと言えるでしょう。

オンライン×オフラインをいいとこどりしよう

最近は宣伝のためにSNSやウェブメディアなど、オンラインツールの活用をおすすめすることが多くあります。
しかし、ウェブ上での宣伝がもはや当たり前になった昨今では、オンラインだけでなく実社会での宣伝と組み合わせることも大切。

オフラインツールの例としては、クーポンやサンプル等の配布・雑誌などでの宣伝・イベント開催などが挙げられます。

例えば、店舗の来店客が公式LINEアカウントに登録したら次回以降使えるクーポンを配布する。
クーポンサイトやオンラインサイトから予約したら、来店時にサンプルやドリンクなど、ちょっとしたプレゼントを用意する、といった方法があります。

また、販売したい製品やサービスを実際に利用できるイベントも効果的。
よくあるのがアパレルやコスメ関係で、有名人やインフルエンサーを呼んで新製品の紹介イベントを行い、その人のSNSアカウントで発売前の商品を宣伝してもらうという方法もあります。

そうはいっても感染症対策などで実際に人が集まるイベントの開催が難しい場合は、オンラインで配信イベントを開催するのもおすすめです。

例えば、新しいワインを販売したい場合には料理研究家やシェフとコラボして、ワインに合うおつまみの作り方などをライブ配信。そして、通販サイトのリンクを貼るというのも1つの手段でしょう。

店舗で商品を販売している場合は、製品にQRコードを付けて関連する動画を見られるようにしたり、購入者限定特典としてメッセージアプリでアフターサービスが利用できるようにしたり、といった方法もよいでしょう。

まとめ:効果的な宣伝方法にはなにがある?ツール・施策・アイデアまとめ

今回は効果的な宣伝に役立つ基礎知識を始め、施策やツールについてご紹介してきました。

ビジネスをできるだけ長く続けていくためにも、瞬間的なプロモーションだけではなくリピーターを獲得するための工夫が必要です。
本記事でご紹介したツールやアイデアを活用して、自分のビジネスのファンを増やしていってください。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています