飲食店に導入する予約システムにはどのようなものがある? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.6

4 views

飲食店に導入する予約システムにはどのようなものがある?

予約システムは、予約機能だけでなく店舗運営や集客にも力を発揮してくれるものがありますので、多くの飲食店が活用しています。

しかし、予約システムの導入を検討している飲食店のなかには、どれを導入したらよいのか分からないという声も少なくありません。

今回は予約システムにはどのようなものがあるかを紹介するとともに、予約システム導入のメリットなども解説します。

予約システムの4つの種類とは?

予約システムの種類は、下記のとおり大きく4つに分類することができます。
・広告・集客をメインとしたポータルサイト予約システム
・定員を募るのみの予約システム
・特定業種に特化した機能を備えた予約システム
・自社専用に一から開発した予約システム

定員を募るのみの予約システムは、無料もしくは低価格での導入が可能です。
また、導入する予約システムは飲食店がそれを導入する目的と、合致していなければなりません。

ですので、なぜ予約システムを導入するのかを明確にしておきましょう。

飲食店予約システムのメリットは?

予約システムは、使い方次第で店舗運営効率化や集客効果が期待できます。
飲食店が予約システムを導入することで得られるメリットを5つ紹介します。

メリット1:予約対応に関する業務を軽減できる

飲食店での予約の書き込みが、予約システムを導入することで手書きせずに済みます。
手書きの煩雑さを省き、予約業務を円滑化することができるのが、予約システム導入で得られるメリットの1つです。

メリット2:予約獲得のチャンスを失わずに済む

電話での予約の場合、同時に別のところから電話があった場合、予約獲得のチャンスを逃してしまうことになります。(ビジネスフォンを利用していなかった場合やチャネルが複数ない場合)
予約システムの機能のなかには、かけ直し機能などもあるので、何らかの理由によって電話対応ができなかった方に、いち早くかけ直すことができます。

メリット3:顧客情報の収集・管理ができる

予約システムは、お客さんの予約履歴や利用内容などを蓄積することができます。
予約システムを導入すれば、そのデータを使っての顧客管理が可能になります。
こうしたデータ管理は、サービスの向上やリピーター客獲得にも繋がります。

メリット4:予約情報をもとにした分析が行える

予約システムでは、お客さんの予約情報をもとにした、売上集計の分析もできます。
分析したデータを活用すれば、お店の配席管理や回転率を把握することにも繋がり、業務改善に役立てることもできます。

メリット5:キャンセル対策ができる

予約システムでキャンセル対策ができるようになることも、メリットの1つです。
クレジットカードの登録や事前支払い、リマインドメールの送信といった機能を利用すれば、急なキャンセルを防止し、キャンセルによるお店の損失を軽減することができます。

予約システム導入によるデメリットは?

飲食店にとって、予約システム導入はさまざまなメリットがありますが、導入すればよいことばかりではありません。
予約システムの種類によっては、来店なし・連絡なしのキャンセルが増加しやすくなる場合があります。
これは予約システムですと、予約が気軽に取れる分、キャンセル忘れが起きやすくなる為です。ですので、ベストなのはメリット5で述べた、キャンセル対策が付いている予約システムを導入することです。

また、飲食店で予約システムを導入するには、スタッフのITスキルが追いついていなければなりません。
マニュアルや手順書の作成、スタッフへの研修やトレーニングをしておく必要があります。 

まとめ:飲食店に導入する予約システムにはどのようなものがある?

飲食店への予約システムはメリットがありますが、メリットだけでなくシステムによってはデメリットも存在します。

また、予約システムの中には、導入するのに高額な費用がかかるものもあります。
高い費用をかけても、効果があまり得られなければ導入の意味はありません。

そのため、予約システムは吟味した上で選びましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています