繁盛する飲食店がやっているチラシ作りのポイントとは? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.6

2 views

繁盛する飲食店がやっているチラシ作りのポイントとは?

飲食店で活用できる集客ツールにはさまざまありますが、その一つとしてチラシが挙げられます。
お店のチラシを配布するのは飲食店に限らず一般的な宣伝方法ですが、ただ作って配るだけでは集客効果は期待できません。

また、チラシを作るのにもコストがかかりますから、少しでも効果が上がるように工夫を凝らす必要があります。
今回は、飲食店のチラシ作りでのポイントを紹介しますので、集客のための参考にしてください。

チラシの集客効果はどのくらい?

飲食店などがチラシを使って集客するのは一般的な宣伝方法となっていますが、実のところチラシによる集客効果はそれほど高いものではありません。
飲食店のチラシの反応率は、一般的に数パーセント程度と言われています。

このように反応率が低いと、本当に利益に直結するのか気になりますよね。
飲食店のチラシの場合は、反応に時間差があります。
すぐに来店されなかったとしても、時間をかけて口コミや評判などで広がっていきます。

つまり、その飲食店が地域で認知されることで集客に結びつくという、戦略の1歩であると言えます。
ちなみに、チラシによってすぐに集客効果が期待できるのは、スーパーなどの特売チラシです。

綺麗な写真を使うべき?

チラシによる宣伝で即効性のある集客効果はあまり期待できないのが実情ですが、配ったチラシを見て飲食店を訪れる方がいないわけではありません。

そして工夫を凝らせば、チラシを見てすぐに多くのお客さんが訪れる可能性もあります。
飲食店のチラシを作る際の基本は、おすすめメニューや売れ筋メニューを目立つように掲載することです。
おすすめメニューや売れ筋メニューが文字だけであったり、料理が美味しそうに写っていなければ、チラシを見た方にはメニューのよさを伝えることはできません。

おすすめメニューや売れ筋メニューを掲載する際には、チラシを見た方が「食べたい」「飲みたい」と思うような写真を工夫を凝らして撮影し、掲載するようにしましょう。
食欲を増進させるカラーといわれる赤や黄色といった配色でデザインを作っていくと、写真の魅力を最大限に伝えることができるのでおすすめです。

また、メニューの温かさを伝えたいときには暖色系のカラーで作成しましょう。
ちなみに、夏場にぴったりの冷製系のメニューをチラシに掲載する場合は、寒色系のカラーを使用すると、よりメニューの雰囲気を伝えることができます。

チラシに掲載するメニューは絞り込むべき?

おすすめメニューが色々とある飲食店だと、チラシにできるだけ多くのメニューを掲載して宣伝したくなりますよね。
しかし、そのようなチラシはあまり集客効果が期待できません。

チラシはたくさんの人に見てもらうものなので、ターゲットは幅広くした方が良いような気がしますが、掲載する情報が多すぎてしまうと、内容がまとまらないチラシになってしまい、最も伝えたいことがぼやけてしまう可能性があります。

チラシを使って宣伝をする場合、掲載する情報はあまり多くせず、ターゲットはできるだけ絞った方が集客効果は高いです。
まず、どの客層をターゲットにするかを決め、ターゲットにしたお客さんに合ったお店の一押しメニューをチラシに掲載するようにするとよいでしょう。

まとめ:繁盛する飲食店がやっているチラシ作りのポイントとは?

チラシでの飲食店の宣伝は無意味ではありません。
ただ、何を目的にするのかという戦略を考えずに作っても成果は得られにくいでしょう。
せっかくコストを掛けてチラシを作成するのですから、なるべく多くの方に興味を持ってもらいたいと考えるのは当然です。

しかし、すべての人に興味を持ってもらえるチラシ作りは現実的ではありません。
チラシを配った方のほんの一握りでも興味を持ってもらえるような意識を持って、まずは最も来てほしいターゲットに絞ってチラシを作りましょう。
クーポンや特典をつけるのも効果的ですので、併せて掲載するようにしましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています