小さなお店にもおすすめ!お客様を呼ぶ方法とは? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.5.8

145 views

小さなお店にもおすすめ!お客様を呼ぶ方法とは?

どのような業種でも、集客方法は共通する悩みの種ではないでしょうか?
「商品やサービスには自信があるのに、肝心のお客様が集まらない…」と悩んでいる経営者の方も多いでしょう。特に、小さなお店の場合は広告宣伝費にも限りがあると思います。

お店にお客様が集まらないのは、集客が足りない、もしくは集客方法を間違えているからかもしれません。
そこで今回は、小さなお店にもおすすめのお客様を呼ぶ方法について解説していきます。

チラシのポスティングでお客様を呼ぶ

「チラシのポスティングならもうやっているよ」という声が聞こえてきそうですが、チラシの内容がいつも似たようなものになってはいないでしょうか?
チラシを配っているにもかかわらず、お店にお客様をうまく呼び込めていないのであれば、改善の余地があります。

イメージしてみて欲しいのですが、毎回似たようなチラシが来るとろくに読まずに捨ててしまうと思います。せっかくチラシを配っても、読んでもらえなければ意味がありません。

ではどうしたらいいのか?と言うと、チラシにクーポンなどの特典をつけるのが有効です。
クーポンが目に留まれば、チラシを読んでもらえる可能性が上がります。

必ずしもクーポンをつけるのが正解とは限りませんが、目新しいチラシを制作し、お客様に興味を持ってもらえるように努力するのが大切です。

看板やのぼりでお客様を呼ぶ

看板やのぼりは、やはりお店の顔です。
不特定多数の方にお店の存在を知ってもらうには、看板やのぼりは非常に重要なアイテムとなります。

既に看板を設置しているお店も多いと思いますが、「看板は目立っているか?」「設置している位置は通行人から見やすいか?」など、再度確認して改善すると集客効果が高まるでしょう。

また、のぼりもいつも同じものを設置するのではなく、定期的に交換することをおすすめします。
お店のキャンペーンやイベントをその都度のぼりでアピールすることで、より多くのお客様を呼ぶことができるはずです。

ネット広告でお客様を呼ぶ

チラシや看板はアナログな宣伝手法ですが、ネットで行うデジタルな宣伝も併用すると、さらに集客効果が高まります。
むしろ、看板やチラシよりネット広告を優先すべきといっても過言ではありません。

チラシのポスティングや看板の設置は、基本的にどこのお店も実施しています。にもかかわらずお客様を呼べるお店とそうでないお店があるのは、ネットでの集客力に差があるからです。

多くの方は、お店を探す時スマホで検索します。
そして、検索結果で上位に表示されたお店に足を運ぶことが多いでしょう。

飲食店であれば、ぐるなびなどを見てお店を決めるはずです。
つまり、どれだけ検索結果で上位に表示できるかがポイントということです。

自分でホームページやブログを作ることでもお店を検索上位に表示させることはできますが、それには非常に時間がかかります。
早くお客様を呼びたい場合は、ネット広告を使うのが得策でしょう。

とはいえ、不特定多数に向けて広告を打っていては、広告費がいくらあっても足りません。
ネット広告は広告を出す検索キーワードが選べるので、自分のお店が該当しそうなキーワードに広告を出すのが効率的です。

例えば東京都でカフェを経営している場合、「東京 カフェ」などのキーワードに向けて広告を出すといった感じになります。

まとめ:小さなお店にもおすすめ!お客様を呼ぶ方法とは?

今回は、小さなお店にもおすすめのお客様を呼ぶ方法について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

小さなお店の場合、集客にかけられるコストには限界があると思います。
できるだけ費用対効果の大きい集客方法を選ぶ必要がありますが、その方法として今回ご紹介した3つはおすすめです。

特にネット広告はかなり効果が大きいので、「どのキーワードに広告を出すか?」をよく考えて利用してみてください。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています