店舗集客の為の広告宣伝方法をご紹介! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.5.8

2020.7.8

93 views

店舗集客の為の広告宣伝方法をご紹介!

「店舗の集客が頭打ちしていて、どうにか対策したい…」「でも何をしたらいいのか分からない…」と悩んでいる店舗経営者の方は多いと思います。

店舗集客のためにできる広告宣伝方法は多種多様ですが、この記事では主にアナログな手法に焦点を当てて、集客方法のポイントを解説していきたいと思います。
自分のお店に合った方法を吟味して、店舗集客に役立ててください。

看板を設置する

まずご紹介するのが、宣伝の基本とも言える看板です。
定番すぎて目新しさはないですが、看板の広告宣伝効果は今でも健在です。
目立つ看板を設置できれば、多くの通行人の興味を引くことができるでしょう。

看板と一口に言ってもその種類は様々で、店舗の上側に設置する大きな看板や、店舗の前に置く立てかけ看板など、種類は様々です。

どこに設置するかも重要ですが、表示できる情報量の多さも集客効果を左右するポイントとなります。
「デジタルサイネージ」と呼ばれるディスプレイを搭載した看板であれば、1つの看板で様々な情報を表示させることが可能です。
通行人の属性や時間帯によって表示内容を変えれば、より広告宣伝効果が高まるでしょう。

看板で広告宣伝効果を最大限にするためには、

・お店の特徴がすぐに分かること
・多くの通行人の興味を引くことができる位置に設置する

の2つのポイントを意識しましょう。

宣伝の定番チラシ

こちらも宣伝の基本と言えるチラシ。代表的なのは新聞の折り込みチラシでしょう。
チラシのいいところは、地域に的を絞って宣伝できるところと、高齢者層に効果的であるところです。
高齢者向けのサービスを展開している店舗であれば、ネット広告よりもチラシの方が効果的でしょう。

チラシの広告効果を最大限にするためには、以下のようなポイントが重要です。

・ 店舗の地図や電話番号などを見やすく記載しておく
・チラシにクーポンをつける
・ターゲットに合わせてチラシを入れる曜日を変える

地図や電話番号などを見やすくするのは基本中の基本として、クーポンをつけると高い集客効果が望めます。

また、チラシを入れる曜日も重要です。
例えば、「土日の集客を増やすなら、木・金曜日にチラシを入れる」などの工夫が必要になります。

ただし、若者やそもそも新聞をとっていない人にはチラシは響きません。
そうした顧客層への宣伝として、Twitterなどのデジタルな宣伝方法も併用していくことをおすすめします。

Twitterで情報発信

今回はアナログな宣伝手法をメインにご紹介してきましたが、やはり現代ではデジタルな宣伝なしには集客が難しいのが実情です。
Twitterなどのソーシャルメディアを駆使して、効率良く集客していきましょう。

ソーシャルメディアにはInstagramやFacebookなどもありますが、中でも気軽に始められるTwitterはおすすめです。簡単にツイートできるので、店舗のサービスやメニューなどをつぶやいてみましょう。

Twitterで効果的に集客をするためのポイントは、

・リツイートでバズるように狙っていく
・ハッシュタグをつけて拡散しやすくする

の2点です。

Twitterで拡散しやすいのは、「リツイートで伸びる投稿」です。
例えば、「リツイートした人には○○をサービス!」のようにすれば、リツイートされやすくなると考えられます。

また、ハッシュタグも重要です。ハッシュタグは「#」をつけたタグのことで、同じハッシュタグで検索された時にヒットしやすくなります。

まとめ:店舗集客の為の広告宣伝方法をご紹介!

今回は店舗集客のための広告宣伝方法をご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか?
看板やチラシなど昔ながらの宣伝方法も、配置や工夫などでまだまだ集客できる余地があります。
「どうやったら目立つか?」「どうやったら行きたいと思ってもらえるか?」を考え、改善していきましょう。

アナログな手法に限界を感じた場合は、Twitterなどのデジタルな集客方法に目を向けるのも1つの方法です。両方を組み合わせて、さらに集客を加速させていきましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています