女性の起業家が受けられる支援は?助成金と補助金の違いも解説! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.10.9

9 views

女性の起業家が受けられる支援は?助成金と補助金の違いも解説!

女性の起業家か受けられる支援は?助成金と補助金の違いも解説!

男性だけでなく起業したいと思う女性は多くいらっしゃるでしょう。また、次々と新しい事業に挑戦する女性起業家もいらっしゃるかと思います。

今回は、起業を志す女性や、起業家として活躍されている女性が受けられる支援・補助金・助成金をテーマに進めていきます。
また、補助金と助成金の違いについてもテーマに含めたいと思います。

助成金・補助金の違い

まずは助成金と補助金の違いを理解しましょう。どちらも返済義務のある融資とは全く違ったものになりますので、注意してくださいね。

助成金とは

主に厚生労働省が管轄している個人事業主や企業に公布される支援金で、厚生労働省管轄の労働局やハローワークで申請を受け付けています。

雇用や職場環境の改善に関する取り組みを支援する制度が多く存在しています。
要件さえ満たしていれば比較的審査が容易に通過できることが多く、募集期間は制度によって異なりますが、比較的長めに設けられています。支給額はその助成金制度によって異なります。

補助金とは

主に経済産業省が管轄している個人事業主や企業に公布される支援金で、経済産業省管轄の商工会議所や地方自治体申請を受け付けています

その他にも、中小企業庁が運営して県や市町村が申請窓口になる場合もあります。
実際の支出に対する割合で支給額が算出されるため、支給額は一律ではありません。

また、多くの補助金は倍率が高く、審査が厳しい傾向があります。
支給額はその補助金制度によって異なります。

助成金と補助金の1番の相違点

管轄元が違うというだけでなく、さまざまな相違点のある助成金と補助金ですが、受給を希望する立場で考えれば、一番大きな違いは審査の難易度でしょう。

要件を満たせば受給可能な助成金に対して、補助金は審査が厳しいだけでなく、支給を希望する人の件数や管轄元の予算にも結果を左右されてしまいます。

助成金と補助金の注意点

どちらも返済の必要がないお金であることに違いはないのですが、後払いであることに注意しなくてはいけません

そのため、起業時の資金は一時自分で工面する必要があります。

女性の起業家・個人事業主などが受けられる助成金と補助金

実際に女性の起業家・個人事業主が受けられる助成金と補助金にはどのようなものがあるのでしょうか?

女性の起業家・個人事業主などが受けられる助成金

・東京都(中小企業振興公社)若手・女性リーダー応援プログラム助成金
東京都内にて女性や若手男性が新店舗開業を行う場合に経費の一部を助成する制度です。

・中小企業基盤整備機構 地域中小企業応援ファンド
起業によって地域経済の活性化に貢献したいと考えている女性起業家にお勧めの制度です。

・キャリアアップ助成金
従業員の待遇や福利厚生を充実させるために使える支援制度です。

・雇用関係助成金
起業時に従業員の雇用を検討している場合に使用できる支援制度です。

女性の起業家・個人事業主などが受けられる補助金

・創業補助金(地域創造的起業補助金)
新たなアイデアを使用して需要や雇用を生む可能性のある事業を対象とした制度です。

・ものづくり補助金
ものづくりやサービスの新事業を生むことを目的とした補助金です。

まとめ:女性の起業家か受けられる支援は?助成金と補助金の違いも解説!

女性の起業家などが受けられる支援や、事前に知っておきたい助成金と補助金の違いについても解説しました。

起業には多くの資金が必要になりますので、このような制度を上手に利用して資金面の余裕が持てるようにしましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています