日本政策金融公庫の新創業融資制度の金利(利率)はどれぐらい?そもそも新創業融資制度とは? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.10.24

116 views

日本政策金融公庫の新創業融資制度の金利(利率)はどれぐらい?そもそも新創業融資制度とは?

日本政策金融公庫の新創業融資制度の金利(利率)はどれぐらい?そもそも新創業融資制度とは?

「日本政策金融公庫で創業融資制度を利用したいけど、金利はどれぐらいなのだろう・・・」
「日本政策金融公庫の新創業融資制度ってそもそもどのようなものなのだろう・・・」
起業しようとされている方で、このような疑問はありませんか?

日本政策金融公庫の新創業融資制度は業種に関係なく、これから事業を始める人にとって資金面で大変頼りになる融資制度です。
しかし、一生の内に利用する人は少ない制度のため、詳細がよく分からないという方も多いかも知れません。

そこで今回は、「日本政策金融公庫の新創業融資制度はどんなシステムなのか?金利はどのくらいなのか?」というテーマについて詳しくご紹介します。

新創業融資制度はどんなシステムなの?

新創業融資制度は、日本政策金融公庫から申し込み可能な融資制度です。
個人向けの教育ローンも取り扱っていますが、基本的には中小企業や農林水産業者向けの融資をメインに行っている機関です。
日本政策金融公庫は日本政府が出資している機関で、全国に支店があります。

新創業融資制度はその名の通り、新しく事業を始める人向けの融資制度です。
創業資金や運転資金を借りることが出来ます。
融資限度額は3,000万円で、そのうち1,500万円は運転資金です。

融資の対象となるのは、以下の条件にあてはまる事業者です。
・これから創業する予定、創業して2期が終わってない人
・創業資金総額の1/10以上自己資金が用意できる人
・雇用創出等の条件を満たす人

新創業融資制度のメリットは?

新創業融資制度のメリットとして、以下のような点が挙げられるでしょう。

・創業融資が通りやすい
・無保証、無担保で融資が受けられる
・自治体の制度融資に比べると融資が実行されるまで早め

創業融資は、銀行などでも取り扱っています。しかし、実績のない小規模事業はリスクを危惧して審査が厳しい傾向があるのです。
日本政策金融公庫は、これから事業を起こす人でも比較的融資が受けやすく条件がそれほど厳しくない点が魅力的です。

また、保証人や担保が不要で創業融資が受けられるのも日本政策金融公庫ならではの特徴。
経営者による連帯保証人のサインも不要なので、経営者のリスクも最小限に抑えることができます。

他に創業融資として人気があるのは自治体による制度融資などがありますが、金融機関・保証協会・自治体などで審査を行うので融資実行まで数ヵ月かかってしまいます。
日本政策金融公庫の新創業融資制度は、申し込みから融資されるまで1ヵ月程と短めなので、自分の計画を尊重できるのが魅力でしょう。

担保の有無で利率は異なる

日本政策金融公庫の新創業融資制度の金利ですが、市場の変動や担保の有無によって利率は異なります。
2020年4月末時点での金利は以下の通りです。

【新創業融資制度 無担保】
基準利率:2.41~2.80%
特別利率A:2.01~2.40%
特別利率B:1.76~2.15%
特別利率C:1.51~1.90%
特別利率D:1.76~2.15%
特別利率E:1.01~1.40%
特別利率J:1.36~1.75%
特別利率P:2.21~2.40%
特別利率Q:2.01~2.40%

【新創業融資制度  担保あり】
基準利率:1.11~2.10%
特別利率A:0.71~1.70%
特別利率B:0.46~1.45%
特別利率C:0.30~1.20%
特別利率D:0.46~1.45%
特別利率E:0.30~0.70%
特別利率J:0.30~1.05%
特別利率N:0.81~1.49%
特別利率P:0.91~1.70%
特別利率Q:0.71~1.70%
特別利率R:0.91~1.59%
特別利率U:0.61~1.29%

※利率はすべて年利
参考:https://www.jfc.go.jp/n/rate/index.html

今後の市場変化や申し込みをする制度ごとに、上記以外の利率が適用される可能性があるので、最寄りの支店等にご相談の上ご確認ください。

まとめ:日本政策金融公庫の新創業融資制度の金利(利率)はどれぐらい?そもそも新創業融資制度とは?

日本政策金融公庫の新創業融資制度のご紹介をいたしましたが、いかがでしたか?
好条件で創業融資が受けられる機関なので、業種に関係なくこれから創業する予定の方は、ぜひ新創業融資制度の存在を覚えておいてください。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています