創業融資の審査基準を知って審査落ちを防ごう! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.11

49 views

創業融資の審査基準を知って審査落ちを防ごう!

創業融資の審査基準を知って審査落ちを防ごう!

事業を新たにスタートさせる時には、資金が必要です。事業の規模にもよりますが、まとまった金額を準備するために、事業資金の一部を借り入れるという方法があります。
今回は創業時の融資について、概要と審査基準を解説します。

創業融資とは

創業融資とは、これから創業しようとするときや、創業したばかりのときに受けることのできる借り入れです。

創業融資を行っているのはこちらです。
・日本政策金融公庫
・地方自治体
・銀行、信用金庫等金融機関

日本政策金融公庫は国の機関であり、積極的な創業支援を目的としていますので、低金利で融資を受けることができます。

しかし、当然ながら融資は返済が前提の貸付です。日本政策金融公庫では積極的に融資をしているとはいっても、返済能力に疑問のある事業主に対して融資を行うことはありません。

融資を受けようとするのであれば、審査基準を細かく理解し、準備を確実にしておくことが重要です。

創業融資の審査基準について

創業融資を受けようとするのであれば、各借入先の審査をクリアしなければなりません。
審査に一度落ちると、再度申請の際はハードルが上がります。初回で審査落ちすることのないよう、入念に準備して挑みましょう。

以下では、創業融資を受けるための具体的な審査基準と、審査にあたり融資担当者がどのような点に注目しているのかについて見ていきます。

利益を出し安定して経営できるのか

前述したように、融資は返済することが前提の借入金です。
融資をする側は、新しく始めるその事業で本当に安定的に利益を出すことができるのかどうかをチェックします。

融資審査のために事業計画書を提出しますが、この内容は現実性が高く具体的なものでなければなりません。
前人未到やそれに近い分野のプランや、適当に来店者数を予想した事業計画書では、融資は受けられないでしょう。

事業内容が既に成功しているモデルケースに準じたものであるかどうか?打ち出された数字に明確な根拠があるかどうか?といった点が審査では着目されます。

競合他社のデータや、自身が経験した実績、人脈などを具体的に根拠として指し示して、返却が可能な事業であるとアピールする必要があります。

また、融資を受けた資金について、それを何に使うのかを具体的に示すことが求められます。「これくらいあればやれそう」というざっくりとした計算ではなく、例えば機材の購入費100万円について融資が受けたいと、見積もり書などを用いて説明できるよう準備しましょう。

経営者としての資質

事業継続は一筋縄ではいきません。今後、苦難を乗り越えるための忍耐力と、知識や知恵を持っているのかどうか?という点を借入先は注視しています。

まず見られるのが、経営者としてのノウハウがあるのかどうかについて。創業は今回が初めてであっても、業界経験や、事業経営に携わった経験の有無などで測られます。

次に、経営に対する熱意がチェックされます。口先だけの熱意ではなく、今回の事業設立に向けてどれくらいの時間を費やしたのか?自己資金が準備できているのか?などが判断基準になります。

事業がどんなによいものであっても、机上の空論であれば利益を得ることはできません。融資をする側は、経営者がビジネスの仕組みそのものを理解しているのかについても見ています。

融資担当者は、経験に基づき貸し付ける相手が信用できるのかどうかを判断します。態度や服装はその判断基準のひとつとなりますので、意識して挑みましょう。

まとめ:創業融資の審査基準を知って審査落ちを防ごう!

今回は、事業をスタートさせる時に考えたい創業融資について、概要と審査基準をご紹介しました。

創業融資審査は、入念な準備を整えることでクリアできる確率がアップします。まずは融資を受けようとする機関の要項を熟読し、丁寧に準備をすることがポイントです。
適正な融資を上手に受けて、展望をもって事業をスタートさせてください。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています