自分の店を持ちたい方が考えるべき事とは? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.10.13

64 views

自分の店を持ちたい方が考えるべき事とは?

自分の店を持ちたい方が考えるべき事とは?

「自分の店を持ちたい・・・」そのような思いに具体性や実現性を持たせるためには、考えておくべき事がたくさんあります。

この記事の中では、店舗開業までに特に大切な考えについて重要なポイントと併せてご紹介していきたいと思います。店舗経営にご興味がある方は、ぜひご覧ください。

開業の動機や目的について細かく考えよう

自分のお店を持ちたいという考えについて、細かい部分まで深掘りしていきましょう
開業の動機や目的は全ての指針になるため、勢いに任せず丁寧に突き詰めて考えていきたいものです。
なぜ、他の仕事ではなく自分のお店を持ちたいのか?について明確に自分が分かっていないと、取引先やお客様説得力を感じません。

・自分のお店を持つことで何を達成したいか
・どのような経営者になりたいか
・開業する上での理念はなにか
・自分の強みはなにか

などについて詳しく掘り下げていきましょう。
頭の中だけで考えるとまとまらないので、紙やノートに思いつくまま書いて徐々にまとめると思考の動きなどもはっきりします。

動機や理念を明確にすることは、あらゆる場面で役立ちます。お店のコンセプトを設計する時もそうですし、融資申請時の面談などでも自信を持って説明できることはかなりプラスになるでしょう。

独自の味を出せるようにしよう

なぜお店を持つか、という点が固まったら次はより具体的なステップに移りましょう。
大手チェーン店にはない独自の味を見つけることが大切です。
味というのは文字通り飲食店で提供する味を指してもよいですし、それ以外の業種でも自分だけの魅力を意味してもよいでしょう。

個人で店舗開業する上で重要視されることが多いのが、「アットホームなコミュニケーションの場である」ということ。
コミュニケーションの場になるためには、常連客を獲得する工夫を考えるべきです。
ここまで考えると、最初よりも目的がぐっと具体的になった気がしませんか?

自分だったらどのようなお店に通いたくなるか?出店するエリアにはどういった生活スタイルの人が多いか?などを調査しながら具体的な方法を見つけていきましょう。

資金調達方法について情報収集しよう

店舗開業には多額の資金が必要になるため全て自己資金でまかなうことは難しく、ほとんどの場合融資を受けるか投資してもらうのが一般的です。

開業資金の調達方法としては、
・日本政策金融公庫の創業融資
・自治体の制度融資
・助成金や補助金
・投資家からの出資
・会社の退職金
・クラウドファンディング

などが挙げられます。

クラウドファンディングは近年急激な広がり
を見せています。
飲食店を例にすると、クラウドファンディングサービスCAMPFIREが飲食専門の「3rd Table」を展開するなど、新しい形のサポート方法として市民権を得つつあります。

クラウドファンディングでの資金調達のメリットとして、プレマーケティングにも応用できるという点が挙げられます。
リターン型のクラウドファンディングにして、プレオープンメニューを提供し遠慮のない意見を言ってもらってメニューや内装の改善をする、といった方法もあります。

地域密着型のプラットフォームを利用すれば、よりファンを獲得しやすくなるかもしれません。
もちろん、クラウドファンディングが全て成功するというわけではありません。
しかし、アピール方法を工夫することは開業後の宣伝にも役立ちます。

まとめ:自分の店を持ちたい方が考えるべき事とは?

「自分の店を持ちたい…」最初は漠然とした考えであっても、順序立てて考えを深めていけば単なる夢から現実的な目的に変わります。
動機や目的に実現性を持たせ、様々な方法で資金調達を考えるのは骨の折れる作業でもあります。
しかし、店舗は開業後続けていくためにより多くの工夫が必要となりますので、最初から自分の考えを明確にする訓練をしておくと思わぬ場面で役立つかもしれません。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています