店舗経営に失敗してしまう理由と原因について! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.10.27

149 views

店舗経営に失敗してしまう理由と原因について!

日本では毎年多くの店舗が開業しています。ところがオープンして間もないうちに、経営に失敗してしまう店舗もあるでしょう。

今回は店舗経営で失敗する主な3つの理由と原因をテーマに進めていきます。

この記事で失敗の原因・理由をあらかじめ理解し、対策を練って店舗経営失敗のリスクを減らしましょう。

経営に失敗する3つの主な理由

「顧客・販路の開拓」や「資金繰り、資金調達」などが課題

引用:日本政策金融公庫
https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/topics_181203_1.pdf
日本政策金融公庫の新規開業実態調査データを見てみると、経営者が苦労している点は主に以下の3つです。

・資金繰り・資金調達(資金不足)
・顧客・販路の開拓(集客ノウハウ不足)
・人材育成(人材不足)

資金不足

最も直接的な理由が資金不足です。
店舗は売り上げがあってもなくても、経営しているだけで家賃や人件費、光熱費等様々な支出が発生します。

仮に資金や貯金が底をついた、もしくは融資が受けられなくなるなどの資金繰りに失敗したとしましょう。

すると、店舗を運営していく資金が底を尽きて店舗を閉めざるをえなくなります。

資金が不足する原因は大きく分けて2つです。
ひとつが開業前に見通しを立てていたものの、思い描いていた集客数よりも確保できたお客様の人数が下回ってしまった。

ふたつ目は、広告費や仕入れの高騰といった予期せぬ大きな支出が重なったなどです。そうすると経営が一気に苦しくなります。

一般的に店舗が軌道に乗るまで数か月は必要です。
そのため少なくとも数か月~1年は売り上げが思うように伸びなくても、経営を続けられるだけの資金は確保できるように策を練りましょう。

集客ノウハウ不足

経営失敗の直接的な原因は資金不足ですが、その資金不足の大きな原因が集客失敗です。
ほかにも事業者が店舗経営に関する知識を十分に持っていないと、経営が思うようにいかない事業者も多いのです。

その証拠に仕事は何でもそつなくこなす人であっても、店舗の経営を任せると素人レベルというパターンは少なくありません。

第一に、店舗経営を成功に導くにはノウハウが必要不可欠です。具体的には以下の3つを意識しましょう。

・立地選定
・集客
・ブランディング

例えばどんなにおいしい料理を出す飲食店でも、ニーズにマッチしていない場所や競合ひしめく場所で開業し、無策で経営を続けていたら売り上げは伸びません。

もちろんお店の商品やサービスの質が高いのは前提条件。ですがそれだけでは店舗の経営を持続させていくのは難しいです。

もし開業後の不安があるならば、開業前に同業種の先輩経営者や、専門のコンサルタントに相談するといいでしょう。

人材不足

スタッフを雇用している店舗の場合、経営と同時にスタッフの雇用・育成が必要です。
「人手不足倒産」という言葉があるように、スタッフがいなければお店は回りません。
またスタッフの質が悪ければ、店舗やサービスの質も低下しお客様は離れていきます。

一方、優秀な人材を確保するには時間やコストがかかります。加えて雇ったスタッフが定着してくれる保証もありません。

あらかじめ人材の雇用や育成にかける十分な時間があるのかどうか、また、十分な資金はあるのかも確認しておきましょう。

まとめ:店舗経営に失敗してしまう理由と原因について!

店舗経営に失敗する主な理由としては以下が挙げられます。

・資金繰り・資金調達(資金不足)
・顧客・販路の開拓(集客ノウハウ不足)
・人材育成(人材不足)

開業前にこの3つが自分に不足していないかどうか、またその対策に充てる十分な時間や資金はあるかどうかなど、事前に確認するべきです。

繰り返しますが、経営に絶対はありません。
ですが、失敗する理由と原因を把握し、できる限りの対策を立てておくことで店舗経営失敗のリスクは確実に下がるでしょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています