サロン開業スケジュール・開業までの流れを解説! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.8.10

35 views

サロン開業スケジュール・開業までの流れを解説!

サロン開業スケジュール・開業までの流れを解説!

サロンを開業するためには資金調達はもちろん、事前の手続きや物件探しなどさまざまな準備が必要です。
限られた時間の中で効率良く開業準備を進めるために、スケジュールの全体を把握して無駄のないようにしましょう。

この記事では、サロンの開業に向けてのスケジュールを分かりやすくまとめましたので、参考にしてください。

サロン開業に向けてのスケジュール

早速、サロンの開業に向けてのスケジュールをご紹介していきます。
ここでは必要な準備を時系列にまとめてありますので、どの時期に何をすれば良いのかが把握しやすくなっています。

サロン開業予定の1年前

これらの準備は遅くとも1年前には実施するようにします。特にサロンのコンセプトはじっくりと考える必要があるので、何年かけても良い部分です。

・コンセプトの設定
・事業計画作成
・資金調達計画
・返済計画

サロン開業予定の半年前

事前に計画していた資金計画や事業計画から、より話を進めていきます。競合他社や出店予定地周辺環境には慎重な調査が必要でしょう。

・人材採用計画
・サロンの物件探し
・サロンデザイン検討

サロン開業予定の3ヶ月前

strong>開業3ヶ月ほど前になると、<自分だけでなく他の業者・金融機関などとの取引や契約が始まります。

・人材募集
・サロン物件の契約
・内装業者選定
・融資申請準備

サロン開業予定の2〜1ヶ月前

開店日が決定する頃です。hPやチラシなどを利用して店舗の宣伝を開始すると良いでしょう。クーポンサイトなどを利用する場合は早めに申込みを行います。

・人材採用
・内装工事
・融資申請と実行
・宣伝の開始

サロン開業の2週間前〜前日

いよいよサロンの開店まで間もなくです。顧客の予約が入っているかもしれませんし、まだのようであれば宣伝方法の見直しも必要です。

・各種機関への届け出
・人材の研修とオペレーション確認
・設備導入
・備品発注
・オープン前の販促

サロン開業スケジュールのポイント

開業スケジュールは予定通りにいかないことも多いのですが、大まかな流れを把握しておくだけでも、スケジュール変更に柔軟に対応できるようになるでしょう。
どのような場面でも慌てないように、時間と資金に余裕を持てると良いですね。

内装工事のスケジュールに注意する

開業時に一番スケジュール通りに進みにくいものは、内装工事だと言われています。
内装工事の施工が遅れれば、開店日はもちろん設備や器具の搬入にも影響してしまうでしょう。

事前に設備の搬入日などを施工業者にしっかりと伝え、「この日までにはここまでは必ず終わらせてほしい」というように明確な指示をするようにしましょう。

クーポンサイトやSNSなどを駆使して集客を行う

サロンは、看板を見て突然サロンに来店される方よりも、予約をして来店する顧客の方が圧倒的に多いです。
そのため、クーポンサイトにオープン記念のクーポンを掲載したり、店舗用のSNSを作成して宣伝をするなど、さまざまな方法でオープンを事前に周知する必要があります。

特にクーポンサイトを利用する場合は、オープン前に宣伝を開始するために数ヶ月前から申込みや準備が必要となる場合もありますので、注意してください。

まとめ:サロン開業スケジュール・開業までの流れを解説!

今回は、サロンの開業準備のスケジュールとポイントをまとめました。
事前の宣伝に重きをおかなくてはいけないサロンでは、宣伝方法が開業後の運営を左右すると考えても良いでしょう。

通常の開業準備だけでなく、流行にも敏感でなくてはいけませんので常に情報収集をする必要があります。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています