美容室独立開業をするためには事前にどのような準備が必要? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.2

3 views

美容室独立開業をするためには事前にどのような準備が必要?

「美容室を独立開業する際にはどんな知識が必要なの?」
「安定した美容室経営を行う為にはどういった準備を積み重ねておくべき?」

美容室を独立開業する際には、事業計画や設備投資費用、経営に関する知識といった様々な要素を事前に揃えておく必要があります。
そこで本記事では、美容室を開業する為に必要な事前準備について分かりやすくご紹介します。

美容室を独立開業する際に必要な準備とは?

では早速、美容室を独立開業する上で必ず準備しておきたい要素について、順番に見てみましょう。

事業計画書の作成

美容室の独立開業を検討する際、最優先で取り組むべき作業が事業計画書の作成です。
ターゲット顧客の想定、店舗用物件の設定、設備投資費用や当面の運転資金の算出…。
美容室の経営が成功するか否かは、これらの内容を総合的に盛り込んだ綿密な事業計画書を作成出来るかによって決定されます。

事業計画書には専門的な知識なしでは作成が難しい項目も含まれるので、作成する際には司法書士や行政書士、経営コンサルタントといった各分野における専門家のアドバイスを仰ぐ様にしましょう。

資金調達

新規オープンした美容室が出店1年目から黒字経営を達成して高い収益を上げる、といったケースは非常に稀です。
従って美容室を独立開業する際には、設備投資費用を賄った上で開業後3~6ヶ月分の固定費を支払えるだけの資金を事前に用意しておきたい所です。

計画性の高い事業計画書さえあれば、日本政策金融公庫を始めとした融資機関から創業資金を勝ち取る事も可能です。
経営途中で資金ショートに陥らない為にも、利用可能な融資制度についてしっかりと検討した上で、必要な資金を事前に調達しておく様にしましょう。

集客方法の検討

美容室経営を軌道に乗せる為には、効果的な集客方法を事前に検討しておく事も欠かせません。
自社の公式ホームページにスタイリング写真を掲載する、サービス内容やお客さんにとってのメリットが一目で分かるキャッチコピーを考案する、公式LINEアカウントを開設してオンラインで予約できるシステムを整える、といった具合に、効果的な集客方法を実践しましょう。

Web集客方法には、
・Googleのマップエンジンの最適化「MEO対策」
・検索エンジンの最適化「SEO対策」
・WEB広告の「Google広告・Yahoo広告」

などがありますので、なるべく早い段階でこのような集客手法について学ばれることをおすすめします。
また、各種SNSのアカウントは、店舗を開業する前に用意しておくようにしましょう。

SEO対策やMEO対策は施策をしてから効果が出るまでに時間がかかるため、ホームページの事前準備は必須であると言えます。

経営に関する知識を身に付ける

美容室のオーナーには美容師としてのスキル以上に、経営者としての資質が求められます。
固定費や人件費の支払い・適正なサービス価格の設定といった数字に強い事は当然として、人材育成やマーケティングに関する基本的なノウハウも合わせて備えておく事で、安定した美容室経営を行える見込みが増します。

各機関に対する開業手続きの申請

美容室を独立開業する際には、税務署や都道府県事務所に対する様々な開業手続きを行う必要があります。

個人事業主と法人事業主の違いや、規模の違いで手続きの種類が異なるので、手続きの申請漏れが無いようにしましょう。

まとめ:美容室独立開業をするためには事前にどのような準備が必要?

いかがでしたか?本記事では美容室を独立開業する際に行っておくべき事前準備についてご紹介しました。
事業計画書の作成や資金調達・経営に関する知識の蓄積といった作業は、短期間で行えるものではありません。

将来的に自分の美容室を出店したいと考えておられる方は、長期的な計画を立てた上でこうした事前準備を少しずつ積み重ねていく様に心がけましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています