美容室の独立開業で失敗してしまう原因とは?失敗しないためにはどうすれば? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.2

1 views

美容室の独立開業で失敗してしまう原因とは?失敗しないためにはどうすれば?

「独立開業して自分の美容室を出店したい!」

美容師として働く方々の中には、自分のお店を出す事を目標とする方も数多くいらっしゃいます。
ですがその一方で、ネット上での意見や美容室オーナーの悩みを知った事で、美容室経営に対して漠然とした不安を抱えている方もおられるのではないでしょうか?

そこで本記事では美容室の独立開業で失敗してしまう原因や、美容室の独立開業を成功させる為のポイントについて解説します。

美容室の独立開業で失敗してしまう原因とは?

独立開業ができたとしても、その多くが廃業に追い込まれると言われています。
なぜ美容室が独立後に姿を消してしまうのでしょうか?
美容室の独立開業で失敗してしまう原因の中でも、特に陥りやすい2つのケースについて見てみましょう。

資金力が足りない

美容室の独立開業に失敗する原因の中で最も多いのが、資金力不足による経営破綻です。

日本政策金融公庫が公開している「創業の手引き+」によると、美容室を新規出店する際に必要となる費用の総額は940万円。
開業1年目から黒字経営を行えるケースが稀である事を考慮すると、こうした設備投資費用+運転資金(固定費の3~6ヶ月分)に相当する金額を、美容室を独立開業する際に事前に用意しておくのが理想的です。

当然ですが、これだけのお金を短期間で、しかも自己資金のみで用意するのは非常に困難であると言えます。

なので、美容室の独立開業を検討される場合には、どういった融資制度が利用可能か事前にリサーチを行った上で、専門家のアドバイスを受けつつ現実的な資金計画を立てる作業を必ず行う様にしましょう。

参考:https://www.jfc.go.jp/n/service/pdf/sougyoutebiki_biyou_1510.pdf

経営に関する知識が不十分

独立開業して美容室の経営を行う為には、経営に関する知識が必要となります。
事業計画書の作成方法やマーケティング・物件選び・各種届出等々…、美容師として働いているだけでは学べない知識を持たないまま出店に踏み切ってしまうケースが多いのも、美容室の独立開業が失敗しやすいと言われている理由の1つです。

美容室の独立開業で失敗しない為のポイント

ではここからは、美容室の独立開業で失敗しない為に行うべき行動や準備についてご紹介します。

綿密な事業計画を立てる

美容室の独立開業を成功させる為には、計画性の高い事業計画の作成が必要不可欠です。
資金計画の立案や物件・立地選び、商圏分析、人材確保…といった様々な要素を考慮した上で、将来性のある事業計画を立てる事が重要となります。

経営に関する基礎知識を「事前に」身に付けておく

美容室の独立開業を目指す人間には、美容師としての腕以外に「数字に強い事」が求められます。
提供するサービスの価格や月々の固定費、お店の内装にかかる費用や人件費といった具合に、美容室を経営する上では様々な数字を考えなければいけません。

「経営に関する知識は開業してから徐々に身に付ければ良い」と考えている方がおられるかも知れませんが、開業当初の多忙な時期にこういった計算作業をこなしつつ、更に経営知識を1から学ぶというのは明らかなオーバーワークです。

美容室の独立開業を検討されている方は、経営に必要な最低限の基礎知識を事前に身に付けておく様に心がけましょう。
また、数字に弱い方や各種費用の支払いに関するサポートを必要としている方は、税理士と顧問契約を結ぶ事をおススメします。

まとめ:美容室の独立開業で失敗してしまう原因とは?失敗しないためにはどうすれば?

いかがでしたか?本記事では美容室の独立開業に失敗する原因と、独立開業時に失敗しない為のポイントについてご紹介しました。

美容室の独立開業は、お客さんとの信頼関係を構築して固定客を獲得するまで持ちこたえられるかが勝負です。
途中で資金ショートやオーバーワークを起こさない為にも、美容室を独立開業する際には予め事業計画を作成し、経営に関する基礎知識を身に付けておく様にしましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています