一人でできる仕事で起業がしたい!一人起業にはどのような仕事がある? – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.7.2

25 views

一人でできる仕事で起業がしたい!一人起業にはどのような仕事がある?

一人で起業するのに向いている職業は、意外と多く存在しています。
一人でできるビジネスを選べば、最初から人件費をかけなくてもよく小規模で事業を始められるため、開業費用が抑えられるなどのメリットがあります。
この記事では、一人起業に向いているお仕事について解説していきたいと思います。

美容サロン関係

美容系のサロンは、女性の一人起業がしやすい職業として人気があります。

一人起業ができる美容系のサロンは、
・ネイルサロン
・エステサロン
・マッサージサロン
・小顔エステ
・まつげエクステ

などが挙げられ、自分の得意分野が複数ある場合は掛け合わせて事業を行っている方もいます。

これらの職種は、
・店舗型
・自宅型
・出張型
・レンタルサロン

の4種類の内から選んで開業されています。

店舗型や自宅の一部スペースを利用して起業する際には、スペースはそれほど広くなくてもいいのでリラックスできる雰囲気づくりが大切になります。
施術のスキルはもちろんインテリアや、衛生管理、店舗で流すBGMにこだわりを持って営業されるとよいでしょう。

出張型やレンタルサロンなど、自分で店内の設備が設定できない人は施術着や施術中に流す音楽などで個性を出すとよいでしょう。
一人起業する場合は、1日の回転数にも限りがありますので無理しないようバランスを取って計画を立ててくださいね。

整骨院・整体

整骨院や整体は、一人で起業しやすい職業だと言われています。
ちなみに整骨院と整体院は、施術の方法や必要な資格に違いがあります。

整骨院で施術を行うためには、柔道整復師という国家資格を所有していなければいけません。
というのも、整骨院はマッサージだけではなく脱臼等の治療も行うからです。
きちんと資格を持っていない人が治療を行うと、症状悪化や周辺の筋肉の損傷などのリスクがあります。
治療が行えるという特性から、定められた症状であれば保険適用されるのも整骨院の特徴です。

整体院は、体のバランスを整える施術を行う場所です。
筋肉のこりや骨の歪み、ずれなどを改善するのが目的です。
そのため、一口に整体院と言ってもリラックスを主としたものから、痛みやゆがみの症状の改善目的のものまで様々です。

整体院・整骨院の起業スタイルや営業形態については、美容サロンと共通点も多いです。
異なるポイントとしては、
・インテリアや内装はシンプル
・顧客層が幅広い
・整骨院の場合はカルテ管理が必要

などがあります。

店舗によっては内装を豪華にしているところもありますが、一般的には清潔感を重視しているところが多いようです。
美容サロン・整骨院・整体院の開業時には、フリーペーパーなどにクーポンを掲載する他、SNSアカウントを作って友達登録した人は割引が使えるなど、ネット上での宣伝はかかせません。

教育や学習に関するもの

英語や語学、教育に関するスキルがある場合は小規模なスクールなどを開いてもよいでしょう。

・子供用英語塾
・語学スクール
・個人塾
・書道スクール
・そろばん塾
・プログラミングスクール

など、自分のスキルを活かした分野での開業が可能です。

教育系の1人起業では、店舗や自宅での授業をメインにしながらも、遠方に住む人を対象にしてオンライン授業などが行えるというメリットもあります。
また、子供向けの塾や習い事は安心して子供を見てもらえると、共働きのご家庭からは安定した人気があります。

最近は、小学校からのプログラミング教育も始まったのでSEなどの経験がある方が、子供向けのスクールを開業しているケースも増えてきています。

まとめ:一人でできる仕事で起業がしたい!一人起業にはどのような仕事がある?

一人で起業するとなると、「なんだか難しいのではないか」と思われる方もいらっしゃるかと思います。
しかし、記事中でもご紹介した通り一人起業に向いている職業はたくさんあります。

一人で起業する場合は、自分で営業時間など配分を決められるのがメリットです。
そのため、本業の傍ら休日起業という形でもはじめる事が可能です。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています