事業計画の立て方は?書き方のポイントも併せて解説! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.10.9

12 views

事業計画の立て方は?書き方のポイントも併せて解説!

事業計画の立て方は?書き方のポイントも併せて解説!

「事業計画はどのように立てたらいいんだろう・・・」
「起業にあたって事業計画について詳しく知りたい・・・」

このような方はいらっしゃいませんか?

起業をするには、その計画を明瞭かつ簡潔に文書化した事業計画書が必要です
なぜなら、しっかりとした事業計画書がなければ金融機関から融資を受けることも困難だからです。

この記事では、事業計画の立て方と書き方のポイントを解説します

事業計画の立て方

事業計画を立てようと思った時に、まず何から始めたら良いのかを順番に説明していきましょう。

外部環境と内部環境の分析

外部環境とは政治や経済、競合他社などの条件。内部環境は自社内の人材・設備・経営資源などの環境を言います。

外部環境に適応できる内部環境を示し、自社の強み・弱みを分析する必要があります。

企業の目標

企業の目標として、5年後にどうありたいかを考えます。目標設定には具体的な数値化された売上高や客数等を提示できるようにしましょう。

課題の抽出

目標を達成するために解決が必要な課題を抽出します。漠然とした課題でなく具体的な表現をする必要があるでしょう。

この部分が抽象的では信頼度に関わってしまいます。より分かりやすくアクションプランなどを作成すると良いでしょう。

事業計画書の書き方の紹介

事業計画が完成すれば、いよいよ文書化していきます。ここからは事業計画書の書き方のポイントを紹介しましょう。

企業目標を書くには3W1Hが有効

企業目標は、具体的に自分たちがイメージしているものが伝えられなくては意味がありません
そのためにお勧めのアピール方法が3W1H
「When」いつ
「Where」どこで(想定する市場)
「What」何を(商品・サービスの内容)
「How much」いくら収益を上げるのか(具体的な数字で表記する)

どのような領域で事業活動を行うのかを説明するには2W1Hが有効

事業活動の領域については、2W1Hを使用すると良いでしょう。
「Who」誰に(顧客のターゲット層)
「What」何を(商品・サービスの内容)
「How」どうやって(どのような技術・ノウハウを使うのか)
同時に事業を展開する業界での、自社の立ち位置も決めておきましょう。

競合他社の調査も行う

最低でも3社の競合他社を対象に下記の点を調査します。他社の強みを知ることで自社の強みや独自性が見つけられるでしょう。
「商品」何を売っているのか
「価格」いくらで売っているのか
「流通」どうやって売っているのか
「販売戦略」RR方法やブランディング

ビジネスモデルはチャートや図を使用して分かりやすく

継続的に安定したビジネスモデルを持った企業であるとアピールするために、伝わりやすい図やチャートを使用してビジネスモデルを説明します。

事業における全ての登場人物と取引先を結び、商品・サービスが顧客に届くまでのプロセスを誰が見ても分かりやすいよう明確に示しましょう
代金回収の仕組みや利益の生み出し方についても同時に記載しておきます。

財政計画を詳細に説明する

事業が将来的にどの程度利益が上がる計画なのかを、具体的な数字で記載します
「売上計画」「売上原価計画」「人員計画」「設備計画」「利益計画」「資金計画」それぞれを十分に計算することで、自社の財政を伝えることが可能になります。

まとめ:事業計画の立て方は?書き方のポイントも併せて解説!

事業計画の立て方と、事業計画書の書き方のポイントを分かりやすくまとめました。

企業の行末を左右する重要な作業になりますので、しっかりとした対応ができるようにしておきましょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています