会社設立の代行を依頼するメリットとは?会社設立代行の意味も解説! – 開業支援のオフィス店舗経営.COM|店舗オーナー様をトータルサポート

2020.10.5

68 views

会社設立の代行を依頼するメリットとは?会社設立代行の意味も解説!

会社設立の代行を依頼するメリットとは?会社設立代行の意味も解説!

会社の設立は自身でも可能ですが、多くの時間と労力がかかってしまいます
やるべきことが山のようにある会社設立時に、そのような時間は用意できない方は多くいらっしゃいます。

そんな時におすすめの方法が、会社設立の代行を依頼することです。
この記事では、会社設立代行の意味やメリットについて紹介します。

会社設立の代行を依頼する意味とメリット

自身でも可能な会社設立の代行を依頼する理由は何でしょうか?そのメリットについてもお伝えします。

会社設立を自身で行うのは難しい

会社の設立を自身でしようとすれば、法務局に提出する書類の作成・定款の作成などの知識が必要となり、非常に多くの時間がかかってしまいます。

また、手続きに不備があれば登記が完了できず事業の開始時期も遅れてしまうでしょう。
会社の設立を自力でする場合、単純に時間がかかるだけでなく正確な登記完了日が未定になってしまうのです。

会社設立の代行を依頼するメリットについて

会社の設立を代行してもらった場合、どのようなメリットがあるのか具体的にまとめました

会社設立に関するアドバイスをもらえる

会社を設立しようと考えている多くの人が、会社の設立に関してたくさんの疑問を抱えています。

なぜなら資本金の金額や取締役の選定など、会社によって最適な答えが変わるものを決定するのは容易ではなく特別な知識を必要とするためです。

会社設立の代行を依頼すれば経験豊富な専門家から的確なアドバイスがもらえます

定款などの書類作成が依頼できる

定款は会社の基盤になる重要な書類であり、自分たちで作成をするのは非常に長い時間を要します。

定款だけでなく、法務局に提出しなければいけない書類に関しても全面的に任せられるため、大幅な時間の節約ができるでしょう。

会社設立後にも定款の変更などで頼りになる

会社を設立した後にも、定款の変更などが必要になる場合があります。
その場合も設立時に依頼した代行先を利用すれば、スムーズに手続きが進むでしょう

会社設立の代行先の種類

会社設立の代行にはいくつかの種類があります。種類によって依頼できる内容や費用に違いがありますので、事前に確認しておきましょう

税理士

税務関連のプロであり税務届出の代行を依頼できますが、登記までサポートしてもらいたいのなら司法書士と提携している必要があります。

顧問契約を条件にすれば手頃な価格で代行業務を依頼できることが多いようです。
会社設立後に税理士顧問契約を結ぶ予定があるのなら、はじめから設立代行に対応している方を選ぶと良いですね。

司法書士・行政書士

司法書士であれば会社設立の書類関係を作成し登記まで依頼できます
行政書士の場合は許認可が必要な業種にも強いです
※行政書士による登記は不可である点に注意しましょう。

会社設立代行業者

税理士や司法書士などに専門的な業務を委託し会社の設立代行を行います。
あくまでも仲介がメインであると言えるでしょう。

まとめ:会社設立の代行を依頼するメリットとは?会社設立の代行の意味も解説!

いかがでしたか?今回の内容としては会社設立の代行を依頼すれば大幅な時間の節約ができるということでした
その他にも、会社設立時の多くの疑問や不安点を解決できるというのも、非常に大きなメリットではないでしょうか。

まずはしっかりとした基盤作ってスタートラインに立つためにも、会社設立の代行を検討してみると良いでしょう。

関連キーワード

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています